2015年6月30日火曜日

THE LAST MILLE FEUILLE

最初の出会いは有楽町阪急五階の喫茶室だった。前世紀末の東京で偶然出合ったミルフィーユは、パリパリのパイ生地にクリームを挟みイチゴを載せていた。バニラの効いた濃厚なクリームが乾いたサクサクのパイと絶妙な食感を生み、シロップのかかった見事な大粒苺の甘酸っぱい味わいと素晴らしい調和を生み出していた。
その後、仙台に帰り時は大丸地下で購入する習慣となる。
東京に戻ってから、池袋でも買えるようになりうれしかった。他にもマキシムの林檎パイは絶品でした。
今、最後のミルフィーユをいただきます。今日でお別れね、もう会えない。
さようならミルフィーユ。

GOOD BY MAXIM 02

かつてキハチのフルーツロールとスイーツ界のセンターを争った、マキシムドパリのミルフィーユ。正式には、ミルフィーユ・オ・フレーズは、私のお気に入りスイーツのベストの一つであった。
最後のミルフィーユを購入。

GOOD BY MAXIM

マキシム銀座閉店に伴い、池袋東武地下のマキシムも、本日、2015年6月30日をもって閉店となる。ショックです。

まつや外観 02

THE TRADITIONAL JAPANESE SOBA NOODLE RESTAURANT、 MATSU-YA AT AWAJI-CHO.

まつや外観 01

神田淡路町まつやの外観。私のクイックトリップでよく使わせていただきます。

KAGURA-ZAKA WALK 02

MARK TRIED UNA-JU AT SHIMAKIN.
日曜日の神楽坂に観光客を案内した時に、何処でランチにするかは大問題である。
欧米系の観光客なので、フレンチ、イタリアンは除外。私の好きな中華、カレーもパス。やはり和食なんだ。
だが、天ぷら喜楽は日曜休み。
というわけで、たいてい志満金なんだ。そしてたいてい好評です。

KAGURA-ZAKA WALK 01

CHUAN AND MARK AT THE ENTRANCE OF WAKANA. THOUGH IT IS A RAINY SEASON、 IT WAS FINE、 HOT AND HUMID DAY ON SUNDAY.

リッツのロビーにて03

日曜日のコースは以下の通り。
(1)10時にロビー集合。(2)地下鉄で代々木に、JRで飯田橋。(3)神楽坂散策。毘沙門天、本多横丁等。(4)志満金にて鰻丼のランチ。(5)アグネスホテルにて休憩。
その後、タクシーで(6)淡路町の保存指定建築エリア見学。
(7)地下鉄で新橋に移動。ゆりかもめの先頭からお台場車窓観光。新橋駅にもどり現地解散。
日曜日なので混雑とか、お休み等の制約があった。実は、二つのコースの折衷だったので少し物足りないところもありました。

リッツのロビーにて02

今回のガイドは、定番コースだった。
土曜日は、リッツカールトンのクラブラウンジにてアフタヌーンティーをとりながら、クライアントのリクエスト、関心、希望等インタビュー。
地下鉄日比谷線で東銀座に出て、(1)歌舞伎座、(2)三原橋二葉で寿司、(3)晴海通り沿いに銀座散策、(4)有楽町国際フォーラム、(5)ライトアップされた東京駅。現地解散というコースだった。
問題は、コース後半がやや歩き疲れる点だ。

リッツのロビーで

日曜日は10時に集合。

窓辺の風景

この日は曇り空で本当に残念だった。宿泊者しか入れないクラブラウンジの窓からの眺め。
実は今、工事中らしくて、仮のラウンジはとてもコンパクトで家庭的な雰囲気だった。

THE VIEW from THE ROOM

お客様の部屋を見せてもらう。45階よりさらに上の階で、海側だから東京タワーが見えます。
U CAN SEE THE TOKYO TOWER VERY NEAR FROM MARK'S ROOM.

RITZ CAFE

リッツカールトン45階のバーで何故かコーヒーを注文。バーなのにコーヒーとはこれ如何に?
ほんとはモヒート飲みたかった。そばでジャズ生演奏だし、景色はいいし。でも、これから仕事だし、カクテルよりコーヒー安いし。私プアだし。
そういえば、朝日新書の下流老人を読み終えたばかりだ。
このギャップ感がなかなか良い。

THE VIEW from THE BAR

THE VIEW FROM THE BAR OF THE RITZ CARLTON TOKYO. THIS IS THE WEST DIRECTION AND U CAN WATCH THE SHINJUKU AREA.

