2011年5月31日火曜日

Thinking about the Education in childhood.(2)

This is my English Homework. You don't need to read. Only my English teacher should read and check.

1.Describe your Childhood in terms of your childhood Education.

There were many books for children or comics around me when I was very young.
Even though I couldn't read Japanese letters I could guess what was written in the books with the help of the interesting pictures, or sometimes my parents read them to me.

It must be very useful and helpful for children to try to read comics or children books even though they don't know Japanese letters.
 I was able to learn Japanese letters by myself once I learned basic HIRAKANA letters.

The most important thing is to give an Interest to Children, then he or she will try to learn by themselves. Never to force your children to do something when he or she has no interests.

2.Are there any fields where early education seems to play an important role for the famous people who succeeded in their lives?

In the field of art, like musical plays and traditional Japanese plays, they start very early.
For example, the actors in Japanese traditional plays, Kabuki or Kyogen have started to learn the art from a very early ages. One reason is that it is the family business.
The children born in an artistic environment should learn the art very naturally.

It is the same for Shyogi or Go games and Figure Skating. They must start around 6 years old.
Because these kinds of skills need lots of practice, so they must start very early.

According to the old Japanese saying Children should start any kinds of enrichment when he/she becomes 6 years old.

On the other hand in the Painting or writing field, their start seems to be rather later.
Some painters or novelists come out or debut very late.

3.What do you think are the benefits or problems of early childhood intervention?

It is meaningless to divide education or non education in a child's ife.
Because for children every experience and information is a kind of education.
So we must give them best experiences and information. It may be the same for adult people.


One serious problems is that both parents are very busy with work and leave their children alone in Japan.
The most important thing for parents is to communicate with their children all day long in their infant days. 

In their toddler and preschool days, playing in the park with friends or animals or walking around in the super market or visiting a big shopping center are all kinds of education for children. They will study the social system and how to communicate with others.


And if he /she has some interests in one thing the parents should give them more information and give the motivation. For example, Listening to nice music, seeing interesting pictures and visiting beautiful mountains or the seaside.
Then they will learn, practice and study in a special area and they could gain new skills.

The most basic skills that every children must learn are to Read, to Write and to Calculate.
YOMI, KAKI, SOROBAN in an old Japanese saying.
Parents can teach and help their children to learn these skills naturally in everyday life.
(2011/5/31)

薔薇の名前

梅雨の晴れ間にバラの剪定をする。
テレビ「園芸講座」で、「バラの花が咲いたら、三枚葉と五枚葉の間を切ってやると、次の花が咲く」と言ってたのを思い出したので、裏庭の野バラの剪定をし、白い花瓶に活けてみた。この薔薇、昔から勝手に生えてる野バラだけど正確な名前は何だろう?

ところで、昨日のニュースでは、仙台は大雨で、低地は水浸しになり、地盤沈下と堤防の破壊された石巻はさらに大変とのこと。

実は、昨日は、前から切符手配していた、新橋演舞場「東をどり」の千秋楽を拝見。被災地の困難をよそに、粋でシャープな新橋芸者のお姉さま方の、楽しい「東をどり」を堪能した小生は、ちょっと申し訳ないような気持もあって、仙台にお見舞い電話したのだが、「特に心配することはない」と言われた。

この言い方って、ちょっと不満。もしかして、我が家にも剪定が必要なのかも?うーん、五月も今日で最後かあ。(2011/5/31)

2011年5月30日月曜日

西河岸橋から日本橋を望む

日本橋川を覆う高速道路
The Ugly Free Way over Nihonbasi Bridge and River.
日本橋川は、江戸城内堀と隅田川をつなぐ短い川だが、江戸時代の海運には重要な役割を果たした。隅田川から順番に橋の名前をあげれば、豊海橋、湊橋、茅場橋、鐙橋、江戸橋、日本橋、西河岸橋、一石橋となります。

さて、鏡花全集には、毎回月報が付いている。その第九号(昭和49年7月)に山本武夫さんが、「九九九会と藤村家」という一文を寄せている。

「日本橋の花柳界は丸善の裏の中通りを、呉服橋から上槇町に至る線と、八重洲口に通じる長方形の一角を占めていた。昔は、その中心に当たる地名を取って、数寄屋町芸者とか*物町芸者なぞと呼んでいた。藤村家はこの土地の草分けで沢山の分家を生んでいる。」

鏡花の「日本橋」のヒロイン達、お孝、清葉、お千世達も、この日本橋芸者をモデルにしていると思われます。
(2011/5/30)


泉鏡花の「日本橋」より、一石橋を訪ねる

春で朧でご縁日、これで出来なきゃ、日本は暗夜(やみ)だわ。
鏡花全集の日干しを兼ねて、第15巻から、「日本橋」(大正3年)を再読してみる。タイトルの有名なセリフは、636ページにある。「ひなの節句のあくる晩、春で、朧で、御縁日、同じさざえと蛤を放して、巡査の帳面に、名を並べて、女房と名告って、一所に詣る西河岸(にしがし)の、お地蔵さまが縁結び。・・・これで出来なきゃ、日本は暗夜(やみ)だわ。」

三月四日の夜、一石橋(いちこくばし)の欄干際で、ひなの節句に出されたさざえと蛤を、日本橋川に放した主人公、葛木晉三(かつらぎしんぞう)が、巡査に見とがめられて難儀していたところを、日本橋芸者の、「稲葉屋のお孝」が救った後で言う、七五調の歯切れのいい名台詞である。

ぜんたい、このお話では、タイトルは「日本橋」だが、隣の「西河岸橋」や、この「一石橋」が主な舞台である。暇な年金生活者の特権を生かして、新橋に行く前に、この写真を撮ってきました。

橋のたもとに由来と、元の、大正11年(1922年)に架け替えられた鉄筋コンクリート花崗岩張りの美しいRCアーチ橋の写真がある。ちょっと二重橋みたいにりっぱだ。その後、昭和38年に高速道路の開設に伴い、改修(破壊)され、親柱1本のみが中央区有形文化財として保存され、現在は貧相なスチール橋である。

葛木とお孝が立っていた一石橋は、明治6年(1873年)に架けられた木製の橋である。
(2011/5/30)

2011年5月28日土曜日

Thinking about the Education in childhood.(1)

My daughter has just graduated from the 2 years master course of the University.
The cost of total university education was too expensive for me, a poor ordinary business person whose annual income is almost the average of Japanese businessmen.

I wonder if I could give her another 2 years late master course and the chance of study abroad for example in the university of the United States.
But it is impossible for us because I had just retired and couldn't find a suitable job with enough income and my daughter is not good at English at all for study more in abroad.

The total amount of the money that I have spent for these 6years is almost 12million Yen that includes University Fee(500,000Yen/Y), Accommodation Fee of a flat(50,000Yen/M) and Monthly help( almost 80,000Yen/M).  Two million Yen per Year.

Now I am thinking about the education spent for my daughter before university that means from 6 to 18. The basic education is public school that is not so expensive. But we gave her various kinds of  private education, like Violin playing of Suzuki method, Swimming, Riding ponies, Dancing both Japanese and Western, Calligraphy, Piano and English.
When she entered the high school she started JUKU, after-school lessons that is very common in Japan.

Some of them are very short like dancing or riding and some of them are very long learned just like Calligraphy or English till she graduated from the high school. I couldn't calculate the total cost of them. To say the truth I would like to forget it.

