2014年3月31日月曜日

月曜日の桜 05

近所の桜。眺めるのは私だけ。

月曜日の桜 04

近所の桜

月曜日の桜 03

THE CHERRY BLOSSOMS ARE FULL BLOOMING IN TOKYO.

月曜日の桜 02

快晴で風が強い。花粉症にはつらいが、桜も見たいので出かけた。

月曜日の桜 01

近所の桜が満開です。

サンドイッチ出来た03

我ながらうまく出来たので、並べて遊んでしまった。

サンドイッチ出来た02

レタスは切らしてた。タマゴ焼くのは面倒なので、ハムとチーズを挟む。このハムは着色料使用できれいな赤だから、パンの色によく合う。

サンドイッチ出来た01

おとつい池袋西武の地下のパン屋、ルビアンで買ったカボチャ食パンでサンドイッチを作りました。

2014年3月30日日曜日

土曜日の桜 05

久しぶりに訪れた母校はすっかり変わっていた。

西武線E駅にて

久しぶりに訪れたE駅は、すっかり変わっていた。

土曜日の桜 04

芸術劇場2階のベランダから西口公園を眺める。これから母校でお花見会があるのだが、期せずして絶好のお花見日和となった。

土曜日の桜 03

芸術劇場と桜。その下にはお花見のホームレスの二人。

土曜日の桜 02

西口公園の桜は五分咲きだ。時間があれば、自由学園明日館の桜もチェックしたかったが。

土曜日の桜 01

池袋西口公園の彫刻と桜。公園にはいろんな彫刻があって楽しい。この女性像はすごい安定感だ。

マーメイド 02

ディズニーの影響でマーメイドはかわいらしい少女のイメージが強いけど、本当は、怪しい歌で船を沈める海や河の怪物なんだ。
この彫刻の足を見れば分かる。美しいもの、美味しいもの、快楽は人間を魅入らせ、やがて破滅に導く。

マーメイド 01

土曜日は池袋に来た。少し時間があったので、東京芸術劇場2階の佐藤忠良さんの彫刻、マーメイドに会う。
この彫刻は素晴らしいんだけど、設置場所が良くない。

金曜日の桜 03

THE CHERRY BLOSSOM IN NIHON-BASHI HAS ALREADY HALF FULLBLOOMED EARLYER THAN EXPECTED.WE MUST HARRY.

金曜日の桜 02

コレド室町の前から無料巡回バスで日本橋二丁目で下りる。ここから丸善横のさくら通りを抜けて東京駅八重洲口に向かう。
桜通りの桜はまだ細い桜だが、五分咲き。短いながら、桜のトンネルみたいだ。

金曜日の桜 01

うなぎの後、体調を崩したT教授は、すぐに帰宅することにした。天ぷら研究会と同じパターンだ。聞けば、午前中に研究室で事務作業したらしい。最近の大学は研究より事務が多いのか?
大きいリュックサックを背負い、辛そうなので、聞けば、書類が入ってるとのこと。紙は重いよね。

うなぎ灯籠

THE STONE LANTERN AT THE ENTRANCE OF TAKASHIMA-YA、 THE OLD EEL RESTAURANT AT KOBUNA-TYO IN NIHON-BASHI、TOKYO.
弥生三月週末の日本橋、絶滅危惧種のうなぎを食す我らも、還暦を過ぎ余命いくばくも無い老人じゃ。間もなく消費税も上がり、老舗うなぎ屋の経営も年金生活者の暮らしも厳しくなるでしょう。
おいしいうなぎを食べて人生のはかなさを感じさせる石灯籠です。2014年3月28日撮影

2014年3月29日土曜日

弥生の鰻 03

この日のリサーチは、T教授が言い出して企画され、地元のKさんもガイドかねて参加予定だったが、風邪でダウン。その他の老人会メンバーも参加出来なくて、結局2階の個室を2名で使用。
鰻は、静岡の共水鰻、きょうすいうなぎ。詳しい説明は省くが、つまり、上等な国産うなぎ1.5尾使用。
値段を書くと顰蹙をかいそうなので省略。

弥生の鰻 02

今回は小舟町、こぶなちょうの老舗、高嶋屋に来ました。三越から中央通り横断して、コレド室町の間の江戸桜通りを直進。昭和通りを越えるとすぐ。ちょっと右に曲がったところです。

日本橋の桜 02

この日は、うなぎ研究会の緊急リサーチで小舟町の高嶋屋に行くことになった。先日の大江戸に続き、日本橋に来てしまった。

日本橋の桜 01

これは昨日の日本橋です。なんと、染井吉野が五分咲き。
二十日にコレド3がオープンしたので混雑してる。

カフェウィーンにて

鰻重の後のデザートは何が相応しいか?本当は、餡蜜かお汁粉等の和風甘味か、さっぱりしたフルーツ系が望ましい。日本橋なら、文明堂か千疋屋だが、この日は週末で混雑していたため三越2階にした。
写真はチェリーとチョコがおいしいシュバルツバルトなんたらです。食後に、医師から禁じられていたことを思い出した。

弥生の鰻

日本橋大江戸のうなぎ。土曜日の、いかだご奉仕の鰻重を頂く。
鰻研究会は、活動停止のはずだが、この日は、イタリアのフェラーラから来たゲストのために出かけることになった。
フェラーラは、フィレンツェに先行してイタリアルネッサンスが開花した都市で世界遺産です。
興味深いことに、鰻の蒲焼きに似た料理があるらしい。

2014年3月28日金曜日

元祖黒焼三題 03

フランス人もびっくり!黒いエスカルゴ

元祖黒焼三題 02

イモリの黒焼じゃー

元祖黒焼三題 01

黒焼の店では、なんでも黒焼きにする。

つばめ湯ふたたび 04

よく見ると、ヘチマ虫じゃ。
さて、今後の銭湯訪問計画は以下の通り。
目白台の月の湯、浅草警察近くの曙湯、北千住の大黒湯。改装すんだ銀座金春湯、西池袋の新栄湯にも再訪しなければならない。

つばめ湯ふたたび 03

銭湯の広報誌1010、せんとお2月号によれば、都内には770の銭湯があると言う。しかし、昔ながらの破風屋根に煙突、番台、壁画が残る正統派銭湯はいくつ残ってるのだろうか?
ところで、つばめ湯の暖簾の上に虫見つけ!

