2012年5月31日木曜日

灯籠ウオッチング(5)

The Stone Lantern at Nezu Garden(5)
Dear New visitors to my poor Blog, I noticed that you are interested in my blog because of its photos.

I really recommend that you should come to Tokyo where you will find both very New and Old, Modern and Traditional , both Artificial and Natural, Beautiful and Ugly.

There are some nice Japanese Gardens where you can imagine the peaceful old days where is no Radioactive Contamination or Melt down of Nuclear Plants. Even though we have had many big Earth Quakes.

The Garden of Nezu museum at Minami-Aoyam in Tokyo is one of my favorite Japanese Gardens in Tokyo. Which is not so big and there are many stone lanterns which are very suitable against shining green in early Summer.

灯籠ウオッチング(4)

The Stone Lantern at Nezu Garden(4)

灯籠ウオッチング(3)

The Stone Lantern at Nezu Garden(3)
庭園の緑の中に苔むして佇む姿は、宮崎駿の名作アニメ「天空の城ラピュタ」に登場する、ロボットに少し似てる。

This Stone Lantern standing in a green garden reminds me the Mechanical Monster Robot in the famous Animation, TENNKU no SIRO RAPUTA, Laputa the Air Castle by MIYAZAKI HAYAO.

灯籠ウオッチング(2)

The Stone Lantern at Nezu Garden(2)

灯籠ウオッチング(1)

The Stone Lantern at Nezu Garden(1)

根津美術館

南青山根津美術館の玄関の舟形石と灯籠
The Boat shaped stone and Stone Lantern at the Entrance of Nezu Museum
5月20日、尾形光琳展の最終日に、根津美術館に出かけた。同美術館所蔵の国宝かきつばた屏風と、ニューヨークメトロポリタン美術館の八橋図屏風が、並んで展示されるのだ。

昨年、3.11の地震の影響で中止になったいわくつきの展覧会である。なにはともあれ、光琳作の二つの屏風(六曲一双)が時空を超えて再会できたのは喜ばしい。

さて、この入口の舟形石と灯籠だが、ちょっと物足りない。というか、バランスとして、灯籠がどうも落ち着かないのである。背景に緑が少ないのも淋しい。

携帯カメラに、素敵な石灯籠の写真が沢山残っていたので、何枚か紹介します。

You can enjoy many types of Stone Lantern in the garden of Nezu Museum. May is one of the best season for this garden because of it's beautiful Iris flowers in the Pond.


五月を振り返る。

The News Review for these 5 months, most of them are Bad News.
2012(平成24)年も、あっと言う間に半年が過ぎようとしている。
この5カ月で、自分の生活に影響のあるニュースについてまとめてみますが、ほとんど悪いニュースなので、とても気が滅入ります。

1.首都直下型地震の被害想定が深刻化。
The Possibility of the M7 Earth Quake at Metropolitan area is very high.
一年間で大小合わせて7000回の地震が発生している日本列島。首都直下地震の発生確率は4年以内に70%と言われて大騒ぎになったっけ。そして従来よりも浅い場所で地震発生する可能性が強まり、内閣府の想定する「東京湾北部地震」(M7.3)の23区の想定震度は、6である。
冬の夕方の想定では、(1)建物の被害(倒壊・焼失)85万、(2)死者11000人、(3)負傷者21万人。(4)経済被害112兆円、(5)避難750万人、(6)帰宅困難者650万人。

・・・我が家の場合、相対的に安全な地域(震度6弱)だが、よく出かける繁華街で地震にあったらどうしようもない。特に、地下鉄に乗ってる時がこわい。

2.福島第一原発4号機の核燃料プール倒壊の危険性
The Damage should be huge in case of the Collapse of the Nuclear Fuel Container Pool at FUKUSHIMA Nuclear Plant #4.
ニュース映像で見ると、爆発でぼろぼろになった原子炉建屋の4階のプールはシートに覆われて野ざらし状態。三階で、鉄パイプのつっかい棒で補強してるから大丈夫と言うのだが、どう見ても心配な様子だ。このプールが倒壊して、大量の使用済み核燃料が露出した場合、首都圏も放射能汚染され、3000万とか6000万人とかのレベルで避難するという。

・・・7月に試験的に、1500本の燃料棒のうち、2本を取りだしてみるそうだが、落とさないでほしい。また、作業中に地震が発生したらどうなるんだろう?大阪の親戚を頼るか?

3.異常気象
Unusual Weather include Tornado in Japan.
地球温暖化の影響で、異常気象が頻発すると言われていたが、その通りのことが日本でも起こっている。天気予報では、観測史上初めてという現象が多く報告されるが、先日のつくばの竜巻は驚いた。50トンの民家の土台がひっくり返された。

・・・この竜巻が、福島浜通りで発生したら、あのぼろぼろ建屋はどうなるんだろう?あと、先週来、雷も多いよね!

4.ギリシャ経済の破綻による、ユーロ危機の影響
The Affection of the Euro Crisis started from Greece.
紀元前4世紀に、ソクラテス、プラトン、アリストテレスなどの偉大な哲学者の生まれたギリシャの現状は、財政が破たんし、デフォルト(債務不履行)を欧州中央銀行の介入によってなんとかしのぐ危機的状況だ。人口わずか1100万人、歳入の7割を観光に頼るこの小国の動向が世界恐慌を引き起こしかねないと言われる。

・・・2007年にイタリアに行った時、1ユーロは160円位だったと思う。さっきテレビで見たら100円を切っていた。同じくドルは、80円を切った。この1カ月の動きは急である。
ガイド料をドルでもらったけれど、その価値はどんどん下がるから、早く円に変えた方がいいというわけだね。同じことが、国際的規模で発生して、日本経済に影響しているわけだ。


5.年金制度をめぐる心配なこと(1)
The Pension Problem in Japan
3月のAIJ投資顧問による、企業年金基金2000億円の損失事件はびっくりした。この投資顧問会社の浅川社長と、旧社会保険庁OBのコンサルタント石山氏他が、国会の委員会に参考人として呼ばれたが、その答弁にもびっくり。「だましたつもりはない」から詐欺罪にはならないというのだ。そして本人が高額の給与を得ていたのも法律的には何ら問題はない。

240%?の運用利回りがあるからと嘘言って、124の企業年金から1984億円を集めて、運用の結果、失敗して0になったけど、罪に問われないというのだ。一か月の業務停止命令は出たけどね。なお、関係者には、大手証券会社社会保険庁のOBが多数かかわっていたという。

ようするに、中小企業の従業員が、老後資金としてこつこつ積み立ててきた虎の子を、「もっと儲かりまっせ」と言って、運用を引き受けたが、折からの世界経済の悪化によって、如何ともしがたく、運用に失敗したので、「ごめんなさい。一銭もなくなっちゃいました」「残念でしたね」というわけだ。

これって、和牛オーナー制度で行き詰った安愚楽牧場みたいだけど、手口はもっと悪質で、おれおれ詐欺みたいなもんだ。

6.年金制度をめぐる心配なこと(2)
The Pension Problem 
だが、期待していた老後を、さらに大規模に脅かすのが、国家によるおれおれ詐欺ともいうべき、年金制度のなし崩し的崩壊がある。破綻とまでは言わないけどね。

すなわち、長期にわたるデフレと、少子高齢化のために、収入が減って支給が増えるので、(1)年金の負担額を増やす。(2)年金の支給額を減らす。(3)支給を遅らせる。という対策を取らざるを得ない。その結果、例えば小生の場合、36年にわたって年金を支払い続けてきたのに、支給額は60~65までは、今話題の「生活保護費」以下というわけだ。

2004年の自公政権は、「100年安心」と言う年金制度改革を実施。これは、標準世帯の年金給付が、「現役世代の50%の収入を確保し、厚生年金の積立金は100年は持つ」というものだ。だが、多くの識者の指摘にあるように、想定が間違っていたので、2050年くらいまでしかもたないらしい。

まあ、それまで生きてないとは思うけど・・・。大体、100年先のことってわからないでしょ?