I wonder if those Private Education is really valuable or necessary for her?
In Next page I will think about the effect of the education in Childhood.
(2011/5/28)

2011年5月27日金曜日

本の楽しみ(1)鏡花全集

岩波版「泉鏡花全集」(二刷)の美しい装丁を愛す。

20年間に渉る仙台での暮らしを終えて、2004年春、東京の実家に帰った私は、大切な書籍やパンフレット類が無残にもまとめて積み重ねられ劣悪な状態になっているのを発見して愕然とした。

とりわけ、昭和48年刊行開始の岩波版「泉鏡花全集」全29巻(注-1)は、その美しい装丁がお気に入りで大切な本である。一旦、2階の部屋の質素な木製本箱に移して、風に当てていたのだが、耄碌した母が、これは自分の本だと言いだして、再び1階の風通しの悪い本箱(注-2)に移してしまった。

湿気のために、本体の「薄紙のカバー」も、「函」も茶色に変色してしまった。これは、本好きには耐えられないことである。実は、この他にも、早川書房版「世界SF全集55巻」とか、中央公論「世界の名著」全巻、大月書店版「マルクスエンゲルス全集」などがあったのだが、すべて、古本屋に処分された。(母が、1990年に仙台に送りつけてきたが、部屋が狭かったので泣く泣く古本屋を呼んだ)

世界SF全集は楽しい本だったので、ちょっと残念だが、その他は、普通の装丁本だから、それほど惜しくはなかったのだが、「泉鏡花全集」は、美術品といってよいくらい美しい本なので守りたい。

不思議なことに、本体の「カバーの薄い紙」、「ハトロン紙」?というのだろうか、私は、子供のころ「ブーブー紙」と読んでいたのが、水分を吸収して、本体の装丁は新品同様なのだ。

写真の本2冊をご覧いただきたい。上はカバーを外したもの。下は、カバーをつけたものだ。後ろに並んだ変色した函に、下の本が入っていると、なんて汚い古本かと思うが、カバーをはずすと、上の本の様に白く輝く肌が現れる。

この模様の名前は失念したが、やや黄身がかった光沢のある白地に、紫で摺られ、斜めに、桜、名前の分からない白の模様、紅梅が印刷されている。写真では、一番下の紅梅のみが鮮明に見える。(2011/5/27)

(注-1)「鏡花全集」は、大正末期に「春陽堂版15巻」が出たが、没後は、岩波から3回に渉って出版された。まず、1940年(昭和15年)に28巻、1973-76年(昭和48~51年)に第二刷、1986~88年に第三刷が、復刻版、28巻+別巻1の計29巻として刊行された。小生の全集は第二刷だ。ちなみに、T教授の研究室にあるのは第三刷。

(注-2)鏡花全集は、2階南向き六畳の和室に、小さな木製の本箱を据えて、全29巻を並べておくのが正しい保管方法だ。母は、1階の二重本棚の奥にしまいこんでいるので、湿気にやられてしまった。

2011年5月26日木曜日

CUBAN MUSIC, TASTE of REVOLUTION

キューバのおみやげ、CDを聴く。
2ヶ月余りのカリブの旅(キューバとパナマ)を終えたヤス君が、CDとゲバラの写真を送ってくれた。曰く「現地では、レストランやバー、公園など至る所でキューバ音楽のバンドが演奏していて、演奏が一段落するとメンバーの一人が各テーブルを回り、CDを買ってくれと売り込む」そうです。大分買わされたようだ。
革命の英雄、カストロと、チェ・ゲバラの絵葉書も同封されていた。写真の、上は、Fidel y Che,1960、下は、El Che en un trabajo voluntario, Cuba 1961.すなわち、ボランティア労働中のチェ・ゲバラということか?

1959年のキューバ革命から52年。その間、様々な事件があったが、1967年ボリビアで処刑されたゲバラは、30年後の1997年に遺骨が発見され、キューバに戻った。2008年には伝記的な映画も公開され、伝説的英雄である。かたや、すっかり年老いた独裁者フィデル・カストロは、今年の3月には、全ての要職から退いた。

届いたCDのタイトルは、「SON DE LA CIUDAD」と、「MUSICA AFROCUBANA」の2枚。CDに、カラーコピーの紙がはりつけてあって、カサカサと雑音が出るのがハバナっぽいね。
苦い革命の味のするキューバ音楽である。(2011/5/26)



2011年5月24日火曜日

KYOTO Sight Seeing Plan(1)

If you have only three days for the sight seeing for Kyoto in summer time, I recommend you KAWA-DOKO at Kifune shrine and Ryouan-ji Rock Garden.

初めて京都に来た外国のお客様を連れていくお寺を「一つ選ぶ」って、ものすごくむつかしい。
やはり、有名で、めりはりのあるところでしょうね。
2007年にスイスから来たクロード夫妻をお連れしたのは、竜安寺石庭であった。

It is almost impossible to choose one best temple or shrine for the foreign guest who comes to Japan at first time and he or she has only three days for the sight seeing of Kyoto.
Even so I will choose Ryouan-ji Temple and it's wonderful Rock Garden and Yudo-fu lunch.

There are many kinds of world heritages in Kyoto for example Kiyomizu-dera temple, Kinkaku-ji, Ginkaku-ji and Nanzenji etc. The number of temples and shrines is more than 1000 I hear.

その時の条件は、
①季節は夏、祇園祭の数日前、本祭りの数日前で、各路地に鉾山車が準備されていた。
②宿舎は東山に近いウェスティン都ホテル、アクセスは意外に良い。
舞妓さんに会いたい、
④高齢なのでつかれないコース
しかも、日程はわずか3日間の短期間。もちろん予算も限られている。

これらの条件(制約)を勘案して、4つのポイントで私が選んだのは以下の通り。
The Quick trip plan at that time is like this.

(1)神社 貴船神社(川床料理)、平安神宮  KIBUNE and HEIAN-JINGU Shrines.
(2)お寺 南禅寺、竜安寺    RYOUAN-JI Temple and NANZEN-JI on the way to Ryouan-ji.
(3)庭園 修学院離宮竜安寺石庭(湯豆腐) SYUGAKUIN-Palace Garden
(4)仏像 三十三間堂  1000 Buddhism statues in SANJYU-SANGEN-DO.
(5)舞妓 祗園白川近くの「かにかくに」(懐石料理) MAIKO dinner at KANIKAKUNI
(6)その他、西陣会館、京都御所(少しだけ)Others: NISIJIN-KAIKAN etc.

世界遺産の下鴨、上賀茂神社、清水寺、金閣寺、銀閣寺、天竜寺、二条城といったポイントを全て外している。その理由は、混雑と坂道を避けたのである。また、私の好きな、東寺、広隆寺、嵐山、青蓮院もカット。これらは、コースの都合と、やや地味だから。
ようするに、わずか3日では、無理なのである。

Of course, You can choose another world heritages just like SIMO-GAMO or KAMI-GAMO Shrine, KIYOMIZU-DERA Temple, KIN-KAKUJI and GIN-KAKUJI Temple, TENRYU-JI and NIJYO-JYO castle.
My favorite places are TOU-JI, KORYU-JI, ARASIYAMA and SYOUREN-IN etc.
You need at least one year to visit all temples and shrines in Kyoto.

そして、大切なのは、同じカテゴリーでも印象の異なるものを組み合わせることだ。


市内の散策は、四条大橋、南座を起点に、祗園の南北から八坂神社方面を歩き、特に、白川沿いの巽橋周辺を重点とした。一方、修学院離宮は、広大な自然庭園で、大きな池やら丘にのぼった。

例えば、広大なはではでの平安神宮と、狭くて暗くて怪しい貴船神社
立派な山門がいかめしい南禅寺と、アブストラクトなロックガーデンの竜安寺という具合に。
仏像は、一度に1000体の仏像を拝観できる三十三間堂が楽でいい。

大切なのは、相手のニーズに立つこと。つまり、自分の好みは捨てることだ。仏像でいえば、東寺講堂のフィギアっぽい立体曼陀羅や、広隆寺の弥勒菩薩が好きだが、やっぱり三十三間堂のインパクトには負ける。

以下のページで、本コースの各デスティネーション別に解説します。
(2011/5/24)

KYOTO Sight Seeing Advice(1)

The number of foreign tourists is decreasing because of the fear of earth quake and the Fukusima nuclear reactor plants accident. The tourism industry of Japan is also damaged.

東日本大震災は、コンサートや展覧会が中止になったり、思いがけない所に様々な影響を与えている。新宿伊勢丹会館のエルフラメンコでは、ダンサーたちがスペインに帰国してしまったので、ディナーショーは中止らしい。早く帰ってきてね。

そんな中、4月に、プラシド・ドミンゴが来日公演してくれたのは素晴らしい。NHKコンサートの最後に彼が日本語で歌ったのは、「故郷」であった。そしてアンコールに応えて、「グラナダ」を熱唱。先日テレビで見たのだけど感動した。

しかし、銀座の街では、めっきり外国人観光客も減り、観光産業は大きな打撃を受けている。だから、ジャスティンのご両親が、2週間ほど来日するというのは素晴らしいことだ。東京と京都を回るというので、小生もささやかなアドバイスと提案します。

It must be a good chance for foreign tourist to visit Tokyo or Kyoto because it is not so crowded and the price is lower than last year. Besides these cities are far from Fukusima and you don't need to worry about the rate of radioactivity.

