2016年3月31日木曜日

石神井川の夜桜 04

YO-ZAKURA、CHERRY BLOSSOM IN THE NIGHT ALONG THE RIVER SHAKUJI-I.

石神井川の夜桜 03

風に揺れるので、ピンボケになるんだ。

石神井川夜桜 02

夜8時の石神井川、桜は満開だが、人通りはちらほら。川に張り出した桜の花が、目の前で揺れる。

石神井川夜桜 01

母の夕食を済ませてから桜に誘われて家を抜け出す。中板橋からすぐの石神井川の夜桜を見るんだ。

BEN-TEN at AKABANE

赤羽七福神の中で、唯一の女神の弁財天。ギターを掻き鳴らすロッカーの様です。
三月も今日で終わる。

STREET MUSICIAN=?iso-2022-jp?B?GyRCISIbKEI=?=BEN-TEN

BEN-TEN IS A GODESS OF MUSIC AND ART OF SHICHI-FUKUJIN、 SEVEN HAPPY GODS.

EBISU GOD at AKABANE

赤羽駅西口の七福神はアメリカの彫刻家、フリーマンの作品。動きのある元気でユーモラスな街頭彫刻の傑作だ。特に恵比寿様は逃げる鯛を捕まえるシーンが素晴らしい。

さくらまんかい

バスの窓からお花見。町は桜が満開デス。

小学校の桜 03

それにしても桜は小学校によく似合う。

小学校の桜 02

昨日は五分咲きだったが今は七分咲き。日本経済と同じだが、と言うことは、日本経済もやがて満開になり、いさぎよく散るのだろうか?

小学校の桜 01

近所の小学校の桜です。

オムライスについて考える。

まず、オムライスの適正価格ゾーンは750円だ。もともと、まかない食として、あまりものの肉野菜を刻み、ケチャップで味付けしたもに玉子を絡め、ライスオムレツとして生まれたメニューが1000円オーバーってどうなの?
だが、実態は、厳選洋食桜井のフルサイズ1800円を始め、たいめいけん、資生堂パーラー等高すぎ。上野風月堂は1000円だから許容範囲。その点、池袋西口、ロサ会館の洋食チェックは素晴らしい。

洋食さくらいのオムライス

東京都美術館のボッティチェリ展は素晴らしかった。4月3日までなのでわりと混雑していたが、許容範囲。
サンドロ・ボッティチェリ(1444〜1510)は、ルネッサンスの画家で、ウフィツィ美術館の目玉、ビーナスの誕生と春プリマベーラで有名だ。今回は、ミラノの何とか美術館所蔵の小品(58×40cm)、書物の聖母が来日。
保存状態完璧の美しい作品を間近で堪能した。しあわせ!
というわけで、ランチは、天すずの天丼か井泉のトンカツと決めたのだが、何と水曜日定休日だった。
そこで、多分10年振りくらいに、さくらいのオムライスいただきます。
ハーフサイズ、サラダ、スープ付きで1200円。ケチャップとデミグラスから選ぶ。当然ケチャップである。

OHANAMI IN UENO 03

上野公園の清水寺、北斎の浮世絵の松をコピーした。

OHANAMI STREET IN UENO 02

UENO PARK AND SHINOBAZU POUND ARE ONE OF THE MOST POPULAR OHANAMI SPOTS IN TOKYO. THE PROBLEM IS THAT THERE COME SO MANY PEOPLE BECAUSE OF EASY ACCESS.
U CAN ENJOY NOT ONLY CHERRY BLOSSOMS BUT ALSO HUMAN WATCHING.

OHANAMI STREET IN UENO 01

上野公園広場から眺める桜並木。昨日、3月30日時点で五分咲き。水曜日の午後だけど、この賑わい。
この日は東京都美術館にボッティチェリ展を見に行く。その帰りに、ついでにお花見します。

2016年3月30日水曜日

KUSATSU TRAIN

赤羽駅のホームにいたら、草津行きの列車が来ました。

KURAYAMI-ZAKA SLOPE

けやき坂を下り麻布十番商店街を抜けて帰ります。途中、暗闇坂がある。
この辺は高台から赤羽橋に降る坂道が多いが、もっとも印象的な名前だ。私の人生もお先真っ暗な暗闇坂である。