7.消費税増税、電気料金値上げ
もう嫌になってきたから止めるけど、以上みて来たように、おい先短い小生の目の前には、地震、原発、円高、年金と、多くのリスクが立ちはだかっている。

それにもかかわらず、目の前の危機はすぐに忘れて、楽しく毎日を送ってしまうのが、なんだか怖い。昔から、「いやなことからは目をそむけ、その日その日を楽しくくらせればいい」と思っていたけど、江戸っ子だねえ。(宵越しの金は持たない)

・・・というわけで、古代ギリシャの哲学者、ヘラクレイトスの言葉、「万物は流転する」でこの章を終えることにします。

2012年5月29日火曜日

コンラッド東京のアフタヌーン

東中野老人会の午後のお茶会
The Afternoon Tea at Conrad Tokyo
何故か分からないけど、東中野老人会のメンバーである小生は、この日、汐留のコンラッド東京28階にて、お茶してました。

初めてこのラウンジに来た時、夜景の見事さに息をのんだことを思い出す。一度、アフタヌーンティーを頂きたいと思っていたのだが、友人夫妻と来れたので満足。

お茶とケーキなどのセットで3,950円というのは、べらぼうだ。でも、5人で、セット2つと、二番つみ紅茶、アールグレー、ワインを頼んで、割り勘にすると、2,440円だから、2時間ねばればいいか?

写真は、二人分のプレート。わりと賑やかですね。小生は、いち早く、ゼリーのカップを確保しました。

この後、浜離宮に降りて、船着き場から浅草に向かい、船上からスカイツリーを眺めるのがおすすめコースです。
(2012/5/27訪問)



東をどりより、川びらき(2)

川びらきより、遊女と女将
The Beautiful Characters of KAWA-BIRAKI(2)
歌麿の浮世絵から抜け出たような二人の女性。
右から、遊女(喜美勇)、女将(加津代)

This dance was expected from two Kiyomoto Songs, "Sanjya-Matsuri" and "Kashiwano Wakaba"
About 50 years ago, very famous three Geisha of Shinbashi Area, Kohina, Kochiyo and Sekiya did the dance titled Edo no Nigiwai, the Bustle of Edo, as Su-Odori style. and it was favorably received by audience.

The end of last year, one of three, Sekiya passed away. All of them are no longer with us now.
Then this dance was made being changed into different appearance, with the meaning of the hommage for them and services for their departed soul.

(英語解説より引用させて頂きました)

東をどりより、川びらき(1)

東をどり一幕二場は、清元の「川びらき」
The Beautiful Characters of KAWA-BIRAKI(1)
解説によれば、「之は、清元の「三社祭」と「柏の若葉」からの抜粋ですが、今を去る50年ほど昔に、新橋の小ひ奈小千代せき弥と云う三名妓の為に「江戸の賑わい」と云う題で、素踊りとして構成上演したところ大好評を得た」そうです。

「昨年秋に最後のせき弥さんが亡くなったこともあり、三人への供養の意味も込めて、趣を変え、歌麿の描く五人の女が、両国の川開きという夏の情景を艶っぽく表現した」とのお話です。(振りつけは花柳寿輔さん)

写真の右から、芸者(さより)、水茶屋女(香子)、(くに龍)、衣装と髪型で、その女性の職業、社会的な地位が分かります。


2012年5月27日日曜日

東をどり初日(4)

のりえ姐さんのお点前とはんとうの喜美丸さん。
The TEA CEREMONY at the break of the Show.
お座敷のセットでのお点前(江戸千家)はとても素敵ですが、初日の初回とあって、お客様は大変な人数でした。

順番を待つ列は、まるで満員電車並み。それでも、正面の席に座れたのでよかった!
お菓子は虎屋のおまんじゅう。

東をどり初日(3)

2階ロビーにて、ポーズをとる芸者さん。
You can ask her to take a photo together which will be a nice memory.
初夏に相応しい明るいお召し物に、団扇が粋ですね。京都のはんなり愛らしい舞妓さんとは違った、すっきり、きりりとした風情が江戸(新橋)の粋ではないでしょうか?

本日のプログラムは、序幕(前半)が、「静幻想」(しずかげんそう)、「川びらき」、休憩を挟んで二幕は「お好み春夏秋冬」として、第一景「日本橋」、第二景「花」、第三景「吉原」、第四景「両国」、第五景「紅葉」、そして第六景フィナーレ「花の賑い」と息をのむ華やかな舞台。
最後に、ご挨拶口上と、全員でのお手を拝借で、お仕舞いとなります。

東をどり初日(2)

東踊りの楽しみ方
How to Enjoy the Azuma Odori Show.
You can enjoy the show not only the dance but also the Tea ceremony served by Geisya girls or Rich Lunch Box 
(1)期間 5/27-30 のわずか4日間。ネット注文の苦手な私は、前売り発売日の4/13に演舞場に行ったが、その時点ですでに大半が売れてしまっていた。

(2)料金 7,500円の桟敷席から2階脇、3階席のC席2,500円まで4段階だが、ネットで注文出来る、お料理付きの20,000円席(注-1)は、すぐ完売とのこと。もちろん我々は、一番安い3階席、2,500円です。いつか、桟敷席で見物したいなあ。

(3)料亭のお弁当・・・六料亭の松花堂(5,500円)と鮨折(2,000円)から選べる。もちろん我々は、2,000円のお弁当だったが、それでも決心がいった。だって通常は、歌舞伎座前の弁松で600円の幕の内なんだからね。(写真右上のお弁当箱)

(4)芸者衆のお茶席・・・二階のお茶席で、芸者衆のお点前を楽しむのも一興。チケットは、ちょっとお高い1,000円。(写真右下のお菓子がお点前券)

(5)お土産・・・いろいろあるけど、芸者さんのチョコレート(1,000円)がお薦め。写真のタブレット、右上から小いく、静香、左上から時計回りに、かつよ、きみ鶴、のりえの各お姐さま。

(注)写真の品々は、当日舞台から投げられた手ぬぐいの上に並べて撮影しました。


東をどり初日(1)

第88回「東をどり」初日の新橋演舞場入場風景
The First Day of AZUMA ODORI, The Dance of SHINBASHI Geisya Girls in Tokyo.
毎年5月末の数日間、一見御断りの新橋花柳界が開放され、本物の芸者さんを間近に、江戸文化の粋をほんの少し味わえるのが、新橋演舞場の「東をどり」である。今年は88回目のめでたい節目の年。

昨年に引き続き、今年は、友人のA氏、K氏の両夫妻とともに見物に出かけました。デフォルト状態はほとんど改善されていない小生にとって、ちょっと贅沢なのでは?という批判も一部にあるし、ユーロ危機の進行や福島原発4号機の核燃料棒の保管状況も気になるが、今日はすべて忘れて、江戸時代にタイムスリップするのじゃ。

Azuma Odori Dance Show is a special chance for us to meet the Traditional Geisya Girls of SHINBASHI in Tokyo.
Because it is very expensive to meet and enjoy their performance in Ozashiki of Ryotei, the room of the special expensive traditional Japanese restaurants in Shinbashi area.
(2012/5/27)

  