京都は、観光資源が凝縮しているので、あれもこれも見たくなるが、結果、印象が散漫になる。その人の、国籍、年齢、興味関心を聞いて、ポイントをしぼったプランをつくるのがいいですね。

京都観光のプロ、観光タクシーの運転手さんは、乗客の年齢、希望、条件等を勘案して、以下の分野から各ひとつの文化遺産を選んで、瞬時にコースを組み立てる。

The Basic Area of KYOTO Sight Seeing Tour.

(1)寺社建築、Buddhism Temple and Shinto Shrine, there are so many.
(2)日本庭園、Japanese Garden,
(3)仏像、      Buddhism statues
(4)舞妓さん、 Maiko or Geiko, There are 5 flower towns in Kyoto.
(5)京料理     Japanese cuisine
(6)清水焼、西陣織、扇子などの工芸品 Traditional Art Crafts like Kimono, pottery or Fan.

時間がある場合は、嵐山、高尾、鞍馬、比叡山、琵琶湖といった自然をくわえてもよい。

外国人の場合は、もちろん一律に決めつけることはできないが、神社と寺院の区別からはじめる初心者を想定します。この場合、上記項目から、特徴的なのをひとつかふたつ選んで、接近した順番で、合理的に回ります。

また、特に注意すべきは、以下の諸点です。
(1)季節・・・春は桜、夏は暑くて川床、秋は紅葉、冬は寒い。
(2)お祭りの有無・・・混雑するので注意。
(3)宿泊場所・・・当然ですが、行きたい場所の近くに泊りたい。
(4)交通手段はタクシーが便利。

We must consider these points when you make the tour plan.
(1)The Seasonality,  it is very hot in Summer and very cold in Winter
(2)The Festival in Kyoto, It must be very crowded in these days.
(3)The Location of your hotel,  You can choose the suitable place where you have interests.
(4)The transportation. The One day Taxi is the easiest way from any place.

では、次のページで具体的なコースを提案しましょう。
(2011/5/24)

2011年5月23日月曜日

「月光展」 MOON LIGHT EXHIBITION

HAIKU poems concerned with the Moon of Ginza.
先週の水曜日、銀座「月光荘」画室2にて、「月光展」(5/10~21)を拝見。
「月光荘95周年」を記念して、嵐山光三郎さんが企画し、坂崎重盛、富士真奈美、南伸坊、安西水丸、村松友視、他のそうそうたる皆さんが、イラスト、俳句等の小品を集めた楽しい展覧会です。

色紙大の作品は、狭い我家に飾るにも調度よく、1点一律3万円と格安だったが、すでにほとんどが購入予約済み。安西水丸さんのイラストがちょっと素敵だったので残念。

さて、この企画は、タウン誌「銀座百点」5月号で知ったのですが、「月と銀座で春のひととき」という鼎談の中で、素晴らしい俳句が紹介されている。出席は、嵐山光三郎、坂崎重盛、富士真奈美、南伸坊の四氏です。

あまりに素敵な句なので、「銀座百点」編集部に無許可で紹介させていただきます。
さらに、それぞれ、勝手に英訳させていただきました。ごめんなさい。お題は、銀座の月

<富士真奈美さんの句>
流石に、女優さんの俳句ですね。
(1)「資生堂 パーラーにゐます」 春の月 
Shiseido Parlor ni imasu,  Haru no Tsuki
Spring Moon, I sent a mail, "Now I'm at Cafe Shisei-do Parlor"
(2)春満月 逢瀬というは 憚らる
    Haru Mangetsu, Ouse to iu ha Habakaruru.
    A secret meeting with lover, in the full moon of Spring night.
(3)月朧 あなたのために 歯を磨く
    Tsuki Oboro Anatano tameni Ha wo migaku.
    A hazy moon, I brush tooth before meeting with you.

<嵐山さんの句>
いずれも、銀座のお店を意識しすぎ。読み方のみ紹介。最後の句だけ翻訳してみます。
(1)カフェオレに 浮かぶクリーム 朧月 (椿や珈琲店)
Cafe au lait ni Ukabu Cream, Oboro zuki.
(2)春月にあたためられし 帽子かな     (トラヤ帽子店)
Syungetsuni atatameraresi Bousikana.
(3)うなぎ屋の 上から出たり 春の月  (竹葉亭本店)
Unagi-Ya no Uekara detari Haruno Tsuki.
(4)春月に だまされてみる 今宵かな
    Syungetsu ni Damasarete miru Koyoukana.
   I may believe the Girl because the Spring moon is so beautiful.

<坂崎さんの句は、名句をひとつだけ>
(1)黒猫の 路地をよぎれば 春の月 
   KURO-NEKO no ROJI wo Yogireba HARU no TSUKI
   A Black Cat crossing the Lane, I found the Spring Moon.

<南さんの句>
(1)金春湯 出て見上ぐる 月朧 (金春湯)
   KONPARU-YU Idete Miaguru TSUKI OBORO.
   A Hazy Moon, I look up after taking a bath in Konparu-Yu, public bath at Ginza.
(2)青銅の 魔人掻き消え 春の月 (和光の時計台)
   SEIDO no MAJIN Kaki-kie HARU no TSUKI
   The Spring Moon remains, when the Phantom thief has gone from the clock tower.
(3)待ち合わせて 春三月と 銀座かな
   Machiawasete HARU San-gatsu to Ginza kana.
   At GINZA,  I am waiting for a pretty Moon in an Evening of March.
(4)淡月を 白湯にて 服す 木挽町
    TAN GETSU wo SAYU nite Fukusu KOBIKI-Chou. 
    The white moon reflecting on hot water in my Cup. I drink it up
(2011/05/23)

空想散歩の行き先

昨日の日曜日は、家に居て正解だった。午後から天気が崩れて雨になり、気温も下がった。今朝も涼しくて曇っているので、家に居ることにする。

さて、「空想散歩」は思いがけず好評なので、今後の計画を考えてみよう。大きく分けて、(1)今までに行った所へ再訪問するのと、(2)まだ行ったことのない場所に行くのと、二つのケースが考えられる。

今までに行ったことのある場所は、そんなに多くなくて、20カ国80都市くらいじゃないだろうか。世界には、約200カ国*万都市があるんだから、空想はどんどん広がるね!

それに、例えば自分の住んでいる東京でさえ、行ったことのない場所は沢山あるんだから、これはとてもいい暇つぶしになる。行き先の調査もパソコンですぐわかるしね。そこで、各方面を3つあげてみる。今の気分です。

<ジャンル別行きたいところ三か所>

(1)再訪問したい場所:国内だと
①やはり、京都・奈良ですね。ここは何回行ってもいい。まだ見るべきものが沢山あるしね。
②そして、東北の温泉巡り(特に、酸ケ湯、蔦温泉、十和田湖)がいいね。
③北九州では福岡から佐賀へのドライブ、特に唐津はよかった。陶器も唐津焼は大好きです。

(2)海外だと、ヨーロッパは概して好きだ。歴史があり、治安もよく、便利だからね。
スイス(ユングフラウ)、いままでは仕事だったから、ゆっくりと休暇をとって行きたい。夏も冬も。
英国(湖水地方)、わずか1泊しか滞在できなかったので、今度は1週間くらいいたいですね。
スペイン(バルセロナ)、刺激的な芸術の都だ。スペイン語が出来たらもっと楽しいのに!

