2016年4月30日土曜日

NATIONAL MUSEUM WALK 05

結局、黒田清輝生誕150年展覧会を見ることにした。感想は素晴らしかった。だが、約240点に上る、膨大な展示で疲れた。

NATIONAL MUSEUM WALK 04

つつじのかげから本館を望む。

NATIONAL MUSEUM WALK 03

それからぶらぶらと科学博物館前を通る。恐竜展やってるので子供達がいっぱい。
やっと国立博物館に到着。ベンチで休んで、ブログ書いてます。
ここはチケット提示で入れるんだ。

NATIONAL MUSEUM WALK 02

国立博物館の玄関前から、大銀杏越しに東洋館を眺める。
さて、上野駅公園口は大変な混雑だった。少し怯んだが、がんばってまず文化会館に入る。歌劇シルフィードのマチネの客で混んでたが、チケット売り場が空いていたので、7〜8月のチケットを購入。三枚で1500円。
次に西洋美術館に寄り、大好きな地獄の門をじっくり見てから、カラバッジョ展覧会のお土産を覗く。西洋美術館のいいところはチケットなくても展示場以外の場所に入れることなんだ。

NATIONAL MUSEUM WALK 01

あまり気がすすまないが、黒田清輝展覧会の切符が5月15日までなので、上野に来た。3月に新宿の格安チケットショップでまとめ買いした中で、これが最後です。
振り返るとこの春はいい展覧会が続いた。フェルメールの水差し女、ボッチチェリーの本を読む聖母、そしてダビンチの糸巻き聖母。
他にも原美術館や先日の根津美術館など。

小惑星シュークリーム

宇宙にはこんな感じの凸凹な小惑星がいっぱい飛んでるんだ。

2016年4月29日金曜日

SWEET TEMPTATIONS

モンマルトルの洋菓子二つ。ベンシューとシュークリーム。
さて、今年(2016年)は、4月29日から5月8日まで、10日間にわたるゴールデンウイークだそうだ。しかし、毎日が日曜日の年金生活者には関係ない。むしろ、繁華街や映画館、美術館が混雑して困るだけだ。
家で読者でもしながらゆっくり過ごすのが、お金もかからないし、正解です。

REFLECTION

水曜午後の根津美術館庭園の池です。あおもみじが池に映り、天地逆転してる。

TWO YEARS AGO

二年前の六月に、同じ根津カフェにて、杏仁フルーツを撮影。THE SWEETS HUNTER のバックナンバーから見つける。
今年と比べるとずいぶんカラフルだ。それもそのはず、カラフルと言う展覧会でした!

BOAT IN THE GREEN

A SMALL BOAT FLOATING ON THE POND OF NEZU GARDEN TWO YEARS AGO.
2014年6月29日撮影の根津美術館の池に浮かぶ謎の小船。さっきの写真と比べると、まだ障子が破れてない。
何故6月に行ったかというと、多分、菖蒲と間違えたんだね。
ガラケイには昔の写真が貯まってるので整理します。

2016年4月28日木曜日

NEZU CAFE 02

かきつばたをテーマにしたデザート。ブルーベリーのパンナコッタに珈琲、根津ブレンド。合計1200円。
窓際のカウンター席で庭園を眺めながらくつろぐ。

NEZU CAFE

今年は2月に熱海のMOA美術館で、尾形光林の紅白梅図屏風に久々に会い、4月にここ、根津美術館で燕子花図屏風に会い、さらにかきつばたも見ることが出来たので満足です。
ところで、ガラケイでこうりんの文字が見つからない。光林は間違えで林に王へんが付くのが正しい。
さて、水曜午後は天気もよく、庭園を散策し閑中庵牛部屋にてお茶も頂きました。
最後はカフェで、かきつばたをテーマにしたデザートを頂きます。

2016年4月27日水曜日

かきつばた 03

根津美術館のかきつばたは調度見ごろ。水曜午後なので、人も少ない。
さて、燕子花図屏風は伊勢物語の三河国、八ツ橋の場面に基づく。
かきつばたの文字で始まる歌が添えられています。
から(唐)ころも
きつつなれにし
つま(妻)しあれば
はるばるきぬる
たび(旅)をしぞ思ふ

