2016年10月17日月曜日

ちょっと休憩

10月16日、日曜日は秋晴れの行楽日和。四ツ谷駅のテラス、PAULでイタリアからのゲストと待ち合わせて、迎賓館に行く予定だった。誰でも考えるのは似通ってるね。迎賓館前は整理券もった人々が並んでる。その数、2000人!
と言う訳で、迎賓館は諦めて、浜離宮を案内することにしました。
それにしても、世の中、いろんなことが起きる。
(1)5年に及ぶシリア内戦。死者20万、負傷100万、難民1000万人。停戦は破棄され、アレッポでは政府軍の病院爆撃等、市民の虐殺が続く。
(2)北朝鮮は弾道ミサイル3発とSLBM潜水艦ミサイル発射実験も成功。緊張が高まる。
(3)そんな中、ノーベル平和賞はコロンビアのサントス大統領に。50年以上に及び22万人が犠牲になった内戦終結に向けた和平合意は拒否されたけど。
(4)そして、ノーベル文学賞はなんとボブ・ディランに決定。
どれだけの人が死ねば死に過ぎだと人々は気付くのか?
HOW MANY DEATHS WILL IT TAKE TILL HE KNOWS 、THAT TOO MANY DIED?
その答えは風の中にある。
THE ANSWER MY FRIEND IS BLOWIN IN THE WIND.
つまり、みんなが、これは間違っていると分かっていても何もしないから、ずっと続くんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