(3)これから行きたい場所:国内だと、
①滋賀県甲賀市信楽のミホ美術館。アメリカ人のギュンターに薦められました。面白そう。
②四国の松山、道後温泉。坊ちゃんに会いたい。温泉関係は他にもあるんだが・・・。
伊勢神宮。還暦過ぎて、まだお伊勢様にお参りしてないのはまずいかもしれない。

(4)海外なら、
①キューバ(ハバナ)、革命の聖地。ドタキャンで行けなかったので、再挑戦しなくては。
②トルコ(イスタンブール)。人気の場所なのでやはり押さえておきたい。
③スペイン(グラナダ)。ここも20年前に、訪問予定が変更されて行けなかった。

<遊び方>
例えば、行ったことのある場所のコースを練り直して、最善のプランを作ってみる。
また、行ったことのない場所については、地球の歩き方や人に聞いて情報を集め、旅行計画を立てて観る。そういえば、前に、こういう仕事してたんだ。(2011/5/23)

2011年5月22日日曜日

空想散歩で節約

今日の東京は26度の夏日で暑くなるし、昨日のお出かけでお小遣いの残りも少なくなったので、一日中、家に居ることに決めた。いずれにしても毎日が日曜日なんだから、混雑する日曜は家に居るに限る。我が家は、古い家で、冬は寒いが夏は涼しいのだ。

それにしても、少し外出すると、買い食いとか、喫茶店での休憩、交通費などで、思いがけず出費が多くて驚く。例えば、有楽町に映画(ブラックスワン)を観に行くとすれば、
(1)交通費が片道(210+160+160=)530円の倍で1,060円。
(2)映画はシルバー料金で1,000円。面白い映画ならパンフレット600円を購入。
(3)お昼御飯を食べれば1,000円前後。場合によって、竹亭で鰻でも食べたくなると2,000円。
(4)コーヒーを飲めば500円。本屋(三省堂か教文館)で立ち読みは無料だが、
(5)欲しい単行本を見つければ1,500円。これで、ざっと5,600円也。
もし、歌舞伎鑑賞の場合は、先日は3階A席、5,000円だったから、合計10,000円也。
これでは年金がいくらあっても足りないよね。

同じデスティネ―ションの「節約パターン」だと、
(1)バス代をけちって歩くことで420円節約して、交通費は640円。運動にもなるからオススメ。
(2)映画はやめて画廊巡り。先日は「月光荘画廊」に行った。
(3)お昼は、レンガ通り「INFINI」の500円のランチパスタ。この店、昔のクラブ風でなかなかいい。
(4)珈琲は「ドトール」で380円。または、缶コーヒーなら120円。
(5)本は立ち読みで1冊読み切る。ちなみに、CDの場合も、試聴するだけ。
以上で、1500円くらいかな。

さらに節約するためには、家にいること。
(1)交通費はゼロ。徒歩で行ける範囲にも、意外と知らない場所が多く、発見の楽しみがある。
(2)お昼は、家の残りもの。冷蔵庫には飲み物やアイスなどあるし、タダだからうれしい。
(3)映画はテレビで昔の名作を鑑賞。または、NHKの上質のドキュメンタリ-番組。
Cf.先日観た、「旅の力」は、フレンチシェフの孤野芙美子さんが、中国で西太后のレシピを習うという番組だったが、すごく面白かった。これも無料。
(4)新聞は、朝日しかないけど、グーグルでTIMEやCNNも見ることが出来るから便利だ。

そして、家に居るのに飽きて、出かけたくなったら、空想散歩するんだ。
これは、どこにでも無料で行けるんだから凄い。

そこで、本日は、バラが綺麗な季節なので、「古河庭園」に行ってみようかな。池袋から山手線で駒込に出て、歩いてもいいんだけど、今日は、時間がたっぷりあるので、田端まで行って、JR京浜東北線に乗り換える。次の上中里で降りたら、平塚神社の横の坂道を登り切ると、もう古河庭園だ。

西ケ原から染井の谷の斜面に造られたこの庭園は、高台部分が洋館で、そのバルコニーの全面が見事なバラ園になっている。そして、低地には池と日本庭園があるから、一粒で二度味わえるとってもお得な庭なんだ。

今、ふと我が家の裏庭を眺めると、赤く小さい野バラが咲いているが、古河庭園のバラはプリンセスやプリンスなんたらといった高貴な名前がついた大輪のみごとな花で、バラの世界も格差社会だと改めて認識する。

バラを愛でたら、日本庭園に降りて行こう。この池には錦鯉の他に亀が多くて、今日の様な暖かい日には岩の上で甲羅干ししてるはずだ。また、石橋と、水際の大灯籠はお気に入りなんだ。帰りは、染井側の出口が開いてるはずだから、ここから出て、染井銀座経由で坂を登り、洋菓子アルプスで休憩しましょう。うーん、やっぱり出かけたくなってきた。(2011/5/22)

2011年5月21日土曜日

INVASION 68 PRAGUE

ジョセフ・クーデルカ プラハ侵攻1968
Josef Koudeika PRAGUE 1968 EXHIBITION at EBISU
今日は久しぶりに早起きをして、洗濯と庭の梅拾いをした後、予定通り、恵比寿の東京都写真美術館にクーデルカの写真展(5/14~7/18)を観に行った。天気は最高。気温は25度の夏日。

美術館入口は別会場の表彰式の参加者で混雑していたが、白黒の正方形のクーデルカの展示室は予想通り空いていて、ストイックな雰囲気だ。

1968年は、ベトナム戦争のさなかで、学生運動が盛んになり、東京大学の入試は中止になった。そして、8月にソ連のプラハ侵攻があり、当時、予備校生だった私は、抗議の意味を込めて、頭を丸刈りにした。暑かったし。

何があったのか。1968年春に始まった、ドプチェク書記らの体制内部の改革「プラハの春」が、ソ連の覇権主義によって押しつぶされていく有様が、時系列に並んだ75枚の写真によって雄弁に語られる。写真の力ってすごい!

そして、チェコスロバキアの民主化は、1989年のビロード革命まで封印されることになる。(2011/5/21)

天気がいいので、庭で梅の実を拾う

Poor harvest of Plum in this year 
今年の梅は小さくて可愛い。
It has become warm and fine in Tokyo since Wednesday.
So that I went out in my back garden and gathered some plums falling down from the tree.

Compared with that of last year, I noticed that the size of Plum is smaller. Because I have not cared after them at all, I guess.

Without taking care, the Plum will be smaller but I don't know if I don't care about my wife and daughter what kind of effect will happen to them.
(2011/5/21)

2011年5月20日金曜日

敵討天下茶屋聚(かたきうちてんがじゃやむら)

KABUKI PLAY at SHIN-BASHI ENBU-JYO theater
Since the close of KABUKI-ZA theater at HIGASI-GINZA, which will reopen in 2013, I must go to Shinbasi Enbujyo theater or National theater at Hanzo-mon for watching KABUKI play.
It is very important for me, an elder man who is loosing his Memory everyday to train the brain and keep the body healthy to walk around in the theater.
This month they have two plays in Enbujyo-theater, KAGOTSURUBE-HANANOEIZAME and KATAKIUCHI-TENGAJYAYAMURA.

フリーター生活も1年を過ぎ、朝寝・夜更かしで、興味のあることだけしている毎日は、「ローマ帝国末期のパンとサーカスのみを求めた退廃的ローマ市民」、ないし、「宿題もしないで遊び放題の夏休みの小学生」みたいなもので、あっという間に時間が過ぎてゆく。事実、もうすぐ5月も終わるし。

こういうのを「馬齢を重ねる」っていうのだろうか。ナポレオンは「余の辞書には不可能という文字はない」と言ったが、小生の辞書には、「早寝早起き、無遅刻無欠席、奮闘努力、先憂後楽、規則正しい、交通安全、不言実行、継続は力なり」といった類の文字はなく、「馬耳東風、果報は寝て待て、無為徒食、ケセラセラ、時の過ぎゆくままに」といった文字が並ぶ。

その弊害は、まず健康面に現れる。メタボは当然。最近は、腕がしびれる。これは、脳梗塞の前兆とも単なる五十肩とも言われている。膝も痛い。さらに精神面では、認知症はますます進行し、特に、「今日が何月何日か、何曜日か」が分からなくなってくるんだ。こわいですね。

家族からも相手にされなくなり、メールの返事はほとんど帰ってこない。たまに、「銀行に振り込みしました」というメールにだけ、「ありがとう」という形式的なメールが来るくらいかなあ。電話はほとんど出ないか、留守電だね。これって、折角「家族割引」で、家族間の通話はかけ放題なのに意味ないじゃん!