かきつばた 02

根津美術館の池に咲いているのは、杜若(かきつばた)です。
菖蒲(あやめ)でも、菖蒲(しょうぶ)でも、花菖蒲(はなしょうぶ)でもない。
でも、みんなアヤメ科だから近いし似ている。
違いは水辺で咲くのが、かきつばた。乾いた場所がアヤメ。花菖蒲は中間。

かきつばた 01

池の向こうにかきつばたが見える。
ところで、展覧会では尾形光りんの燕子花(かきつばた)図屏風が飾られている。
燕子花は、かきつばたとフリカナがふってあるが、えんしーかとも読む。さらに、杜若と言う漢字もある。
全部ありです。
ただし菖蒲じゃないんだよね。ここが難しい。

WISTARIA at MUSEUM

THE WISTARIA OF NEZU MUSEUM IS JUST IN FULL BLOOMING.

NEZU MUSEUM WALK 03

池を見下ろす藤だなの下で。

NEZU MUSEUM WALK 02

これは朝鮮の長命灯。

NEZU MUSEUM WALK 01

根津美術館の庭には、たくさんの石灯籠があります。中でも、これは一番ワイルドな灯籠。

謎の小舟

私の好きな舟だけど、大分痛んできました。
池の周囲は道が改修されて、歩き安くなった。

伊勢芦屋のひら釜

お客が一人なのでいろいろ質問出来た。この江戸時代のひら釜の銘は、いせあしや。根津美術館収蔵品だが、初めて使用するとのこと。保存状態は極めてよい。

閑中庵にじりくち

手前がこの閑中庵、後ろが田舎や風の牛部屋。お茶は牛部屋にてカッコイイ若者が点ててくれる。
牛部屋はすごくユニークで囲炉裏風の大きな炉がきられ、土間がある。立礼の席です。
私は閑中庵の座敷で頂きました。なんと贅沢!茶席券は1000円。このブログ見たあなたは、すぐに行くべし!

閑中庵入口 02

いつも閉ざされてる閑中庵に思いがけず入れたのでうれしい。水琴窟の手水鉢、つくばいでうがいして、手を清める。微かに水琴窟の音。いいねえ。
そして、閑中庵の客は私一人。

閑中庵入口

根津美術館に来た。杜若屏風をじっくり鑑賞堪能した後、呈茶会があるとのことで、閑中庵牛部屋に向かう。

つばきやのサンドイッチ

月末の支払いがショートしないように、池袋の三つの金融機関を回る。これで、ゴールデンウイークは乗り切れるはず。その後の予想はつかないが、良いじゃないの、今がよけりゃ。
昨日、立ち読みしたNHKの老後破産の本を思い出します。

さよなら豊島公会堂

2016年4月27日、豊島公会堂が解体工事してる。左側は旧豊島区役所。
確かに、来たるべき首都直下地震を考えれば、立て替えやむなしだけど、淋しい。

近所のジャスミン02

五月の連休を前に急速に緑が濃くなる。ジャスミンの白が映える。

近所のジャスミン01

白いジャスミンの花が咲いた。

2016年4月26日火曜日

近所のつつじ

近所のツツジが見ごろです。根津神社、六義園、駒込等の名所に行きたいなあ。

駅前の小さな林

ときわ台駅前の杉の木はのびすぎ。雀、鳩、烏の遊び場になってる。

最後の眺め

明日から解体工事が始まる裏のお宅。こちらからは見えないが、紅白の梅の古木二本も切られる予定です。
連休中は騒音に悩まされることになる。

日本八景 02

2007年、ジュリアン・オピーさん制作のこの作品は液晶モニターに描かれた浮世絵風の作品です。
風が微かに吹き、木々や水面を動かす。
技術の進歩と美術の関係は大きく変わった。過日、原美術館で見た東京尾行では、映像とイラストを組み合わせた作品だった。

日本八景より 01

THE VIEW of LAKE MOTOSU and Mt.FUJI from ROUTE 300.
BY JULIAN OPIE.
国道300号からの本栖湖と富士山の眺め。
2007年、ジュリアン・オピーの映像インスタレーション。
国立近代美術館2階

2016年4月25日月曜日

ちょっと休憩

またまた英語のスペル間違えました。文法は間違えても何となく通じるが、MORLDは意味不明。
でも、一体誰がこのblog読んでるんだろう。なるべくヒットしないタイトルにしてるんだけど、間違えてこのblogを開いてしまう方には、実に申し訳ありません!
これ、認知症予防blogだからね。

SWEETS MORLD 02

お菓子の花菖蒲。そろそろ根津美術館に行くとするか?
CAN U BELIEVE ALL OF THESE FLOWER ARE MADE OF JAPANESE TRADITIONAL SWEETS?

