2014年11月28日金曜日

山上会館の日替わりランチ

東中野老人会のフィールドワーク、学生食堂の調査は、これまで早稲田大学大隈食堂、慶應義塾三田、日吉、東大駒場、立教大学等を調査してきたが、この日は、東大本郷を対象とした。
銀杏メトロ食堂、中央食堂の二つの生協食堂の次に山上会館(さんじょうかいかん)の御殿食堂を訪問。日替わりランチポークピカタ700円をいただきました。

東大正門の銀杏

GINGKO TREE IS THE MARK OF TOKYO DAIGAKU UNIV.

HONGO WALK 05

天上大風、東大戦没同窓生の碑。
記録では約1700人が戦没したが、推定では2500人とある。

WALKING HONGO 04

コーヒーこころ。漱石の小説、こころからとった名前でしょうね?

WALKING HONGO 03

喫茶店ルオー。学生街に相応しい喫茶店がたくさんある。

WALKING HONGO 02

銀杏並木は見頃です。

WALKING HONGO 01

AKA-MON、THE RED GATE OF TOKYO DAIGAKU UNIVERSITY IS THE SYMBOL OF TODAI. WHICH WAS ORIGINALLY BUILT FOR THE WEDDING OF THE PRINCESS OF KAGA.

レギュラーカレー250円

通路の先には平らなショーケースがあり、見本が並ぶ。一際目立つ低価格、学生食堂の原点、レギュラーカレーは250円である。
奇しくも40年前の小生のアルバイト時給と同一で、運命的な感覚を味わう。

中央食堂 04

宇宙船の天井スレスレの廊下の下には、放射状にテーブルが並び、東大生がランチをとっている。

中央食堂 03

そこはH・G・ウエルズの古典的SF小説に出てくるような異空間であった。

中央食堂 02

地下食堂の入口。地下鉄入口にそっくり。
THE ENTRANCE TO THE CENTRAL STUDENTS RESTAURANT OF TOKYO UNIV. AT HONGO.

中央食堂

メトロ食堂の次は、安田講堂地下の中央食堂だ。正確にいえば、安田講堂前庭の地下。
東大の学生食堂は何故かアンダーグラウンドなんだ。

生協メトロ食堂

東大構内の学生食堂はいくつかある。正門から安田講堂に向かって歩くと右手にこの看板が見える。1946年開店のメトロ食堂だ。

三四郎池界隈 02

紅葉もあります。

三四郎池かいわい

東大の銀杏 07

U CAN FIND GOLDEN GINGKO TREES AND LEAVES ON THE GROUND OF TOKYO DAIGAKU UNIV.

東大の銀杏 06

東大の銀杏 05

東大の銀杏 04

隣の建物

編纂室に合わせたデザインです。

文書編纂室

凹凸のある装飾が素晴らしい!

東大の銀杏 03

東大の銀杏 02

東大の銀杏 01

東大赤門の裏です。なんだか人が多い。

CAFE MUGI 03

本郷三丁目の喫茶店麦にて。コーヒー300円。赤旗と産経新聞をじっくり読み、日本の未来を考える。

CAFE MUJI 02

地下の喫茶店は左右に分かれてるんだ。

CAFE MUGI 01

前は、250円だったコーヒーが300円になった。アベノミクスの影響か?

本郷三丁目駅

今日は東中野老人会の学生食堂研究会のために、本郷三丁目に来たんだ。

EVENING MOMIJI 02

I TOOK THIS PHOTO ON MY WAY HOME AROUND 4 pm AT THE HEIWA PARK. HEIWA MEANS PEACE. THE PEACE TODAY IS DARK.

EVENING MOMIJI 01

金曜日の夕方、ヘルパーさんが来た間に外出する。月末の支払いに備えて、多少残高の残ってる口座から、マイナス口座に資金を移動。多分これで、11月は乗り切れるはずだ。帰りに平和公園を通りかかると楓が紅葉していた。

2014年11月27日木曜日

THE QUICK HISTORY of WA-SHOKU

THE WA-SHOKU、JAPANESE FOOD BECAME VERY POPULAR ALL OVER THE WORLD. IN THIS PHOTO、PAOLA and MARIO ENJOYING JAPANESE KAISEKI AT GAJO-EN RESTAURANT.WHY WA-SHOKU IS SO DELICIOUS? 和食はどうして美味しくなった? 昨日のNHK歴史秘話ヒストリーでは、和食の歴史を三つの要素、キーパーソンから振り返る。すなわち、仏教(道元)、武士(足利氏)、茶道(利休)の三つ、三人です。

ACCORDING TO THE SECRET STORIES IN JAPANESE HISTORY、NHK TV、THERE ARE THREE KEY WORDS and KEY PERSONS.
(1)道元、DOGEN、GREAT BUDDHIST PRIEST WHO STARTED SHO-JIN DISHES、精進料理。
中国留学した道元は食事も修業であると学ぶ。平安時代の食事は、ほとんど手をかけない素材を切っただけの素朴なものだった。
仏教とともに、料理文化が輸入されたんだ。
(2)武士の本膳料理、HON-ZEN DISHES BY SAMURAI
武士階級が権力を握ると、各地の交流がさかんになり、昆布、鰹節からだしが生まれた。DASHI、THE MOST IMPORTANT ELEMENT OF JAPANESE DISHS WAS MADE THESE DAYS.
また、主君を招いて、豪華な料理でもてなす本膳料理が生まれた。
(3)KAISEKI DISHES OF TEA CEREMONY BY RIKYU. 千利休の茶道から、手間をかけた懐石料理が生まれた。
一汁三菜の中に季節を感じるもてなしの心を大切にした。
KAISEKI IS CONSIST OF ONE SOUPE and THREE DISHES with RICE.
HE CHOOSE SEASONAL FOODS.