2012年5月24日木曜日

The Bamboo Sky Tree

竹細工のスカイツリー
The Bamboo made Lighting designed the image of Tokyo Sky Tree.
スカイツリー4階の、展望室入口の壁際に並んだ工芸品彫刻(?)の中で特に綺麗に撮れたのがこの竹細工の照明器具。彫刻ではないけど、ラベルがないので、街角彫刻に分類しました。
さて、気が付くと5月もそろそろ終わり。また、無為な日々を過ごしてしまった。そこで、例によって認知症予防の記憶力回復訓練(一か月の振り返り)をしてみる。

5/2悪天候の中、上野国立博物館にてボストン美術館の日本美術コレクションを観賞。5/3は大雨になる。そのため、4/3の大雨と記憶が混同した。5/5、いい天気。連休真っただ中の国立新美術館にセザンヌ展を見に行くも入場断念。かわりに、乃木神社訪問。

5/6午後、急に雹(ひょう)が降ってきた。筑波では竜巻発生
5/11歯が欠ける。5/12東京下町のお祭りのさきがけ、下谷神社に出かける。足を延ばして、浅草観光センター訪問。

5/15母の通院につきそい。ご近所の評価が高まる。
5/16~18、ボニーとビルの東京見物に同行。銀座、お台場、浅草と観光。浅草では、観光センター再訪

5/19憲法フェスティバル。新井満さんの歌を聴く。久しぶりに夜の銀座。5/20根津美術館。尾形光琳の屏風2枚。この週末は好天にめぐまれさわやか。ご近所の秋山庄太郎美術館も訪問。

ガイドのアルバイト代***ドルの入金があったが、ユーロ不安による急激な円高により200ドルが15000円と聞いてがっくり。また、うなぎの値段が1.5倍に高騰してるのに茫然。(1ドルを円に交換すると80円くらい?)

5/22あいにくの雨の中、Y先輩と東京スカイツリー開業見物に行く。前田社長は展望台に上ったらしい。少しうらやましい。帰りに浅草によって、今月3回目の観光センター展望室訪問。閑散として、老人グループのたまり場となってる。久しぶりに駒形どぜう。寒い日だったので七輪が暖かかった。

5/24母の米寿。本人の意向で、特にイベントはないが、離れた親類とスカイプ、電話でお話しました。新しいテレビ、新しいドアホンなど、母も私も使いこなせず困っています。


2012年5月22日火曜日

スカイツリー彫刻, SKY TREE ARTS

スカイツリー4階、展望入口の展示彫刻作品。
The Arts of SKY TREE Image exhibited at the Entrance Floor of the Tower Observatory.
東京スカイツリーをモチーフに、彫刻、工芸品がずらりと並んでいる。
共通するのは、縦長のタワーを思わせる形だ。

Bill and Bonnie who stayed from 16 to 18 May in Tokyo enjoyed the view of Tokyo Sky Tree from the sight seeing Center at Kaminari-Mon Gate in ASAKUSA. But they couldn't enter the Tower because the grand Open was May 22, after they left to Russia.

Gunter and Ellen are able to come here in October, and Paola and Mario also can if they visit Tokyo again in spite of the possibility of M7 Earth Quake in the near future.

This tower is strong against the Earth Quake which is showed at the moment of the disaster last March. At the day 11th March 2011, the Sky Tree Tower was still under construction.

The staffs and workers felt fear of course but the tower was quite OK. Till the end of March they continued the building up the tower to the end, 634m high.

TOKYO SKY TREE GRAND OPEN

The 634m high Tokyo Sky Tree, the Tallest TV Tower has just opened today in Tokyo.
It was unfortunately cloudy today in Tokyo so that the top of the tower was in the rain cloud.
It was impossible to see the Mt,Fuji at all.
今日は、スカイツリーオープンの初日。行列の嫌いな小生だが、職場の先輩で下町に詳しいYさんが、ソラマチに行こうと言うので、思い切って出かけることにした。

幸か不幸か、肌寒い雨の日となって、しかも平日なので、思ったほどの混雑ではない。もちろん、展望台には行けないので、下界の商業施設、ソラマチを見学するにとどめた。

4階のスカイツリー入口フロアで、展望台に行く人々の熱気を感じてから、3階のタベテラス(食堂コーナー)、2階のフードマルシェ(食品売り場)を見学。ここはとても混んでた。

往路は、日暮里から都バスでスカイツリーまで。帰路は東武線で浅草へ。電車はがらがらでした。


2012年5月20日日曜日

Golden Shadow Boat at NEZU museum.

年金生活者の一週間。One Week of a Pensioner.
The Golden Shadow on the POND of NEZU Museum at MINAMI-AOYAMA in TOKYO
先週は、いつもは暇人の小生が、めづらしく忙しかった。
Monday,  I went to the Dentist
Tuesday,  Gardening in my yard.
from Wednesday to Friday, Tour Guide for Bill and Bonnie.
Saturday, Supporting the Constitution Meeting, lecture and concert.
Saturday Evening, English class at Ginza.
Sunday,  Exhibition of OGATA KORIN at Nezu Museum.
Sunday afternoon, AKIYAMA SYOTARO Photo Museum.   



月曜日は、歯が欠けたので、歯医者に行き、火曜日は庭の雑草を取り、水曜日から金曜日までは、アメリカからのゲストのアテンドで、久しぶりに成田空港やお台場に行き、浅草三社祭初日の浅草寺にも行った。

土曜日は、知り合いに貰った「憲法フェスティバル」の集まり(虎ノ門ニッショーホール)に参加して、新井満さんの「千の風になって」の独唱・女性噺家の古今亭菊千代さんの落語・制服向上委員会の「脱原発の歌と踊り」などを聴いた。

普通、直木賞を取った作家は、次は大仏次郎賞とか野間文芸賞を狙うらしいが、新井さんはレコード大賞(作曲賞)を取ってしまった。興味深いお話でした。声もいいですね。また、制服向上委員会は、すごく地味なアイドルグループだが、過激な歌で驚いた。

そして、本日、日曜日は、根津美術館の「尾形光琳展」で二つの杜若屏風を観賞後、ご近所の秋山庄太郎写真美術館を訪問。学芸員のUさんの興味深いお話を伺った。

「尾形光琳展」は、昨年、震災のために立ち消えた、メトロポリタン美術館所蔵の八橋図屏風と、根津美術館の燕子花図屏風、いずれも六曲一双(つまり12画面)の見事な屏風を並べて展示するという、日本画ファン必見の豪華な展覧会。本日が最終日なので、がんばって出かけました。

そして、展覧会観賞後の庭園散策では、例によって石灯籠の写真多数を撮影。写真は、久しぶりの根津美術館の池に、五月の陽光を反射して浮かぶ和船です。ビルとボニーが乗って行った客船、シルバーシャドーと比べるとあまりに小さくて可愛らしい。





2012年5月19日土曜日

シルバーシャドー

BON VOJAGE Bill and Bonnie
Their Ship, Silver Shadow has started from Tokyo to Russia and Alaska for two weeks cruising.













The Review of their Three Days Trip in TOKYO
16th May.
Arrived at Narita. Check in the Hotel.
Keisei Sky Liner from Narita to Ueno.
Sight seeing of Imperial Palace and Nihon-Bashi bridge from Taxi from Ueno to Ginza.
The dinner was SUSHI at FUTABA-ZUSHI in Ginza.
17th May.
Sightseeing of Modern Tokyo of ODAIBA from YURI-KAMOE Line, 
Lunch at KAZAHANA, Japanese Restaurant of CONRAD TOKYO.
HAMARIKYU Garden.
Check in Silver Shadow.
18th May
Sightseeing of Traditional Tokyo, ASAKUSA
Senso-Ji Temple, Naka-mise shopping street, Information center.
Lunch at DAIKOKU-YA Tempra restaurant.
Departure for Russia and Alaska for two weeks Cruising. 