つばめ湯ふたたび 02

かつてどの町にもあった銭湯は急速に減少し、めだかやウナギと同じ絶滅危惧種になった。つばめ湯は東京都の重要建築物に指定されている、大切なお風呂屋さんだ。
最近、一葉記念館そばの竜泉湯が取り壊されたのを見て悲しい思いをしたが、つばめ湯は残したい。

つばめ湯ふたたび 01

THE PUBLIC BATH、 SEN-TO TUBAME-YU.
前回、T老人と来た時は昼休みだった。この日は、あらためて写真を撮りに来たのだが、風呂に入るべきか迷った。結局、入らないで帰ることにした。
晩御飯の準備しなければならないんだ。
撮影、2014年3月23日

湯島の喫茶店 02

実際には御徒町。住所は上野だが、湯島と外神田の境目にあるカフェ、ラパン。この日は連休の休み。

湯島の喫茶店

残念ながらこの日はお休みだ。黒門小学校近くのカフェシャルマン。

2014年3月27日木曜日

湯島の甘味 02

さて、これは洋菓子リヨンの店内。外観も内部も素敵な店だが、いい写真が撮れなかった。この写真は、許可をとって撮影した。
本格的で濃厚なケーキが多く、老人にはやや重い。
2階には喫茶室があります。

湯島の甘味 01

春日通りのみつばち。上野は物価が安いが、みつばちの餡蜜は、みはしよりも安い。銀座の半分くらい。
さて、この近くの交差点に、湯島天神を向いて立てば、後ろがさっきのみつばち。前が和菓子の鶴瀬、左手がかりんとうの花月、右手が洋菓子のリヨンである。

天ぷら研究会報告03

天庄広小路店の天丼1800円。狭い店内のカウンターに座ると親方の調理がすぐ目の前。白くて大きいのが何かと思ってたら天丼の右に載ってる。柔らかく食べ安いモンゴウいかだ。
天丼は美味かったが、味噌汁と漬物がさらに美味かった。

天ぷら研究会報告02

先日の天すずに続き、この日は、春日通りに面した天庄広小路店に入る。本店は湯島天神の近くらしい。

上野広小路徘徊 04

さらに歩いて広小路交差点に至る。左に松坂屋、右に演芸場、お江戸広小路亭が見える。右の通りは春日通りで湯島切り通し。湯島天神を経て、本郷三丁目に至る。
さて、この演芸場は、鈴本と比べると、はるかに小さい。舞台も近いし、木戸銭も安いのがうれしい。

2014年3月25日火曜日

鈴本演芸場の狛犬 02

笑ってる。
THE KOMA-INU、GATE GUARD DOG of SUZUMOTO VARIETY THEATRE、 STORYTELLERS HALL is LAUGHING.

鈴本演芸場の狛犬 01

鈴本演芸場の玄関には二匹の狛犬が番してるが、東照宮の狛犬とはずいぶん違うんだ。足元には盛り塩も。

上野広小路徘徊03

となりの鈴本演芸場。昭和45年、1970年にビルに建て替えられたが、もう40年以上になるんだね。

上野広小路徘徊02

酒悦店頭風景。
The Famous JAPANESE PICKLES STORE、 SHU-ETSU is founded in 1675、 EDO PERIOD.

上野広小路徘徊 01

上野駅公園口からスタートした天ぷら研究会のコースを振り返ってみます。
東照宮、不忍池、仲通り、天すず、蓮玉庵とさ迷った後で、再び、健全な中央通りに出ると、福神漬の酒悦に出る。

2014年3月23日日曜日

蓮玉庵 03

静かな店内で、せいろ630円をいただきます。大きなやかんにはそばゆが入ってる。
味は普通だが、値段は富士そばの三倍だ。これは、鴎外の作品に出てくる蕎麦屋を維持するために必要なのだ。

蓮玉庵 02

鏡花の婦系図でも、主人公の散歩のコースだったような気がする。ちょっと自信がないので今度調べてみよう。
それにしても、周囲の環境がすごく悪い。昼間から黒服の客引きがたむろしているんだ。

蓮玉庵 01

上野広小路の蕎麦屋、蓮玉庵、れんぎょくあんは、春日通りと不忍通りの間の仲町にある。森鴎外の名作、雁にも描かれた老舗だ。写真の看板は、久保田万太郎の書だと聞いたことがある。

天ぷら研究会報告01

寒さのために何度も延期されてきた天ぷら研究会がついに実施されたのは、二週間前の3月14日の金曜日であった。第一回は、上野広小路の天寿々、てんすずです。
写真は上天丼1900円。1600円の天丼でも十分だが、ちょっと見栄をはった。おいしい天丼でした。

不忍池の都どり

さて、上野の山を下りて不忍池、しのばずのいけに至る。まだ渡り鳥が残ってる中で、年中いるのがカモメ、または、鴎、カモメ、ウミネコ、都鳥、ミヤコドリ。
その違いは、飛ぶ場所による。海上でギャーギャー騒いでるのがウミネコ。浜辺にいるのがカモメ。大空を飛ぶ時は鴎。そして、隅田川を飛ぶと都鳥。
不忍池ではミヤコドリかな?