さて、そんな時には、読書や、映画、芝居見物、音楽を聞くのが一番だ。いずれも現実逃避して、素晴らしい「別の世界」に行けるんだ。また、映画館や劇場に行くことは、歩くから運動にもなるし、計画的にチケット手配することは認知症予防にもなる。

そういう意味では、歌舞伎座閉館以来、毎月の歌舞伎見物の習慣が崩れたことは問題だ。また、長時間の観劇が辛くなり、国立劇場の「通し狂言」を観ると、すごくつかれるようになった。

というわけで、5月の新橋演舞場は、昼の部、夜の部ともに「通し狂言」で、まるで国立劇場みたいなので、どうしようか迷った。また、演目が暗いんだよね。

夜の部の「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべはなのえいざめ)」は、実は大好きな芝居だ。特に、ラストの「籠釣瓶は切れるなあ」という台詞は怖くていいねえ。しかも吉衛門がなんと通しでやるというのだから見たい!(発端はめったに演じられないと思う)だが、この長さだと、小生には無理だし、そもそも夜の外出は、母親の看護体制を手配しないと難しい。

では、昼の部はどうか?こちらは、松本幸四郎がはりきって、「敵討天下茶屋聚」で悪人の二役(東間三郎右衛門と安達元右衛門)に挑戦する。この芝居は見たことがなかったし、昼しか出かけられないので、切符を手配した。(幸四郎も初役だそうです)

この芝居、とにかく主人公が悪者で、さすがに共感できない。江戸時代に大阪の天下茶屋で実際の事件をもとにしたというのだが、気分がわるくなるくらい悪い奴なんだ。良いほうの主人公、早瀬伊織と源次郎の兄弟が、これでもかというくらい苛められて、伊織は足を切られ、最後は殺されてしまう。そして、最後の最後になって、やっと、悪人をやっつけるという、高倉健のヤクザ映画と同じパターンだ。

そういえば、3月国立劇場は鶴屋南北の「絵本合法辻(えほんがっぽうがつじ)」で、片岡仁左衛門が悪党の二役に挑戦。「悪事の限りを尽くし、立ち向かう討手を次々に返り討にしていく」という芝居で、好評だったが、3/11の大震災で中止になったのだ。

考えてみると、歌舞伎の演目では、こういう悪者が出てくるのが多いよね。でも、最近の小生の好みは、もっとおおらかで楽しいものがいい、例えば、鳴神の雲絶間姫とか、毛抜きとか、助六由縁江戸桜といった「歌舞伎十八番」は安心して楽しめる。白波ものだと、「三人吉三巴白波」、「三人吉三廓初買」、「青砥縞花錦画」などが台詞が好きです。

あと、藤娘とか舞踏もいいですね。月末には「東踊り」の予定だ。
というわけで、「敵討天下茶屋聚」は、認知症初期の老人には少々重苦しい狂言であった。
(2011/5/19鑑賞)

2011年5月19日木曜日

伊勢六の親子どんぶり

上野の美術館、または寄席の帰りに、上野松坂屋地下の「伊勢六」で「親子どんぶり」を頂くのは、永らく小生の楽しみであったから、2009年に突然閉店してしまった時は凄いショックだった。御徒町の駅前の本店「伊勢」も、区画整理?のために消えてしまったので途方にくれた。

「伊勢」の、卵と鶏肉は抜群に新鮮だったのだが、松坂屋地下「伊勢六」は、加えて調理人のお姉さんの「卵のとろみ加減」が絶妙であった。ひいきの食堂が閉店するという悲劇は何度も遭遇しているのだが、この時の喪失感はかなり大きいものであった。

その後、神田駅のガード下に「伊勢」の名前を発見したが、味は似て非なるもので失望した。ところが、ある時、上野アメ横近くにて、(正確には中央通りアメ横の中間)「伊勢六」の名前を発見。昨年のことである。ところが、ランチタイムがあわなくて、ずっと行くことができなかった。

過日、やっと、よい時間帯にこの店の前を通りかかり、親子どんぶりを頂くことができた。YES!まさに、あの松坂屋地下の味だ。机の上の「親子どんぶりの正しい食べ方」まで同じで感激した。

曰く、「最初に、七味をかけて、数秒間、蓋をしてむらす。それから、どんぶり周辺から食べて、途中に口直しの漬物を頂く。まちがっても、漬物をご飯にかけないこと」と、実にやかましいのも懐かしい。

さらに感心したのは、男性調理人が、一度に6つの調理皿をガスにかけて、どんどんさばいていくスピードだ。カウンターの入口近くに座ると、この調理過程の一部始終を見物できて非常にためになる。卵の割り方、とろみ加減といい、実に巧みな技に感動した。

そして、肝心のお味は、まさにあの松坂屋地下のお姉さんの味と同じではないか!思わず、頭の中に金子ゆかりのシャンソン「再会」が流れた。そして、お値段は680円位と、きわめてリーズナブル。(訪問は、2011/05/14)

2011年5月17日火曜日

江戸前手打ちそば「蕎香」 Soba Noodle Restaurant, KYOKA

今日は、リサイクルのために、エコポリスに古着を運んだ。板橋区での衣類のリサイクルは、回収には来てくれないので、持っていくしかない。その帰りに、住宅街の蕎麦屋「蕎香」(きょうか)に寄った。この蕎麦屋、前からここにあるのは知っていたが、入ったのは初めてだ。この頃、衝動的な行動が多いんだ。(ランチタイム11:30~14:30にうまく合った)

住宅街の蕎麦屋って、如何にも趣味人が趣味的にやってる感じで、あんまり好きではないのだが、店内に入ってみると、わりと普通で、しかもすっきりしているので、ちょっと意外だった。

壁のお品書きを見ると、えび、季節の魚、野菜等、天麩羅関係が多い。そこで、「穴子天」と「もりそば」を注文。前野町で穴子天というのは、何だかしっくりこないが、結論はまあまあ。悪くない。蕎麦は細くて、盛りがいいのがうれしい。あわせて1000円というのも妥当だ。また来たい。

さて、昨晩は、BSで、大好きなオードリー・ヘップバーンの「シャレード」(1963)を観た後、核廃棄物の恐怖を描いたドキュメンタリー「放射背廃棄物はどこへー終わらない悪夢」を観た。これはフランスの取材番組で前後編2回に渡って放送予定だ。

前編では、(1)アメリカのワシントン州コロンビア川とハンフォードサイト(Hanford Site)の汚染、(2)ソ連時代の「ウラルの核惨事」として有名な1957年9/27のチェリャビンスク州の事故を紹介した。まさに今、日本で起こっていることを観ている様で、ぞっとした。(詳細はネットでご覧下さい)

すでに多くの放射性廃棄物がドラム缶に入れられて、海洋投棄され、その多くが漏れ出して空っぽだというのも凄い話だ。原発からは必ず放射性廃棄物が出るので、その処理が大問題になる。調度、我が家で、古雑誌や古着が溜まって、部屋が狭くなるみたいに?

ところが、福島ではすでに大量に環境に放出してしまった上に、メルトダウンで、原子炉の底が抜けて、地中に漏れ出す可能性さえある。一市民としてはなすすべもなく、事態を見守るだけだが、現地で避難している人々は、生活を破壊され、健康まで心配だ。これ、保障のしようがないよね?

今晩は、同じ番組の後編で、フランスの現状を放送する予定です。
でも、原発や放射線廃棄物のことを考えながら「穴子天」食べてもおいしくないですよね。

<蕎香のデータ> 板橋区前野町、北海道そば石臼挽き、天麩羅は江戸前。水・木定休
なお、古着性廃棄物の運搬のため、携帯を持たず、写真は撮れなかった。

2011年5月16日月曜日

パソコンはむつかしい!

何だか数日前に、グーグルの「ブロガーのシステム」に異常があったらしくて、そういえば、せっかく作成したのが、行方不明になっていた。しばらくしたら出てきたので、一体どこに行ってたのだろうと思っていたら、さっき、「ラベルの異常」が発生した。

改めてラベルを書き直したら、古いブログが二つ、先頭に出てきてしまいました。今日は快晴なのに、「雨の銀座」なんてとぼけたタイトルだが、これは、先週の水曜日のことだ。次の「ばらちらし寿司」は、木曜日のことだし。

そういえば、前に、「日付け変更の技」を聞いたような気がして探してみたけれど、わかりません。というわけで、順番が乱れていますがご容赦ください。(2011/05/16)

雨の銀座

四丁目三愛二階のドトールから中央通り方面を眺める。
The View from the second floor of the Cafe Doutor at Ginza
英語のテストの結果はとても悪くて、がっかりだ。考えてみると、3~4月は、英語学校には数回しか行かなかったし、自習もしてないから無理もない。語学は使わないとすぐに忘れてしまう。
記憶力の訓練のために、最近の出来事を思い出してみます。

(1)深夜テレビで、古い映画を観た。「ミッシング」と、「ヒトラーの贋札」の2本だ。どちらもこわい映画だったが、終わりまで見てしまった。

(2)テレビで「写楽の正体に迫る番組」を3本も見た。結論は、能役者、斎藤十郎兵衛との説。SAORIKO日記をはじめ、色んなブログでも話題になってるので、後日整理してみたい。

(3)しばらく連絡の途絶えていた、パナマのY君からメールが届いた。もうハバナに戻って、近日中にカナダのトロント経由で帰国とのこと。

(4)アメリカの知り合いを連れて、三原橋の「二葉鮨」に久しぶりに行った。(前ページ参照)バラチラシがおいしかったが、親方が一人で忙しそうだった。

(5)長女からメールで、「ユッケ」の写真が送られてきた。「これから食べる」そうだ。「加熱せよ」と返信したが、これ嫌がらせメールなのかな?(2011/05/11)


二葉のばらちらし BARA CHIRASI ZUSHI,

今日は久しぶりに三原橋二葉でばらちらし
A Beautiful BARA-CHIRASI-ZUSHI at FUTABA 
Do you distinguish this Bara Chirasi Zusi and The Nigiri which you can watch on the before page of my Blog? We call this kind of SUSHI "BARA-ZUSI", "CHIRASI-ZUSI" or "BARA CHIRASI-ZUSI". All names are almost same meanings.