利休百会記から天正18年、11月3日のメニューを見る。
黒豆、かまぼこ、鮒のなますの三菜に、ご飯と野菜の汁もの。
質素なようだが、手の込んだ料理で温かいものを温かく、旬を大切に、そして、なにより亭主自身が給事すると言う温かいおもてなしが大切です。

2014年11月26日水曜日

女将のおもてなし弁当

仙台駅で買った女将のおもてなし弁当には三種ある。すなわち、(1)仙台・松島、(2)鳴子・古川、そしてこの(3)宮城・秋保温泉編である。
では、お品書きを説明します。
(1)先付、茄子の味噌田楽、(2)前菜、笹かま、山菜おひたし、(3)焼きもの、鶏の照り焼き、(4)揚げもの、椎茸、シシトウ天ぷら、(5)煮物、高野豆腐、たけのこ、花人参、(6)強肴、牛たん塩焼き、(7)酢の物、鰊菜の花あえ、(8)食事、海鮮茶巾、いくら、蟹ほぐし、蒸しうに、小海老、(9)甘味、抹茶わらび餅。
以上ですが、揺れがひどく、写真がぶれています。

仙台の駅弁

1975年頃だったか、初めて仙台に出張した時に乗ったL特急ひばりは、多分上野から4時間くらいかかった記憶がある。
特筆すべきは、食堂車があったこと。その後、東北新幹線が大宮、仙台間を走るようになって、食堂車は廃止された。
その後、仙台駅の駅弁が充実することになった。
あれから40年、この日小生が選んだのは女将のおもてなし弁当1150円でした。

仙台の商店街

仙台の主な大通りは、青葉通、広瀬通、定禅寺通だが、商店街は、この三つ南北に貫く一番町買い物公園(屋根なし、歩行者天国)と、青葉通と広瀬通の間を東西に、仙台駅に通じるアーケード、中央通りだ。
でも表示はクリスロード。

仙台中央通りアーケード散歩

仙台はこじんまりした町で、人口も100万人くらいだ。東京のターミナル駅の町一つ分と考えるとよい。
中心部分は平で、道路が碁盤の目状だから、新宿、池袋という感じか?

CAFE AS TIME 03

AS TIME GOES BY
THIS QUIET CAFE IS A QUITE SUITABLE PLACE TO REMIND OLD DAYS AND OLD FRIENDS.

CAFE AS TIME 02

仙台中央通りの懐かしい喫茶店。10年まえにカメラマンのAさんに連れてってもらった。

CAFE AS TIME 01

大観楼は日銀仙台支店や藤崎デパートの近く。並ぶこともなく食事を終えた小生は、ぶらぶらと中央通りアーケードを仙台駅に向かって歩いた。連休中日で快晴だし、人通りも多い。
だが、看板が、マック、モス、マツモト等、全国チェーンの店ばかり。特に喫茶店はドトール、ベローチェなどが目立つ。
昔行った喫茶店はないかなと見たらあった。洋品店地下の隠れ家喫茶店、AS TIMEだ。

大観楼の鰻重

この日のランチは、最初、錦町の藤屋でカツカレーの予定だったがお休み。次に、一番町三越前の、かき徳でカキフライと考えたが満員で並んでる。
隣のそばや、さん竹も同様。
どーしようかなあと一番町を藤崎方面に歩いて行くと、大観楼に気付く。
仙台で、うなぎ百撰会に入ってるのは、開盛庵、竹亭本店そして大観楼の三店だ。
大観楼ではひつまぶしをよく食べた。この日は鰻重にしました。
ずいぶん久しぶりで、懐かしい味だった。

定禅寺通りの彫刻

エミリオ・グレコの夏の思い出。けやき並木は落葉して寒そうです。

仙台の銀杏 04

大阪、京都、東京、仙台と放浪してきたが、天候に恵まれ、紅葉を堪能できた。だが、あまりに忙しい旅なのが残念。
移動が多過ぎるので、交通費もかかる。
来年は、同じ場所に腰を据えて、じっくりと観察したい。

仙台の銀杏 03

仙台の銀杏 02

THE GOLDEN GINKO LEAVES IN SENDAI.

仙台の銀杏 01

撮影は2014年11月23日、銀杏は散り始めていた。でも、勾当台公園から県庁前の並木はとても綺麗でした。

2014年11月25日火曜日

勾当台公園の紅葉

燃えるような紅

仙台の銀杏

仙台旭ヶ丘から地下鉄に乗って勾当台公園でおりた私は、錦町NHK仙台支局向かいの藤屋に向かった。
藤屋は、団子が美味しい昭和の茶店だが、カツカレー、ラーメンなども美味いんだ。
ところが、お休み。考えたら日曜日だ。毎日が日曜日の放浪のブロガーは曜日感覚がなかった。
だが、この東一番町上杉通り、銀杏並木が素晴らしい。