Quick Trip Tokyoは、外国人観光客の要望に答えて、旅のアドバイスをしていますが、最近は、デンマーク人カップル、マレーシアのファミリーなどのご要望に応えてきました。

今回の、ボニーとビルの場合は、スクーターでの移動が心配されましたが、銀座地区は平らで、段差や坂道がなく、駅にはエレベーターが完備していてほとんど問題はありませんでした。特に、ゆりかもめの乗降に際しては、安全に配慮した対応で感心しました。

また、浅草は三社祭の初日だったので、比較的混雑も少なく、観光センターの展望室にも行けてよかった。これが、1日ずれたら、大混雑だったでしょう。本堂脇にエレベーターがあるのも初めて知りました。みんなでお賽銭を投げて、お祈りして、ろうそく(50円)も上げて、おみくじもひきました。

鮨は、どこにすべきか迷いましたが、木挽町の二葉鮨で正解。スクーターもOKだし、カウンターで楽しめました。予算も極めて良心的。

天ぷらは、浅草なので大黒屋にしましたが、少し反省。名物や人気店にうまいものなしと言いますが、専門店のカウンターで揚げたてを頂くべきでしたね。

コンラッド東京28階の日本料理「風花」は、料理は普通ですが、景色と環境が素晴らしく、とてもいい気分。和服のお姉さまに頼んで一緒に写真も撮りました。

この後、お二人は、晴海ふ頭に到着した豪華客船「シルバー・シャドー」に乗って、2週間のクルージングに出かけます。ボン・ボヤージュ!
(2012/5/19)








2012年5月18日金曜日

Quick Trip Asakusa(6)

てんぷら大黒屋の前で雨に会う。
There came a sudden rain in front of DAIKOKUYA TENPURA Restaurant.
Bonnie wore the Anti Rain Poncho and Bill wore a Cowboy Hat.
Their preparation was perfect.

天ぷらが食べたいという、ボニーのリクエストに従って、この日のお昼は、大黒屋別館に入る。本店は長蛇の列だが、別館は空席も目立つ。小食のボニーは天ぷらだけ注文。ビルも天ぷらのみ注文。小生は天丼と小鉢を注文して、ご飯を3人で分けた。

ボニーは箸がうまく使えないので手で食べてると、隣に座ったおじさんが、橋の使い方を教えてくれた。ビルはすぐにマスター。小生は箸の持ち方が間違ってることが分かって愕然。

この後、大黒屋の新しい割り箸を貰って、お土産にした。さらに、仲見世でも、箸を購入しました。

Quick Trip Asakusa(5)

Bonnie, the Easy Rider running over NAKAMISE shopping street with her Super Scooter.


Quick Trip Asakusa(4)

エレベーターで浅草寺本堂に上がったボニーとビル。
B & B in the main hall of SENSO-JI TEMPLE with OMIKUJI in her hand.
The super scooter came here by the Elevator in the left side of the temple. Yes, Senso-ji Temple is a Barrier Free Temple.

After praying their happiness and richness Bonnie got a OMIKUJI, the Fortune Teller Paper which tells that she is small Lucky.

There are Big Lucky , Middle Lucky and Small Lucky. She is still happy with small Lucky. Because there are also Big Un-lucky, Middle Un-lucky and Big Un-lucky in OMIKUJI.

Quick Trip Asakusa(3)

B & B in front of the KAMINARI-MON Gate.
The Red Big Paper Lantern is folded because the OMIKOSI, moving shrine and the parade will go through this Gate.

東京のガイドブックに必ず載っている観光地の一つが雷門である。初めて日本に来たビルとボニーには、どうしてもこの写真が必要でしょう。雷門の大提灯は、お神輿が通れるように畳まれています。

三社祭初日の午前なので、この程度の混雑ですが明日、あさっては通れないくらい混みあいます。特に日曜日は、二年ぶりの宮入で三基の神輿がこの門を潜ります。

Quick Trip Asakusa(2)

B & B with the 634m high TOKYO SKY TREE.
At first I am a little bit anxious about to come here by Bonnie's Super Scooter. But there is no Barrier here. No steps at the entrance and the Elevator Size is enough wide and every body was very kind and helped the scooter.

To take this photo, B & B with SKY TREE is one of the purpose of Today's Mission.
Tokyo Sky Tree will open just next Monday. 

Quick Trip Asakusa(1)

Bonnie & Bill at the Top of ASAKUSA Sightseeing Center.
From this new building you can see over the ASAKUSA.
The Third day was the day of sight seeing of Traditional Old Tokyo.
We started at 10am from HARUMI Pier by Taxi to Asakusa. It took about 30 minutes from Harumi to KAMINAR-MON Gate.

At first we went to the Viewing Room at 8th floor of the Sightseeing Center and took a cup of tea or coffee enjoying the nice view of NAKAMISE street and Pagoda and SENSO-JI temple.

We were very lucky because this floor will be closed tomorrow and Sunday. Because the SANJYA MATSURI festival have just started today and huge number of people would come on this weekend.

So that they are very anxious that too many people would like to come this small room and it must be deadly crowded that is too dangerous.
(2012/5/18)



2012年5月17日木曜日

Quick Trip Ginza Second Day(4)

The Matrix Hero and Heroine crossing the road near HAMA-RIKYU-Garden with her Super Scooter.
国際展示場では係員が待っていてくれた。無事ホームに降りた我々は、今度は「反対側の先頭に乗って帰り、汐留で降ります」と告げた。ここまでの乗車賃を請求されるかと思ったが、ゆりかもめは、そんな細かいことは言わずに、ただちに汐留駅に連絡してくれた。太っ腹だね。
途中、晴海ふ頭方面を眺めると、これから乗船するシルバーシャドー号(注-1)もすでに接岸しているのが見えた。
さて、汐留駅で四度スタッフに助けられて無事下車した我々は、コンラッドホテルの28階で東京湾を眺めながらお茶する積りだったが、時間も昼どきなのでここで昼食にしようということになった。

スタッフのお姉さまが説明してくれて、ゴードン・ラムゼイ(英国)、チャイナ・ブルー(中華)も魅力的だが、やっぱり日本料理がいいので、日本料理の「風花」にてランチをとることにした。ビルは、午前中、180円しか使わなくてすごく得した気分なので、4000円のランチでもいいやと考えたようだ。(注-2)

風花にもスクーターで乗りこんだが、全く問題なし。眺めの良い椅子席に座ると、スクーターはスタッフルームに移動してくれた。

食事が済んだのが1時。すぐ向かいの浜離宮を散策しながら、ホテルに戻ることにした。写真は、浜離宮を後にして銀座方面に向かっているところ。このスーパースクーターは砂利道も平気だった。(2012/5/17)

(注-1)シルバーシー・クルーズの船はみんなシルバーを冠した名前です。明日の夕方、ウラジオストックに向けて出港予定。

(注-2)現在の小生の財政状態では、コンラッドは論外だが、なぜか、「ゴードン・ラムゼイ」も「風花」も招待されてタダ飯である。ということは近い将来、再び誰かが、ミシュラン1つ星の「チャイナ・ブルー」に小生を招待してくれるというわけか?


Quick Trip Ginza Second Day(3)

ユリカモメ先頭の座席から汐留駅を見る。
Bonnie and Bill and I enjoyed the wonderful View from YURI-KAMOME Line.
遊園地の中に、園内一周するモノレールがあるけれど、ほとんど同じだ。しかも、ベイブリッジ、お台場公園、ガンダムなど、景色は素晴らしい。ビルは特に、ベイブリッジ手前で線路がくるりとループを描く箇所が気に入った。

This Automatic Train is almost same with the Train Ride at Amusement Park.
We could enjoy the view of Bay Bridge, ODAIBA Park and the big  GUNDUM Robot etc.
Bill loves the Loop of the Line before the Bay Bridge.