We need a special skill and training for making Nigiri. On the other hand Chirasi-Zushi is cooked by house wives in each families. Of course you can notice the difference of the taste between homemade chirasi-zusi and that of Futaba, professional sushi bar  only if you tried it.

In the wooden Box you will watch a beautiful flowers of sweet fish, shell, shrimp, sea eel, some tasty Vegetable and thin fried egg over the vinegared rice.

The lunch time price is quite reasonable. 2500Yen + Tax. From 12am to 2pm. (2011/05/12)

SENDAI REPORT in May

It has passed more than two months since the East Japan Earth Quake(M 9.0) in March.

The most late Basic Data of Damage. (from ASAHI News Paper)
1. The number of dead people            15,037
2. The number of still unknown people   9,487
3. The number of the refugees         116,591

The damage is especially big in three prefecture, IWATE, MIYAGI and FUKUSHIMA.

IWATE prefecture : the coastal area are seriously suffered by not only earthquake but also Tsunami whose height nobody imagine.
The most of mountainous seaside area is swept by Tsunami and many fishing ports are badly damaged. It is said that it will take much time and cost to clean up the bottom of the port.

The Data of Iwate Prefecture.
1. The number of dead people             4,427
2. The number of still unknown people   3,029
3. The number of the refugees           36,494

MIYAGI prefecture : Kesen-Numa, OGA peninsula, Isinomaki, Higasi-Matsusima, Yuriage  and Natori etc.are badly damaged by Tsunami. 
The ground sinking is very hard and serious problem in Isinomaki or another area.  
The situation is similar to that of the coastal area of Iwate prefecture but especially in the south part of Miyagi huge rice field was covered with sea water.

The Data of Miyagi Prefecture.
1. The number of dead people             8,984
2. The number of still unknown people   5,883
3. The number of the refugees           32,573

FUKUSIMA prefecture : The Nuclear plants accident Level 7 which was caused by Tsunami has became very serious and they have not been able to control 4 reactors even 2 months have passed. All of the world is anxious about this problem.
Because of this problem the number of refugees is so big compared with the damage of the earthquake. Some of them are staying now in Gunnma, Saitama and Niigata or another place.

The Data of FUKUSHIMA Prefecture.
1. The number of dead people             1,562
2. The number of still unknown people     571
3. The number of the refugees           24,239 (only in Fukushima)

The most emergent problem is to control the Nuclear reactors. The government and Tokyo Electric Company said that it will take at least 9 months but people can't believe this.
Besides it is said that there come often the big after attack earth quake after this kind of earthquakes that happened by the moving of plate of the earth. 

The second important thing is to built the houses for refugees who have lived in the shelter where is no privacy and very bad condition for more than 2 months. Some of them need the mental care.

Now, my daughter Tomoko is working at Sendai local government and very busy everyday.
She said that they are short in the everyday work. They need more staffs who can work professionally. So she doesn't need me, the old and weak person who is very easy tired and eat too much. (2011/05/15)

2011年5月15日日曜日

東洲斎写楽の謎に迫る。

謎の浮世絵師、東洲斎写楽は何者か?
The UKIYO-E Exhibition of SHARAKU at National Museum. 
左は初代尾上松助の松下造酒之進。右は三代目市川高麗蔵の市川大七。
土曜の朝、思い立って上野の東京国立博物館に出かけた。テレビでも取り上げられ話題の「写楽展」なので混雑覚悟だったが、思ったほどではなくてよかった。(チケットショップ1300円)

絵の楽しみ方は人それぞれだが、最近はどうも情報過多でいけない。純粋に自分の好きな絵を選んで楽しめばいいのだが、これが難しい。つまり、色んな知識が先行しているので、むやみにありがたがってしまうのだ。

たとえば、この「写楽展」だが、なんと3つ位のテレビ番組を観て勉強してしまった。せっかくなので、以下にレポートして見ます。(NHKテレビの情報が中心です)

1.写楽の基礎知識
今から約200年前の1794年(寛政6年)の5月に、豪華な大判雲母摺りの役者絵でデビュー。10カ月で約140図の作品を残し、忽然と消えた。本名が不明なので、謎の絵師と呼ばれた。本展ではその大部分を、複数判を含めて約170点集めたのだから凄い!

2.作品は4期に分類されている。
(1)第一期「大首絵」、5月に豪華版28図を一挙出版。蔦屋のプロヂュースによるデビュー。
(2)第二期「全身像」、7-8月に1人または2人の全身像を出版。
(3)第三期「背景、小道具も書き込む」11月閏11月、相撲絵もある。
(4)第四期翌年の正月、細判のみで点数も少ない。紙も薄く質素になる。(薄利多売?)
・・・評価は、第一期の「大首絵」が圧倒的に高く、以下、写楽らしさが失われていく。でも、演劇評論家のWさんは、舞台の様子がわかるので、第3期も好きとのこと。

3.第一の謎「写楽は誰か?」
テレビでは、出演者がそれぞれ勝手な説を述べてとっても楽しかった。曰く、①斎藤十郎兵衛説、②蔦屋重三郎工房説、③他の浮世絵師説(たとえば北斎)、④島田荘司さんはオランダ人説等々。
テレビでは坂東三津五郎が探偵役で推理したところ、阿波藩の能楽師で当時、八丁堀、地蔵橋に住んでいた斎藤十郎兵衛である、との結論に至る。

4.斎藤十郎兵衛説の根拠
(1)近年、ギリシャで発見された写楽直筆の研究から、「写楽が他の絵師だった」とは考えにくい。例えば、北斎の流麗な線とは異なり、写楽の線はやや素人っぽい。
(2)斎藤十郎兵衛は、能役者、つまり武士の身分のために、本名を明かせなかった。寛政の改革の時期で、士分の者が、一段低い町人の浮世絵を描くことは危険だった?
(3)「とうしゅうさい」は、「さいとうじゅうろべえ」のアナグラム(言葉遊び)ではないか。寛政の改革への、「しゃらくさい」という気持ちもあった?
(4)もともと絵師ではないから、説明的な芝居絵ではなく、自分の印象にもとづく肖像画のような作品になったのではないか?

5.その他の謎も解決
第二の謎、何故名前を明かせないのか?第三の謎、何故画風がこんなに早く変わったのか?第四の謎、何故10カ月で消えたのか、これらも「斎藤十郎兵衛説」で説明がつく。
(1)武士なので名前を隠した。(2)オーソドックスな芝居絵でも勝負した。また、版元の蔦屋の指示もあったはず。最後は薄利多売でじっくり描けなかった?(3)アマチュアなので、いやになってやめたのではないか?(ちょっと苦しいかな)

さて、何と言っても、大首絵は、歌舞伎役者のブロマイドだから楽しい。ポスターに使われている江戸兵衛と奴一平の作品は有名だが、その他の作品も素晴らしい。役柄と同時に役者の素顔にも迫るダブルの魅力といってもいいかな。

写真左の初代尾上松助は、やつれ具合に共感した。右の市川高麗蔵は、ちょっと格好いいなと思ったんだけど、実は悪者だ。
(2011/05/15)


2011年5月14日土曜日

飛び出せ!科学くん

最近、「テレビを見すぎ」との指摘を受けているが、実際には、それほどでもない。夜にBSプレミアムで昔の映画を観るのも、せいぜい週に2回くらいだし、最近は面白い(こわくない)ドラマも少ないし、たしかに「写楽」関連の番組は、沢山見てしまったけど、スポーツ中継や、劇場中継も見てないし・・・。

でも、土曜日の夕方、ふと目に入ったTBS「飛び出せ!科学くん」は、つい見てしまった。芸能人が、東京23区で野草を集めて五目ずしを作るという他愛ないお話だが、中川翔子と上原美優が、椿山荘で、「ぜんまい」と「わらび」を見つけるシーンが出てきて、ドキッとした。