カールトンのバーで

少し早く着いたのでバーで待つ。メニュー見て一番安いコーヒーを注文。窓からの眺めは素晴らしいが、あいにくの曇り空。晴れれば富士山が見えます。

カールトンのロビーで

土曜午後、リッツカールトンのロビーでサンフランシスコからのゲストと待ち合わせ。いつものホテルと違って45階のフロアでは、ジャズの生演奏してる。

2015年6月29日月曜日

TORAYA SWEETS 04

織物作家のデザインによる羊羹。

TORAYA SWEETS 03

TORAYA SWEETS 02

透明な立方体の中に様々な形をはめ込んだお菓子。多くの工程が必要な、非常に手の込んだものです。
お菓子アート、または食べられるアートだ。

2015年6月28日日曜日

TORAYA SWEETS 01

ミッドタウンの虎屋にて不思議な羊羹を見つけました。

デリーのインドカレー

I HAD AN INDIAN CURRY LUNCH AT THE DELHI RESTAURANT AT TOKYO MID TOWN.
六本木ミッドタウンの地下で上野広小路のカレー屋、デリーの支店を発見。すごく辛いカシミールの次に辛いインドカレーを食べる。老化に伴い、感覚が麻痺してるから、辛いの平気です。
お昼のお得なミッドタウンランチは1000円です。

IN FRONT OF TAKEMURA

薮蕎麦の後は竹むらでジャパニーズスイーツに挑戦。
THE ITALIAN TEAM TRYED JAPANESE SWEETS AT TAKEMURA.

2015年6月27日土曜日

薮蕎麦再訪 03

みんなで記念撮影しました。

薮蕎麦再訪 02

じゅんさい蕎麦は絶品でした。
五人のイタリア人は、天ぷら蕎麦を注文。二人は、私に倣ってじゅんさい蕎麦。どちらも好評です。

薮蕎麦再訪 01

THE ITALIAN IKEBANA TEAM VISITED AT YABU-SOBA AT KANDA.

GINZA WALK 05

三原橋風景。もとの三十間川を埋め立てて作られた場所だ。橋の下の映画館、シネパトスは、一昨年閉館し、橋上の店もない。
晴海通りを挟み 北側を眺めると、私の好きな捩れビルが見える。
反対側、私の後ろには新しく三井ガーデンホテルが建つ。その一階に、閉店したレカンのパン屋さんがある。

GINZA WALK 04

三原橋辺りから東銀座方面を望む。歌舞伎座のタワーとS&Bカレーの看板が、青い空に映える。
WHITE KABUKI-ZA TOWER AND MY FAVORITE RED SB SIGN BOARD AGAINST BLUE SKY.

2015年6月25日木曜日

GINZA WALK 03

我ながら暇だ。
このあと、並木通りの空や最中の前を通ったら、袋に入ってない箱が見えたので一箱買った。予約なしで買えるのはめずらしい。

硝子ビル三景 03

街灯を入れてみた。

硝子ビル三景 02

硝子の壁面の隙間がいいね。

硝子ビル三景 01

GINZA WALK 02

今日の目的フィンランドのメーカー、イッタラのショールーム。でも見るだけ。

GINZA WALK 01

今、みゆき通りを西に向かう。コリドー街も近い。画廊やレストランが多い。

上を向いて歩こう06

ぎざぎざビルが好きです。

上を向いて歩こう05

WALJING ALONG MIYUKI DORI.

上を向いて歩こう04

阪急デパート跡地の工事現場。

2015年6月24日水曜日

上を向いて歩こう03

みゆき通りの工事現場が好きです。

上を向いて歩こう02

ソニー通りは日蔭です。右に日動画廊裏口、左にレストラン、エスコフィエ。

上を向いて歩こう01

今日は上を向いて歩こう。まず、ソニー通りのエルメスビルの巨大モビール。

PAOLA at YABU-SOBA

神田薮蕎麦にて、せいろとそば寿司をいただく。
PAOLA TRIED JAPANESE SOBA NOODLE AT KANDA YABU.

PAOLA at KINOZEN

神楽坂下の甘味、紀乃善にて、抹茶ババロアをいただく。
PAOLA TRIED MATTYA BABAROWA AT KINOZEN.

キーマチキンカレー

グレートインディアのカレー。夏はやっぱりカレーだね!

食生活チェック

あなたの食生活は間違ってる。

パン屋のミルフィーユ

私の食生活は間違ってるかも知れない。

中華デザート

典型的な竹筒杏仁豆腐である。

桃花林の鰻料理

桃花林の中華風鰻料理。黒豆オイルで揚げました。鰻研究会としては看過できない。

オークラロビー02

さっきの写真は横にして見て下さい。
さて、この独特のロビー風景も見納めである。八月には工事が始まるらしい。

OKURA LOBBY 01

六月後半はちょっとインターナショナル。日曜日は、香港系アメリカ人のWさんとオークラのリサーチ。すでに来日していたイタリア人チームは京都旅行中である。
撮影2015年6月21日

2015年6月22日月曜日

OKURA DESIGN 05

提灯だけど真珠の首飾りにも見える。普通の提灯使うと歌舞伎座になってしまうからね。

OKURA DESIGN 04

昭和の東京のホテル御三家、帝国ホテル、ニューオータニそしてオークラ。いずれも海外資本との競争で苦戦してるが、オークラの和風テイストは人気だった。
そのデザインの基本は提灯と行灯。