SWEETS WORLD 01

デパ地下の和菓子やの前で見つけた伝統工芸和菓子の作品、清流爽々。青紅葉の下、苔むす岩の間を清流が流れる。

FLOWER BED

人間世界が欝陶しいのは仕方ないが、川内原発が何故止められないのかを知って、いやになった。
報道によると、政府は規制委員会に従い、規制委員会は現在の数値に従って安全と言ってるだけ。不安だから止めると言う判断はしないそうです。
思ってる以上に馬鹿だねえ。
つまり、誰も判断、決断しないままに破滅に向かってまっしぐら。
花鳥風月の世界に浸りたいが、次のメルトダウンは花を枯らし鳥を殺すかもね?

ときわ台駅前風景

昨日、本屋に漫画、いぬやしき第6巻買いに行った時、板橋区についての本を立ち読みした。23区内でも北区と並んで地味な区だが、医療機関の多さと、物価の安さが取り柄だと指摘していた。
ときわ台については、東上線唯一の高級住宅地と言う人もいるが所詮、板橋区だと厳しい。特にときわ台駅を小さくボロだと書いていたが、この駅のよさと歴史的価値を理解されてないのは残念。
瀟洒な瓦屋根や、花崗岩の駅舎の赴きは捨て難い。
立て替えの話もあるが、個性のない駅ビルは勘弁して欲しい。
バリアフリーの面では問題あるのは認めます。

駅前花壇 03

みんなは私を暇人だと言うけれど、先週は忙しかった。
(1)モーニングコンサートでピアノ聴いた。
(2)歌舞伎座昼の部で、幸四郎の不知火検校と仁左衛門の身替わり座禅見た。
(3)竹橋の近代美術館に、安田ゆき彦展覧会行った。
どれも素晴らしかったが、体力の衰えを感じた。
特に歌舞伎座三階三等席は狭くて、エコノミィ症候群になりそうだった。

駅前花壇 02

駅前の花壇。人間世界とは関係なく、花は咲きます。
という訳で、熊本地震は10日経ってもゆれつづけ、熊本城の被害もひどい。
多くの人が避難してるが、車で寝泊まりしてエコノミ−症候群で死亡者が出る。
そして、大分や鹿児島にも広がるが、川内原発は止まらない。

駅前花壇 01

月曜はいい天気になった。駅前花壇の花が綺麗です。

SPECIAL ATTACK CORPS

近代美術館には多くの戦争画が保管されている。その多くは敗戦後に米国に接収されたが、無期限の貸与という形で展示されている。写真は伊原宇三郎の特攻機内地基地を発信ス。
SPECIAL ATTACK CORPS SETTING OUT FROM BASE.
さて、安田ゆき彦にも戦争画がいくつかあるんだ。

2016年4月24日日曜日

MOMAT の椅子

近代美術館の椅子はいいのが揃ってる。写真は2階資料コーナーのカラフルな椅子。
お勧めは4階のラタンの藤椅子や革製の椅子。値段も高そう。こんど撮影しよう。
それらの高級椅子に比べると写真の椅子は安いと思う。

WIRE CHAIR of MOMAT

WIRE CHAIR of MOMAT、 MUSEUM OF MODERN ART TOKYO.
安田ゆき彦画伯のゆきの字は見つからなかった。
彼の余りに端正な画面の美しさはなんでだろうと思っていたが、日本橋人形町の料亭の生まれと知り、和食の粋や清潔さが関係してるかも知れないと思った。多分違う。
安田ゆき彦展を堪能してから例によって常陳作品を鑑賞する。

REFLECTION 02

先程と同じ彫刻を室内から見る。同じサイズなんだけど、遠近の関係で外側が小さく見える。
街角彫刻と言うより窓際彫刻だね。

2016年4月23日土曜日

REFRECTION

ガラスを挟んで同じサイズの彫刻(人形)が向き合う。アイデアだけで勝負する一発芸のモダンアート。
美術館じゃなくて地下鉄の駅とか街角に置いた方が楽しいんだけどね。