AFFOGATTO of OBICA

ディヤでホットチャイを頂いた後、甘いものが欲しくて、けやき坂に面したオービカにてアホガットを注文する。大体この町は意味不明の単語が散乱してる。
オービカは、OBICAで、イタリアの方言で、PREGOと同じ意味らしい。PLEASEってことか?
アホガットはアフォーガットのことで、アイスクリームにエスプレッソかけたデザート。ちょっと後悔した。
フェルメールの水差しの女性をイメージしながらしばしくつろぐ。

ディヤのチキンビリヤニ

ヒルサイド地下のインド料理ディヤにて、チキンビリヤニをいただきます。ご飯が壷に入って出てくる。
内装がモダンなインド風レストランです。最近、カレーをよく食べる。

2016年3月29日火曜日

六本木散歩 03

あらためて、ヒルズタワーを見上げる。
観光ポイントはやはり屋上スカイデッキからの眺めでしょう。

六本木散歩 02

実際はヒルズタワーの中を回っただけ。そういえば、先月も海外ゲストを案内したんだ。でも、実はよく知らない。知らなくてもガイドしてしまうんだね。
ところで、テレビ朝日の壁のスクリーンは見飽きない。

六本木散歩 01

2016年3月29日、今日は急に思い立って、森アーツセンターギャラリーに、フェルメールとレンブラント展を見に来た。
目玉はNYメトロポリタン美術館の水差しを持つ女(フェルメール)と、ベローナ(レンブラント)なんだ。
はっきり言ってベローナは勘弁して欲しい。一方、水差しは素晴らし過ぎる。

SKY VIEW from HILLS 02

右側の高層ビルはミッドタウンか?ならば、その奥の緑地は赤坂離宮か?
隣の人に質問されて、皇居だと答えたけど訂正させていただきます。今まで、いろんな人に自信を持って、嘘教えたことを深く反省します。

SKY VIEW from HILLS 01

遠く新宿方向を眺める。左奥の緑地は明治神宮と代々木公園、右側奥は新宿御苑と神宮外苑。手前は青山墓地と新国立美術館。

CHRRY BLOSSOM at MOH-RI GARDEN

森ビル隣の毛利庭園の桜。満開に近い。火曜日は温かになったからね。

毛利庭園の桜 04

庭園越しにイベント広場とヒルズレジデンスタワーを望む。なんだか知らないいろんな人とお話した。桜が咲いているからか?

毛利庭園の桜 03

池の側の枝垂れ桜も満開。

毛利庭園の桜 02

染井吉野です。

毛利庭園の桜 01

テレビ朝日の隣、毛利庭園の桜は満開に近い。

すみれの花咲く頃 03

三月弥生も半ばを過ぎて、卒業と入学式の季節である。桜の花の慌ただしさは、この季節に相応しい。
二年の監禁生活から逃がれ、東中野の公衆電話から警察に助けを求めた少女の話もドラマだ。驚くばかりだ。
私も魔法使いの老婆に監禁され、介護を迫られる身の上だから人事とは思えないんだ。

すみれの花咲く頃 02

大相撲大阪場所はドラマだった。見所は、琴将菊の横綱昇進だったが、他の二人の大関が奮起。一方、白鵬は初日黒星。宝富士は着実に力を付けている。
さらに琴勇輝の健闘。
様々な要素が複雑に絡み合い、結論は、白鵬の優勝。日馬富士に変化で勝つと言う、前代未聞の展開となる。

すみれの花咲く頃 01

久しぶりに天気がよく、ふとん干したが、花粉が大量に飛散してる。この様に、いいことと悪いことは同時に起きる。
古代メソポタミア遺跡のパルミラが奪還されたのは良いニュースだが、大部分が破壊されていたのは悪いニュースだ。
探査衛星ひとみが音信不通になったのは残念なニュースだけど、ブラックホールの秘密を解明する途上のアクシデントだと考えればよい。

SAKURA REPORT

THE SIDARE-ZAKURA HAS JUST BLOOMED.
近所の団地入口の枝垂れ桜。

2016年3月28日月曜日

近所の桜

近所の桜、二部咲き。
さて、明日から安保法制が施行される。
折しも世界情勢は第二次世界大戦前夜のようなムードである。
すなわち、自由で民主的な社会に、経済的危機が進行し、左右の対立が激化。戦争ビジネスで解決しようとする傾向だ。