種子島出身の「貧乏アイドル」として人気の、上原美優さん(24)が自殺したのが12日のことだから、いきなり、元気で明るい彼女を見て驚いてしまった。番組の最後に「追悼コメント」が出たが、この元気な録画(4/29頃?)からは、とても考えられないことで、実に痛ましい。若く、美しい人の死は、特に悲しく切ない。(合掌)

さて、結論として、番組では野草に詳しい岡本信人さんの助けで、せり、なずな、たけのこ、三つ葉などを手に入れ、羽田沖で獲ったアナゴを加えて、東京都23区で取れた食材で「五目ちらしずし」を作れた。(二葉の「ばらちらし」を思い出した)

さらに、「神田川を源流に遡る」という企画が続き、隅田川の合流地点からスタートして、(1)柳橋、(2)万世橋、(3)昌平橋、(4)聖橋、(5)御茶の水橋、(6)水道橋、首都高の下を通って、(7)江戸川橋、(8)石切橋、早稲田方面に。ここまでくると、浅くなり、最早ボートで遡るのは無理。(9)面影橋当たりでは、収録が桜の季節だったようで、満開の桜が素晴らしい。(この一連の地名は小生のテリトリーである)

さらに遡ると、東中野、中野から、鷹ノ台を抜けて、最後に井の頭公園の源流にたどりつく。出発から25Kmという、感動的な旅でありました。

小学校時代に万世橋から眺めた川は下水道の様な異臭を放っていたが、もともとは、徳川家康が江戸城外堀として神田山を掘削して出来た川であり、江戸の水道であった。最近は、浄化が進み、魚も棲めるようになったのは喜ばしい。近年では、あゆも登ってくるというからびっくりだ。
(2011/05/14)

2011年5月8日日曜日

Stone Lantern Watching (22) NEZU MUSEUM

初夏の日差しを浴びて、眠そうな灯籠

Stone Lantern Watching (21) NEZU MUSEUM

帽子の上にちょんまげ
The Name of the each Parts of Stone Lantern
This is a typical Stone Lantern in Japan called KASUGA type which you can watch in Shrines or Temples very often. The name of Kasuga is also the name of a famous Kasuga Taisya in Nara. I will try to explain the name of each parts of Lantern.

The top  onion shaped part is the GIBOSI, a kind of decoration of the Hat. The second top part shaped a roof or hat is KASA, the old Hat made of straw.
The third part is the HOBUKURO, the direct meaning is Fire Bag. They put the candle or fire inside of this part. I named it Fire Window.Just under the Fire Window there is a NAKADAI, the middle plate.
Then the fifth part is SAO, the Pole. I translated it the Leg.
Some Lantern have three or Four legs as you can watch in this Blog.Then the lowest part is KISO, the Base which I translated Foot.
Compared the photo no.19 or 20 this Lantern seems a little older and the shape is not so smart. Especially the Leg is a little bit tin, though it is also attractive. We Japanese prefer the Lack or Shortage to the Perfect.
You can watch many old lanterns in this Nezu Museum garden. Most of them are old and wild and very suitable in this green garden.(2011/05/10)

Stone Lantern Watching (20) NEZU MUSEUM

新緑の庭園に佇む石灯籠

灯籠ウオッチング20回を記念して、各パーツを解説します。

写真の灯籠は一番普通の形で、竿が円筒形で、神社などでは、こういうのがずらりと並んでいる。春日大社で見られる形式なので、春日型という。
そして、灯籠の各部は、上から、(1)擬宝珠、(2)、(3)火袋、(4)中台、(5) 竿、(6)基礎と呼ぶ。

小生は、上の部分を「帽子」、一番上についてるのは「たまねぎ」または形によって「ぽんぽん」。火袋は、「灯り窓」。中台は「」、または「えり」その下は「足」という。
どちらかというと、1本脚より、3本または4本足の方が好きだ。
この写真は、ちょっと見は「春日型」だが、真ん中の火袋の形がいやに丸く、窓も大きい。これだと、灯りをいれても風で消えてしまうだろう。実際には、庭園に置く石灯籠は、「庭の飾り」なので火を入れない場合も多い。




Stone Lantern Watching (19) NEZU MUSEUM


A Stone Lantern in Nezu Museum Garden
久しぶりの根津美術館で、大量の石灯籠に出会う。

当初、「KORIN展」という名で、米国の美術館から「八橋図屏風」を借りて、根津美術館所蔵の「燕子花図屏風」と二つ並べて見せる趣向だった。

地震の関係で、貸し出しが中止になったらしく、「燕子花(かきつばた)図屏風」のみの展示となった。(会期は4/16~5/15)

展示作品は昨年も観たし、さっと鑑賞して、天気もよいので、お庭に出て散策でもするか。菖蒲池の杜若も少し早いので、「石灯籠観察」することにした。昨年、特に目立つものは押さえていたが、このお庭にはざっと40以上の石灯籠があるんだ。

まずは、オーソドックスなところから。これは、お寺で普通に見かける石灯籠だが、坂の途中にぽつんと立っている。帽子の右が少し欠けてるのが、わけありっぽくて素敵ですね。

(注意)灯籠のパーツについて、次のページで説明します。



2011年5月4日水曜日

サラ・ブライトマン2008コンサート(3)

ウィーン聖ステファン大聖堂でのS・ブライトマンのコンサート
レーザーとスモークを駆使した素晴らしい演出。
このコンサートは、聖堂、つまり大きな教会の中で開催されているのだが、実にサラの歌声にあった舞台である。クラシカル・クロスオーバーという新ジャンル(一種のフュージョン)は、音楽のジャンルを越えた魅力を引き出した。

特に、オペラ座の怪人は、聖堂の暗がりとシャンデリアを効果的に使用して、舞台を彷彿とさせた。

写真では青の光をメインに赤が背景に少し見えるが、照明は、曲想に応じて赤と青を反復して、聖と俗、天上と地上を行き交うような演出は見事だ。

赤の照明のサラの方が綺麗なんだが、字幕が映ってしまって満足のいくものが撮れなかった。

さて、何人かのゲストが参加したが、中でもカウンターテナーのフェルナンド・リマの声は、サラのソプラノと共鳴して素晴らしかった。




サラ・ブライトマン2008コンサート(2)

TIME to SAY GOODBYE
さて、サラがデビューした1981年の、「ニューロンドンシアター」での「CATS」初演は、私も現地で観ている。当時、演劇青年だった私は、本場の芝居を観るために、初めての海外旅行で、ロンドンに出かけたのだった。

CATSは、それまでのミュージカルとは一線を画す作品で、円形舞台を縦横に使い、客席と舞台を一体化した斬新な演出で、衝撃を受けた。ロイド・ウエーバーは真の天才で、1980年代は、ミュージカルは、NYブロードウエイから、ロンドンの時代になったのだ。

彼の作品は、CATSのほかに、エビータ(85)、スターライトエキスプレス(86)、オペラ座の怪人(89)、サンセット大通(95)などをロンドンの劇場で観ている。この中では「オペラの怪人」が断トツで、サラはこの作品でも主役を演じている。( )は私が観た年です。

CATSは、1983年に劇団四季が西新宿に仮設円形劇場を造って完璧なコピーを上演した。その後最近までロングランが続いた。また、添乗員時代には、ロンドンで何度もお客様をご案内したっけ。

この写真では今度はテレビの上の枠が映ってしまった。まだまだ練習がたりないねえ。


サラ・ブライトマン2008コンサート(1)

2008年冬のウィーン聖ステファン大聖堂のコンサート
5/3は、来客があり疲れたので、早く寝る積りだったのに、BSの映画「新平家物語」をちょっと見たら、面白くて最後まで見てしまった。この作品は、名匠溝口健二監督、市川雷蔵主演の1955年大映の映画だが、55年前の映画とは思えないテンポの良さで、エキストラの人数の多さや衣装、セットもしっかりとしていて素晴らしい映画だ。

12時を過ぎたら、なんと、サラ・ブライトマンの「プレミアムコンサート」が始まった。実は、この番組は2008年当時一度見ていて、感激したことを思い出した。これは、夜更かししても絶対見なければならない番組なのだ。

サラは、ロイド・ウエーバーの「キャッツ」、「オペラ座の怪人」等のミュージカル歌手として大成功を収め、その後ソロのソプラノ歌手として活躍している。2009年の日本映画「アマルフィ」や「坂の上の雲」でも主題歌を歌っている。