Quick Trip Ginza Second Day(2)

ゆりかもめの窓から東京湾観光を楽しむ。
Bill sits on the driver's seat of YURI-KAMOME Train which run on the Tokyo Bay.
2日目の今日は、10時にホテルロビーに集合。午後3時に戻って、シルバーライン豪華クルージングの客船にチェックインするのが本日の予定。従って、Quick Trip Tokyo社の担当するのは、10時から15時までの5時間。その間にランチも入る。
ボニーがかなり疲れているので、今日は疲れないプランにする。すなわち、新橋まで歩いて、「ユリカモメに乗って、お台場、東京湾を車窓観光する」のだ。しかも、終点まで行って、戻ってくれば、料金も180円しかかからない。

ところが、エレベーターで改札に来ると、駅員が待っていて、「乗車下車に際して、車いす用のボードを用意するから、どこに行きますか?」と聞かれた。うーん、この電車は無人なので、監視体制がしっかりしてるんだね。車いすならぬスクーターの乗客がいることをどこかで見ていたんだ。

京成スカイライナーとは異なり、スクーターでの乗りこみは問題なし。ただし乗車、下車に際しては係員が来て、一旦列車を止めるという安全管理をしているんだ。流石ですね。

そこで、とっさに、国際展示場まで行きますと言った。180円の切符しかないのだが。すると、次の列車の先頭の席を用意してくれて、スクーターも椅子の間にぴったり収まった。(分解しなくていい)
さらに、展示場駅で係りが待ってるとのこと。いやー、至れり尽くせりですなあ!(lol)







Quick Trip Ginza Second Day(1)

出発前に三井ガーデン16階から、海側を眺める。
The View from the 16th Floor of MITUI GARDEN GINZA.
Yesterday Bonnie was exhausted after 14 hours Flight from N.Y. and wandering around Night Ginza. So that they couldn't go to Tukiji-market which is quite near from their hotel.

According my plan, there are some plan which I don't attend because it doesn't need Guide. I recommend them that they should go to Tukiji Market in the morning. But only out side of it. because it is impossible to go inner area on scooter.

The most important thing to enjoy there stay in Tokyo is to trip  safely and healthy.
Today I decided to plan very easy one which Bonnie doesn't need move so long on her scooter. 
(2012/5/17)


2012年5月16日水曜日

二葉鮨の前で

銀座の鮨の原点、二葉鮨のお店の前で。
Bill and Bonnie in front of FUTABA-SUSHI restaurant in GINZA.
We have enjoyed one of the oldest SUSHI RESTAURANTs in GINZA. The master is the Fifth of this SUSHI restaurant which is 130 years old.
The Building is almost 60 years old and the atmosphere is just SHYOWA! How cool the scooter is!

銀座の横断歩道と歩道の段差はなくて走り易いが、スクーターで行ける寿司屋はそんなに多くない。1階であること、段差のないこと、入口の広さなどがポイント。なんと、銀座で一番古い二葉鮨が、これらの条件をすべてクリアしていたのだ。

今回は期せずして、銀座の街の「バリアフリー度」の調査となった。和光ビルは、スクーターで上等の絨毯の上を走ってもOK。木村屋は混雑して狭くて無理。ミキモトは段差があって入れない。三愛一階のドトールは、テラス席があってすごく便利だ。



二葉鮨にて

BONNIE and BILL at FUTABA SUSHI.
We came here because Gunter and Ellen recommend.
The master explained the SUSHI-NETA, the kinds of fish and shells in English.
The beautiful Counter is lacquered  in Black and Red and the white wooden counter is curved.
The restaurant was not crowded when we came at 6 pm but in 7pm it became crowded.

You can see the scooter behind Bonnie. It is very convenient for us to be bale to come in the restaurant riding scooter. (2012/5/16)

BONNIE AND BILL FROM NY.

QUICK TRIP TOKYO accepts wonderful Guests from NY.
マイアミ大学の教授夫妻、ビルは経済学、ボニーは科学者だが、詳細は小生の英語力では理解できなかった。明日もう一度聞いてみる。ビルは北欧系で長身。ボニーはスクーターでやってきた。このスクーターは3つのパーツに分解して運ぶ。時速20Km。

最初は2時45分のリムジンホテルまで直行する予定だったが、2時間かかるし、カスタムから出てきたのが2時40分だったので、乗り換えがあるけど、スカイライナーに挑戦することにした。安いし、日暮里まで36分だからね。

ところが、スカイライナーはスクーターの乗りこみは禁止されているという。でも、なんとか言い訳して、乗せてもらった。車内はがらすきだったから、問題なし。

途中で方針を変えて、終点の上野まで行ったが、日暮里では、職員が降車の手伝いのために待っていてくれた。訳を話してお礼したけど、親切だね。京成はなかなか融通がきくしサービスもよろしい。

(注)スクーターの直接乗り入れは、京成の普通列車ならOK。また、全席指定のスカイライナーでも、乗車してから邪魔にならないように分解すればOK。

京成スカイライナー

日暮里から第二ターミナルまでわずか36分。車内はガラガラです。

京成スカイライナー

2012年5月14日月曜日

ショックドクトリン再読(1)

1.ナオミ・クラインの本「ショック・ドクトリン」(岩波上下各2500円)
昨年読んで感銘を受けた本の一冊、ナオミ・クラインの「ショック・ドクトリン」を部分的に再読した。
ナオミ・クラインは、カナダのジャーナリストで、反グローバリゼーションの活動家でもある。

内橋克人氏が、帯広告に寄せた文章が、本書の性格を要約している。曰く、
「格差」と「異変」をお狩り場にするマネー資本主義の正体。国と国、人と人。あらゆる「格差」を衝いて自己増殖するマネー。そして戦争、恐慌、巨大災害、人間の不幸を「利益チャンス」の餌食に変える新自由主義の酷薄。「創造的復興の欺瞞」を剥ぐ本書の警鐘に多くの日本人が覚醒させられるだろう。(一部省略)

実際、小生は本書を読んで覚醒させられたと思う。眠たい人にはおすすめです。

2.私の三つの疑問
さて、小生が永らく疑問に思っていたのは、
(1)世界には、豊かな国貧しい国(露骨に言えば、先進国と後進国の違い)があって、その傾向が何十年たっても余り変わらないのは何故か?ということと、
(2)それぞれの国民の中でも、格差の大きい国と、そうでもない国があるのは何故か?
(3)さらに、適度に働いて、皆が適度に暮らせるのがいいのに、何故そうならないのか?等です。

まあ、簡単にいえば、「現代の貧困は、構造的なもので、金持ちが貧乏人から搾取する仕組みが、グローバリゼーションによって世界的規模で出来あがってしまっている」わけですね。だから、南北問題は解決しないし、格差はどんどん広がっていくというわけです。

3.南アフリカのケース
カズヤ君の「南アフリカ報告」を読んでいると、美しい観光地、おいしいワインなどの魅力的な情報の合間に、ネルソン・マンデラが27年間を過ごしたロベン島や、ANC(アフリカ民族会議)に関する話も出てきて興味深い。

ナオミ・クラインは、本書第一部、第十章「鎖につながれた民主主義の誕生」という章を設けて、南アの現状と歴史を分析している。(一部引用する)

「1990年から1994年の権力移行期に選挙で圧勝したマンデラは、収奪された国の財産を取り戻し再分配するという当初方針を撤回してしまったのだ」。

「今日の南アは、経済改革政治改革と切り離されて行われた時に何が起こるかを示す、生きた証拠となっている」。

すなわち、「政治的には国民は選挙権と市民的自由、多数決原理を与えられているが、経済的にはブラジルをしのぐ世界最大の経済格差が存在している」

この間のデクラークの巧妙な権益確保とマンデラの無知、ムベキの裏切りの経過はぜひ本書を読んでいただきたい。頭が痛くなるようなものだ。

4.アパルトヘイトは解決済みなのか?
ひき続き本書を引用してみよう。
「マンデラが国営化すると約束した銀行、鉱山および独占企業も依然として白人所有の四大コングロマリットに所有されたままであり、これらはヨハネスブルグ証券取引所上場企業の80%を支配していた。2005年には黒人の所有する上場企業4%に過ぎなかった」。