(1)中国の領土野心は地球規模で、南シナ海は波高し。
(2)北朝鮮の独裁者は核開発を進め、長距離ミサイルを準備。
(3)米韓の合同演習は、上陸や斬首作戦など物騒な作戦を実施。
(4)アイエスは欧州でのテロ強化。日本も標的になるリスク。
(5)トランプ候補は、日本の核武装を容認?
2016年3月29日0時、安保法制の施行で、日米軍事行動はスムースに出来るようになる。日本が戦争する日も近い?
そういえば、潔よく散る桜は、戦争のイメージと切り離せないね。

BLACK CAT IN THE BACK YARD 02

裏庭のクロ、ガラケイカメラのシャッター音に反応してこちらを振り向くが逃げない。

BLACK CAT IN THE BACK YARD 01

裏庭の黒猫。
現在、庭の食物連鎖の頂点にいるクロだ。

2016年3月27日日曜日

WRAPPED BUILDING at HIBIYA

日比谷映画街に行く時に必ず見上げる工事現場。巨大クレーンが立ち並び、鉄骨がどんどん高くなる。
さて、今月は映画を三本見た。マジカルガール、エスコバル楽園の掟、そしてこの日に見たのが、エベレスト神々の山れい。
いずれもどっと疲れる作品ばかりだ。悲惨な現実の中で、せめて映画や芝居はハッピーエンドにして欲しい。
ところが三本ともバッドエンド。これ以上は、これから見る人のために内緒です。

有楽町地下道 02

さっきのは駅東側から撮影。これは西側からだ。この地下道は二つ並んでいて、今、隣は地震補強工事中である。補強すると、このコンクリート剥き出しの天井カーブも隠れてしまうのだろうか?

有楽町地下道 01

正しくは地下道でなくガード下なんだけど、当ブログでは地下道のカテゴリーに入る。
1945年の銀座空襲の時には有楽町ガード下に黒焦げの焼死体が積まれていたと言う。
多分ここだ。

2016年3月26日土曜日

品川駅右側

プリンスメインタワー38階の東海道五十三次からの眺め。遠くに海が見えます。また、下を通る電車は、東海道新幹線の各車輌や、在来線が楽しめる。ずーっと見て居ても飽きない。
さて、親戚のTさんは、酒飲みだ。そして食道がんになり、胃を摘出。食道も短い?のであまり食べられない。
だから昼間から焼酎飲んでいる。友人にも、そういうの一人いた。

品川駅真ん中

品川駅周辺は、東側がビジネス街、西側はホテル街。だから、西口を歩いてるのは世界各国のツーリストだ。

品川駅左側

再び品川駅風景、プリンスメインタワー38階の東海道五十三次レストランからの眺めである。
大阪の親戚、Tさんは久しぶりに上京して、このホテルに滞在中です。

2016年3月23日水曜日

SHINAGAWA STATION 02

品川駅北側に広がる広大な空き地。今後、再開発され、ビジネスセンターとなる予定。

SHINAGAWA STATION 01

品川プリンスメインタワー38階からの眺め。

働く車

朝歩いてると工事車輌に遭遇した。

文化会館夜景

珍しい夜のお出かけ。母の夕飯を6時に用意して、直ぐに出かける。上野着6時40分。開演7時。ロビーラカトシュのジプシー音楽。
だが、ジプシー音楽をステージで聞くのは違和感ある。やはりブダペストのレストランで、食事のバックミュージックか、路上で聞くのがよい。

2016年3月22日火曜日

OHANAMI PLAN 03

CHERRY BLOSSOM ON THE RIVER KANDA、FROM THE OMOKAGE-BASHI BRIDGE.

神田川に架かる面影橋からの桜、二年前の2014年4月2日撮影。
1970年代のNSPの歌が懐かしい。フォークソングが似合う景色です。キーワードは青春。

OHANAMI PLAN 02

石神井川沿いの夜桜、2008年3月28日撮影。練馬区の石神井公園を源流とする石神井川は、板橋区を通り北区王子辺りで別の川に合流する。
2005年か2006年に、石神井公園に職場のみんなでお花見に行って、あまりの混雑に驚いたっけ。
写真は8年前、中板橋付近の夜桜。マイナー感がいい風情出しています。
目黒川沿いとは明確に違う。神田川沿いとも微妙に違う。