この写真は、テレビを撮影したものだが、先日の「ロイヤル・ウエディング」で腕を磨いたので、我ながらすごーく上手く撮れたと思うがどうでしょうか?黒のドレスに黒いネイル、とげとげの腕輪をして、ヘビーメタルの歌手みたいな迫力だ。

よく見ると、額にテレビの走査線が入り、下にほんの少しテレビの枠が映ってしまったのが残念だ。(2011/05/04)

2011年5月3日火曜日

展望台からの眺め

ヒルズ屋上から、東京タワー、浜松町方面を望む。
You can watch the view of all directions of Tokyo from the top of Roppongi Hills building.
300万画素の風景写真を拡大して見たら、ご覧の様な、霧にかすんだ景色になりました。でも、東京タワーがあるから、大体の方向が分かる。

















(1)タワーの右、後方の緑は芝公園。増上寺の屋根や大門もかすかに見える。その先の茶色の高層建築は貿易センタービル。そして浜松町、東京湾につながる。

(2)タワーの手前に見える緑は、国際文化会館。緑の中に白い建物が見える。その左と後方には東洋英和女学院。さらに左に行くと、ロシア大使館、旧逓信省、現麻布郵便局のビルが見える。

(3)タワーのずっと右手、ロケット型のビルは、三田のNECビルだ。更に右には、イタリア大使館、三井クラブ、慶應義塾の緑が続く。その手前が麻布十番である。
(2011/5/3)



2011年5月2日月曜日

ヒルズ屋上から三田方向を望む。The Top of Roppongi Hills.

老人会のメンバーは高いところが好きだ。
My old friends love the top of a high buildings.
ヒルズの屋上に登ったのは2回目だが、なかなか気持ちがいいね。
写真の二人は老人会のメンバーだが、普段見ることの少ない後ろ姿を撮ってみました。

地上では疲れていた様なのに、53階か54階のこの屋上に来たら元気になった。天国にも近いし、遠くのビルの名前を当てっこするのは楽しいからね。

この場所では、カメラマンがいて記念写真を撮ってくれる。後で、森美術館の入り口で、希望者に1500円で販売するのだ。いい写真が撮れた。完全な観光地だね。

The access of this place
It takes about 10minutes from Roppongi station on Hibiya Subway Line on foot. The entrance fee is 300Yen.






フレンチウィンドウ展 FRENCH WINDOW

森美術館でフレンチウインドウ展(3/18~7/3)を鑑賞

4/30、本年第2回の東中野老人会は、当初赤坂の「うまや」で実施の予定が、有楽町に変更になった。その前に、美術愛好家のK君の発議で、六本木森美術館の標記展覧会を鑑賞することになった。その理由の一つは、K君の会社が、森美術館のスポンサーなので、屋上見学も含めて半額で鑑賞できるということだった。だから、皆はフレンチウインドウとは何か知らないで集まった。

ダダイストにしてシュルレアリズムにも影響を与えた「マルセル・デュシャンの作品、フレンチウインドウにちなんだ名前」だとは、この展覧会チラシの解説だ。

(1)デュシャンの窓、(2)窓からの眺め、(3)時空の窓、(4)こころの窓、(5)窓の内側の5部構成の展示で、現代フランスのエキセントリックな一面を垣間見ることが出来る。

この展覧会を一巡して、ふと思い出したのは、40年以上前、1967年、まだ高校生だった時に京橋の近代美術館(当時は京橋フィルムセンターの場所にあった。現在の竹橋近代美術館の前身)で見た「ロシア革命50年展」である。まだ共産主義幻想にとらわれていた頃で、期待して観に行ったら、社会主義リアリズムのあまりの画一的陳腐さに愕然としたことを未だに覚えている。

多分その翌年に同じ場所で今度は「アメリカポップアート展」も開かれ、リキテンシュタイン、J・ポロック、ジャスパー・ジョーンズなどの作品を観て、そのイージーさに、今度は唖然としたのも覚えている。

ようするに、60年代から70年代は、体制の如何にかかわらず、美術の閉塞・貧困、行き詰まりの時代だったのだ。

そして2011年の今、眼前にある作品も、行き詰った資本主義の末期的症状を現わしている。1917年ロシア革命の年に発表され話題になった作品「泉」(便器)は、今では失笑を買うだけだし、「スコップ」や「消防ホース」をいまさら展示されても困るよねえ。

3/19に国立新美術館で見たシュルレアリスム展は、陳腐ではあるがまだノスタルジアを感じることが出来たのだが、このフレンチウインドウ展からは「意外性を狙った想像力の欠如」、「思いつきに頼った無力感」を感じる。

実は、デュシャンその人が、「芸術の陳腐さ」を嘲笑い、便器を出品したのに、それが芸術作品として一部の人々にありがたがられて、コンテンポラリーアートという「絵画市場」を形成し今日まで成り立っているのだからびっくりだ。
批判や反体制も含めて、なんでもかんでも商品化してしまう資本主義の貪欲さには驚愕する。

もちろん「思いつき」でも楽しければよいので、たとえば、「フラットワールド」は、大きな丸いテーブルに写真を沢山おいて、表裏に地球の反対側の航空写真を印刷して、めくって楽しむ趣向だ。10分位なら遊べる。

ニコラ・ムーランの「アスキタワー」は、ピョンヤンの建築途上の高層ホテルを沙漠にコラージュしたわりと完成度の高い作品だが、三陸沿岸の津波被害で「廃墟になったビルの上に巨大な船がのっかってる現実」には負ける。現実は、作家の貧困なイマジネーションをはるかに超えているのだ。

先日、原宿ラフォーレ美術館で観た「ヘンリー・ダーガー展」の方が独創的という点で衝撃度は数倍勝る。または、商業美術のディスプレイの方がはるかに洗練され美しい。
そして、おそらく、最高の衝撃度の作品は、報道写真でしょうね。なにしろ現実なんだから。

しかし、老人会で行くのなら、同じ日に根津美術館で見た光琳の「燕子花図屏風」の方がはるかに体にいいでしょうね。(2004/05/2)

2011年5月1日日曜日

No Festival in May. 青葉祭は中止。七夕は実施。

Because of the East Japan Big Earth Quake some Festivals in Tokyo or Sendai will be stopped in May.
Though they will have Summer festivals in Tohoku.

From May to August we have many festivals in Japan. But some of them will be stopped because of the damages of earth quake. One of my favorite one is Sendai AOBA MATSURI, Green Leaves Festa. Because it has started at 1985 when I had moved to Sendai on business. I had lived there for 20 years since that time.

I understand it must be very difficult for Sendai city to have a festival in May because the south part of the city is remained still very badly damaged by Tsunami.  But they say they will have Sendai Tanabata Matsuri in August a little bit in smaller scale.

In Tohoku area there are Four Big Festivals in summer time.
They are Tanabata in Sendai, Kanto tall lantern Festival in Akita, Nebuta in Aomori and Hanagasa dancing festival in Yamagata. I expect they will have these festivals in August.

But I was disappointed to hear that The Sanjya-sai Matsuri of Asakusa or Ginza Yanagi Festival in Tokyo will be stopped. Even though there is no damage in Tokyo so that we don't need to stop the festival in Tokyo.

The festival is a expression of Thanks for the rich harvest and Pray for the safety and the friendship in those areas, local towns or each small villages. We need them in such a situation.

「浅草三社祭」が中止というのは聞いていたが、5/5の「銀座柳祭り」も、5/15の「仙台青葉祭り」も中止だって。確かに、「青葉祭り」は難しいかもしれないが、東京のお祭りは皆な自粛なのかなあ?
さっき、テレビで鴨川の「床開き」のニュースをしていたが、「祗園祭り」はやるんでしょうね?

ところで、「仙台青葉祭り」は、1985年から始まった比較的新しいお祭りだ。なぜ知ってるかというと、1985年に仙台に転勤になった時、新幹線の上野発着と同時に、このお祭りが始まったからだ。それから26年、四半世紀にして初めて中止というわけだ。残念。

ただし、8月の仙台七夕は規模縮小で実施すると聞いている。となると、その他の東北夏祭りはどうなるのか?青森ねぶた、盛岡さんさ祭り、山形花笠踊り、秋田竿灯etc。 これらのお祭りが、東北の観光業正常化のキッカケになるといいですね。
(2011/05/01)