「2006年には、いまだに南アの土地の7割が人口の1割に過ぎない白人によって独占されていた。悲惨なのは、ANC政権が500万人にものぼるHIV感染者の生命を救うための薬を手に入れるより、問題の深刻さを否定する方にはるかに多大な時間を費やしてきたことだ」。

そして、深刻な指摘をしている。
「マンデラが釈放された1990年以降、南ア国民の平均寿命は実に13年も短くなっているのだ」。

カズヤ君には、ぜひこの辺の取材レポートもお願いしたい。ちょっと重たすぎか?
(2012/5/8)

(注-1)南アフリカの平均寿命は、男女合計の平均で、54歳。これは、世界で169番目。ちなみに日本は83歳で第一位。最下位(193位)のマラウイが47歳、世界平均は、68歳です。(2011年WHO資料)
(注-2)2010年ワールドカップの時に治安問題が話題になった。ネットで当時の情報を検索すると慄然とするが、今年はどうか?2012年5月現在の「外務省海外安全ホームページ」を見たが、「十分注意して下さい」とのレベルであった。カズヤ君の安全を祈る。









2012年5月13日日曜日

仙台銘菓、萩の月

母の日に仙台より届いたお菓子。
HAGI-NO TUKI, The Sweet Yellow Moon is one of the popular Souvenirs of SENDAI.


萩は秋の草だから、季節感は違うけど、この菓匠三全のヒット商品「萩の月」は、昔から、仙台みやげの定番の一つだ。

1974年に初めて職場のおみやげのおすそわけで知り合って以来、40年。シンプルな形と、旅情をそそるネーミング、林誠一のイラストを使用したパッケージや、日持ちのする包装などが成功の秘密である。
小分けしてお土産にするのに便利だからね。

この他にチョコレート味の「萩の調べ」、夏になればゼリー菓子「ラフランス」もあるね。

この他に、昔からの仙台のお菓子としては、支倉(はせくら)焼き九重(ここのえ)などが好きです。


浅草のジオラマ

浅草観光センター1階ロビーのジオラマ
The Diorama of ASAKUSA area at the grand flour of the  ASAKUSA KANKO Center.
女の子が触ってるのが東京スカイツリー。その下に青く示されたのが隅田川。手前の青い池が上野公園、不忍池である。

The small girl is touching the top of the Tokyo Sky Tree tower, which is forbidden.
The Blue Line below the tower is the River SUMIDA.
The Blue pond is SHINOBAZUNO-IKE pond at UENO.

このジオラマ、白木の木造住宅が密集している下町を表しているが、小生には東京大空襲のエリアとしか見えない。

下谷神社は、スカイツリーと不忍池を結ぶ直線の中間にある。
The Sitaya-Jinjya shrine is just between the Tokyo Sky Tree and the Shinobazuno-iIke Pond.

下谷神社お祭り(3)

見よ!下谷神社本神輿の威容。
The Main OMIKOSI of SITAYA JINJYA Shrine.
The God will ride on this moving shrine and move around the town carried by people at the Festival day.
さわやかな五月の木漏れ日に燦然と輝き、ビニールテントの下に鎮座するお神輿。大正15年、上野松坂屋に注文して、千葉県行徳の神輿職人、後藤直光氏が作成した。

製作費は3,870円。高さ10尺1寸、台輪幅4尺1寸、金具は渡金。
木部は総欅漆塗り二重高欄四方に鳥居玉垣階段付き。屋根は方型四方軒唐破風作り也。

四方の柱には昇り竜、腰回りには狐の嫁入りをハイスというのが、下谷稲荷らしくて面白い。
(お神輿の説明より抜粋)

下谷神社お祭り(2)

下谷神社の縁日、ボールすくい。
そういえば、娘が子供のころ、縁日にはよく連れて行ったなあ。でも、そのうち、お友達と出かけるようになると、パパとは付き合ってくれなくなって、今ではメールしても返事も返ってこない。

子供にとって、縁日での買い物は大変良い学習機会だ。限られた予算を如何に使うか学べる。

例えば、最初に見つけた欲しいものを考えもなく買ってしまって、後でもっといいものがあるのに買えないで悔しい思いをするのも大切だ。

一方、すべてを見てから何を買うか、遊ぶか決めようと思って、境内をぐるぐる回ってすっかり疲れてしまい、どうでもよくなって、定番の金魚すくいで負けて悔しい思いをする。

いずれにしても悔しい思いが多くて成功体験が少ない。これが、その後の人生に対する投げやりな気持ちを作ったのだろうか?

下谷神社お祭り(1)

下谷神社の二年に一度の本祭り
Summer Festivals in Tokyo starts with SHITAYA JINNJYA MATSURI.
金曜夜に歯がとれて落ち込んだ小生は、土曜日になんとか歯医者に見てもらい、少し気分もよく、天気もさわやかなので、思い立って下谷神社のお祭りに出かけた。時刻は2時半ころ。

実は、本神輿が町内を練り歩くのは、日曜日で、前日は町内の各神輿や山車が練り歩く。それも、この時間は、ちょっと休憩。・・・ということで、まったりとした気だるい雰囲気が、実にのどかな境内である。

本日(5/13)今頃は、本神輿が終日町内を練り歩き、大変な熱気のはず。


浅草観光センター

人気建築家設計の観光センターは賛否両論
ASAKUSA Sight Viewing Information Center produced by KUMA KENGO.
4/20オープンした浅草観光センターは、根津美術館の設計で賞を貰った、人気建築家、隈研吾(クマケンゴ)先生の作品である。
日本的な木格子を多用し、自然光を取り入れたやさしい建物であるが、残念ながら地元の評価は必ずしも高くはない。

なにしろ、雷門の正面に8階建てのひときわ高い建物を建ててしまったので、肝心の雷門が日陰になってしまうのだ。「浅草観光の最大のポイントを暗くして、何が観光センターだ」と、過日、浅草神社の舟渡御の際に、厩橋で出会った地元のおかみさんは怒っていたっけ。

浅草寺の住職も苦情を申し立てて、当初の高さよりは調節したとかしないとか。とにかくオープンしてしまった。上ったのは5/12の午後だが、小生の写真の通り、雷門の左屋根に影がかかっている。

4・5階の会議室も目的不明だが、8階展望室からの眺めはよい。でも、エレベーターも8階スペースも狭いので、混雑には耐えられそうにない。地元の意見をもっと聞いて作るべきだったね。スカイツリーオープンに合わせて急いだのが見え見えだ。

2012年5月12日土曜日

下町の 空にそびえし スカイツリー

浅草文化観光センターからスカイツリーを望む。
Tokyo Sky Tree, the highest Tower in Japan will open soon.
浅草観光センター8階から、オープン直前のスカイツリーを眺める。

5/22にグランドオープン予定の東京スカイツリー。下町に詳しいY先輩は、その日にソラマチ(タワー周辺施設)を見に行こうと言うのだが、当然大混雑が予想される。

今日は、下谷神社のお祭りの帰りに、ふと思い立って、河童橋経由で浅草まで来てしまった。

恐らく、開業から半年は、浅草、押上方面は、観光客が押し寄せて大混雑になるだろう。ということは、これからの10日間が、スカイツリー観賞のチャンス。

実際、この観光センター8階の展望室は、7~8割程度の混雑で、撮影もゆっくり出来た。

写真は、お決まりの吾妻橋、アサヒビール本社ビル、金色ウンコ、そして、スカイツリーである。

5/16~18まで都内に滞在するビルとボニーも、ここに連れてこようかな?(2012/5/12)


浅草寺仲見世風景

観光センター8階展望喫茶からの眺め
The View of SENSO-JI Temple and NAKA-MISE Shopping Lane from the Sky Cafe of Sight Seeing Information Center.

The Big Gate under Left is the famous KAMINARI-MON gate.
The two lines of green roof are the Nakamise Shopping Lane.
We can see the people walking through the lane to the SENSO-JI temple. You can see the huge roof of the temple up right.

This 8th floor building is Asakusa Culture Tourist Information Center which I think too long.

Today I accidentally came this place and was surprised that there is not so many people.

I could take one of the best seat easily and the price of coffee is 380 Yen. Because this center has just opened last month not so many people know this observation room I guess.

2012年5月11日金曜日

喜望峰からの便り

KAZUYA君のブログ、「南アフリカレポート」がなかなか面白い。
特に、直近の報告では、英語学校の仲間と喜望峰に立っている写真を見たが、なかなかいいねえ。小生も、この歴史的な場所に立ってみたい。

というわけで、レポートが始まって、1カ月たったので、小生が興味を持ったことをまとめてみた。

(1)英語学校の生徒にブラジル人が多いわけは?
彼は、ケープタウンで英語学校に通っているが、生徒は、ブラジル人が多い。これは、ポルトガルとの関係を示すものだ。喜望峰を発見し、インド航路を開発したのもポルトガル人である。

ちなみに、昨日、ネットで「世界一の美人国はブラジルである」とのニュースを読んだ。メリハリのあるボディがその理由ということだ。

(2)南アフリカの国歌の歌詞
また、「南アフリカの国歌」を練習したらしくて、歌詞が載ってたが、レインボー国家というコンセプトとともに、民族の融和を説くものだった。これは、ズールー戦争、ボーア戦争、アパルトヘイトと、資源をめぐって繰り返されてきた悲惨な民族間の戦争の歴史と無縁ではない。
レインボーは七色だが、かつては、白人、黒人、インド人、アジア人の4色で人種差別されていた。

ちなみに、虹の旗は、協同組合の旗であると同時に、シドニーではゲイパワーの旗でもある。いずれにしても、「差別に反対して、仲良くしようよ」という願いが込められている。

(3)紙幣のデザインが人間ではなくて動物なのは?
また、紙幣のデザインは、多くの国が歴史的な人物や芸術家なのに、動物である。
200ランドの最高額が豹で、ライオン、象、犀などがある。これも、多民族で複雑な歴史のため、あたりさわりのない動物にしたのだろう。

(4)南アフリカのワインが美味しいのは地中海気候のおかげだ。
ワイナリー訪問したらしいが、この地方は、地中海性の気候で過ごしやすい。だから、迫害されたフランスの新教徒も、北アメリカと同時にここに逃れてきたんだね。ワインはフランス仕込みなのか?
ポルトガル人の後に来たオランダ人、20世紀にボーア戦争で勝利した英国人など、ヨーロッパ人にとっても、金やダイヤモンドが目的だったけど、住みやすい気候だったのでしょうね。

(5)南アフリカが北アフリカと違うのは何故か?
ところで、北アフリカでは6000年以上前に古代文明が生まれたのに、南アフリカでは、古代文明は生まれなかった
ジャレド・ダイアモンドは、文明の発生と伝播を、①栽培作物と②家畜という観点から考察したが、「大地の広がる方向と住民の運命」の章で、肥沃三日月地帯の起源作物の大半は非常な速さでエジプトとエチオピアの高原地帯に伝わったが、南には至らなかった。南アフリカの地中海性気候はそれら農作物に理想的だったが、途中の熱帯地域が障壁となったと述べている。
銃・病原菌・鉄

(6)もう少し、「銃・病原菌・鉄」を引用します。
「農作物が伝わらなかったので、コイサン族(ホッテントット、ブッシュマン)は、牧畜民になったが、北のアフリカ農耕民に追い出されてしまった。だが彼らもフィッシュ川以南には来なかった。
南アフリカに農業がもたらされるのは、1652年にヨーロッパ人が入植してからであった。そして彼らが持っていた銃と病原菌コイサン族の急速な人口減少、ヨーロッパ人と黒人の一世紀に亘る戦い、それに続く一世紀に亘る人種差別と抑圧を引き起こした」。(銃・病原菌・鉄

(7)南アフリカの歴史について
という訳で、南アフリカの歴史を復習すると、独特のものがある。
最初は、ポルトガル人による、インド航路の重要地点。次に、オランダ人の入植。そして、英国の占領、ボーア戦争、独立、アパルトヘイト。人種差別に対する長い闘争。アパルトヘイトの廃止。

最後に、KAZUYA君の報告を楽しむための「南アフリカ年表」をつけます。参考にしてね!

<the Short History of South Africa Republic>
1488年、バルトロメオ・ディアスが喜望峰を発見。
1498年、バスコダガマが喜望峰経由でインドカルカッタに到達。インド航路を開き、香辛料貿易を独占。ベネチアに打撃を与える。
1652年、オランダ東インド会社の居留地。植民。さらに、フランス人新教徒(ユグノー)の移住。
    オランダ系移民ボーア人が入植を進める。現地人はカラードという階層を作る。
19世紀初頭。ナポレオン戦争時代には、英国による一時占領。

1880年 第一次ボーア戦争(オランダ人入植者と英国との戦争)
1899-1902 第二次ボーア戦争
1910年 南アフリカ連邦成立
1912年 南アフリカ原住民会議(ANCの前身)結成。
1934年 英国連邦
1950年 人民登録法、
1961年 南アフリカ共和国
1962年 ネルソンマンデラ、ロベン島に収監。
1976年 ソウェト蜂起
1990年 デクラーク大統領、ネルソンマンデラを釈放
1991年 アパルトヘイト関連法の廃止。
1994年 ANCが選挙で勝利。マンデラが大統領就任。
1999年 ムベキ大統領
2009年 ズマ大統領

2012年5月10日木曜日

キャビア

テオブロマのチョコレート・キャビア
Caviar Chocolat THEOBROMA
5月初旬、フランス大統領選挙(注-1)とギリシャ総選挙(注-2)の結果、ユーロ危機に対し緊縮政策(増税・福祉切捨て・人員整理)を進めてきたサルコジは去り、ギリシャの連立与党は過半数を割った。
つまり、両国民は、「もう緊縮はいや!」と叫んで、雇用促進による景気回復の方向を選択したのだ。

・・・と言う訳で、3月以来、緊縮財政の中でやりくりを続けてきた小生も、この日は、財布のひもがゆるんで、キャビアを数十年ぶりに購入。といっても、このキャビア、甘いチョコレートのキャビアである。

実際には、事態は何も変わっていない。にもかかわらず、あれこれの思惑で、株価急落円高(ユーロ安)が進んだ。「考えが甘い」という、市場(マーケット)の警告だが、いやなものは仕方がない。
大体、ハイエナ・ファンドと一握りの大富豪だけが大もうけする「マーケットの仕組み」って間違ってるんじゃない?


(注-1)緊縮財政を進めてきた国民運動連合のニコラ・サルコジ大統領は敗れ、 社会党のフランソワ・オランド氏が新大統領となる。

(注-2)緊縮政策を進めてきた連立与党(左派・全ギリシャ社会主義運動+右派・新民主主義党)が過半数を割り、急進左派連合が躍進(第二党)した。



2012年5月8日火曜日

緑のお家

The Green House Effect
そういえば、近所に気になっていた空き家があったので、さっき走って行って撮影してきた。ごらんのように、緑の蔦で覆われたすてきな家だ。緑のカーテンどころじゃない。

蔦の絡まるチャペルで祈りを捧げた日を思い出す。または、倉敷のアイビースクエアのほろ苦い思い出か。さらには、眠れる森の美女が寝ている森の奥の古城。
(2012/5/8撮影)


藤の花が咲く

2008年4月29日撮影の隣家の藤
今、東京には約75万戸空き家がある。
総世帯数598万戸に対して住宅ストック数が678万戸だというから、実に、1.13倍。(平成20年調査)

678-598=80万戸だから、80-75(空き家)=5万戸あまる。ということは、一世帯で2軒の家に住んでる人が5万戸あるということなのか?

ところでこの見事な藤棚だが、実は、物干し台にまで上った藤が、開花したところである。

その後、この物干し台は、風雨によって崩壊し、またお隣も庭の掃除をして、藤の木を切ってしまったので、幻の藤棚である。

今年は、近所の公園の藤もまだなので遅れてるようだ。

2012年5月7日月曜日

藤つるがからむ

藤のつるは成長が早い。
今から、40年前、この場所には小さな木製の藤棚があったが、壊れてしまった。
それから40年。毎年、藤は壁を伝って二階のベランダに達するが、あわれにも切られてしまう。
すごい生命力だが、いつも切られてしまうから、花を咲かせたことがない。

今年もすでに、写真左側の様に、二階によじ登ってきた。
また、切らなければならないのだが、可哀そうな気もする。
実はお隣の空き家にも藤があって、他の木に絡まって、我が家にまで伸びてくる。

藤の花は美しいが、まつわり、からまれた木はやがて枯れ死んでしまう。少し暗示的だ。

梅の実がなってる。

梅の木の下から梅の実を撮影。
UME, Japanese Apricots or Plum fruits bearing well as last year.
They look big but actually are still very small.
接写してるので、大きく見えるが、実際は小さい。
この梅の木自体が、低木に抑えられているので、木の下に潜り込んで撮影した。
たしか去年も同じようなことしてるはずだ。

沢山なってるが、この半分は小さいうちに落下してくさってしまう。最後まで残って、大きくなれた実だけが収穫されて、梅干しや梅酒になるのだ。

この写真、最初に持ってくるはずだった。そうすれば、(1)梅の実がなってるとこ。→(2)落ちてるとこ。→(3)拾ったとこ。と論理的な順番になる。
ところが、さっき編集してたら、なんかの加減で、消えてしまった。それでこの写真が最後にきた。まあ、どうでもいいことだけど。

撮影は、昨日の昼頃。そのあとに突然の強風と雨、雹もふったので、もっと落下してるはずだ。そして、雨にも負けず風にも負けず、残った梅の実は、梅酒になる。

梅の実を拾う

落下した梅の実を広い集めたら30個あった。
I gathered fallen Ume, Japanese Apricots or Plums.
They are still so small. We must wait Plums become bigger.

これは、昨日の午前中に拾った梅だから、午後の嵐で、もっと落下してるはずだ。小さいうちに落下したので、梅酒にはならない。
残った梅がもっと大きくなったら収穫である。

梅の実が落ちる

下草の中に梅の実が落ちている。
シダや、どくだみの茂みの中に落ちてるので、よく探さないとわからない。この雑草を何とかしなければいけないんだが。

2012年5月6日日曜日

ゴールデンウイーク総括

The Review of the Golden Week, 9 days long holidays in Japan.

関越自動車道の観光バス大事故で始まった今年のゴールデンウィークは、北アルプスの中高年登山者の大量遭難と、茨城県の竜巻で終わった。そして、何よりも、5/5に北海道泊原発が定期検査のために停止したことで、日本の原発54基(廃炉の福島4基を除外すれば50基)すべてが止まった。

It started with a terrible traffic accident of Sight Seeing Bus and ended with Mountain accidents and Tornado in North Kanto area today. But the most important news is that the last working Tomari Nuclear Plants in Hokkaido has just stopped. Now all 50 Nuclear Plants in Japan all stopped.

東京でも、午前中はよい天気だったのに、夕方、にわかに暗雲が立ち込めて雷が鳴り、強風が吹き、雹(ひょう)がパラパラと落ちてきた。今、改めてテレビで映像を見てるけど、凄い被害です。ゴールデンウィーク後半の天候は不順だったね。

一方で良いニュースも少しあった。
元気をつけるためと、記憶力のチェックのために、思い出してみよう。
Some Good News which I could remember in these holidays.

(1)佐渡の天然記念物、朱鷺(とき)のヒナが孵化した。全部で4羽らしいが、更に増えるといいですね。天敵のカラスやイタチが心配だ。
4 Baby birds of TOKI, Nipponia Nippon, one of the endangered species in Japan, were born in Sado island in Niigata. They expect that more baby TOKI birds will be borne.


(2)警察に届けられた迷子のインコが、自分の住所を言えたので、無事、飼い主の元に帰れた。おりこうなインコだ。

A Parakeet, Inko bird lost her way but she was able to come home because she remembered her address and song the address in the police station. What a amazing, very clever bird!

(3)4月に、津波で流されたサッカーボールバレーボールが見つかり、持ち主に返されたという話があったが、今度は、コンテナからハーレーダビッドソンのバイクが見つかり、ハーレー社が修理してくれるらしい。ちょっとインコの話と似てる。持ち物には名前を書いておこう!

A soccer ball and a volley ball lost by Tsunami last March were founded in U.S.A. last month, and the owner boy and girl got them again because the kind people who found those ball sent them back. There were the names of the owners.
This month, a lost Harley Davidson bike was found in Canadian island, and they will send it to the owner in Miyagi. The Harley Davidson Company said they will repair this bike.

(4)ロンドンオリンピックを前に、体操の選考試合が行われ、田中三兄弟が選ばれたのもいいニュースだ。それにしても、内村航平選手は凄い。


個人的には、お金がなく、仙台に帰ることも出来なかった。混雑するので、なるべく家にいようと思ったが、廃墟の画家、「ユベール・ロベール展」(西洋美術館)、「ボストン美術館展」(国立博物館)のふたつに行けたのは良かった。前者は人気がなくて空いてたし、後者は大雨の日で空いていたのがうれしい。いずれも素晴らしい展覧会です。

I didn't go anywhere because I am so poor. Besides I avoided the crowd in Holidays.
So it is quite reasonable for me to stay home during the golden holidays.
Even so I went to Two Art Exhibitions in Ueno. 

5月の予定は、アメリカからのお客様のガイド、演舞場の「東をどり」観賞だけです。
There are not so many Plan in May
Now, my plan of May are only the Guide Tour for the foreign guests and AZUMA-WODORI show in Shinbasi Enbujyou theater. Not so busy at all.(2012/5/6)





2012年5月5日土曜日

乃木将軍と辻占売の少年

今に伝えられる「乃木将軍と辻占いの少年」の話。
General Nogi inspired a poor boy, Seizaburo in Kanazawa.
明治24年、乃木希典が陸軍少尉時代、用務で訪れた金沢で、偶然、8歳の今越清三郎に出会う。辻占いを売りながら一家を支えている少年に感銘を受けた乃木は、少年を励まし、弐円を手渡した。

今越少年は、その恩義を忘れずに努力した結果、金箔業で成功を収めたそうです。乃木希典の人となりを伝える話として、昭和43年に旧ニッカ池(六本木六丁目)傍に設立されたこの銅像は、平成13年に乃木邸に移設されました。(説明看板より要約)




乃木神社の灯籠(3)

これも変わった灯籠だ。対になっています。