2016年11月11日金曜日

トランプ占い

池袋の純喫茶フラミンゴにて、ナポリタン食べながら、新聞各紙をチェック。
トランプ大統領により、日米関係はどうなるのか、トランプ占いをしてみた。
(1)一言で言えば、日米同盟の変質だ。つまり、これまでは、敗戦以来、軍事的に米軍に従属してきた。首都圏に米軍基地があると言う占領状態が日常化してるんだ。
(2)しかし、マッカーサーが日本軍国主義の復活を押さえるために作った平和憲法のおかげで、自衛隊の海外派兵は禁止だった。
おかげ様で、大義なき戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争や湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争に巻き込まれなかった。少なくとも戦争行為はなかった。これは20世紀の奇跡だ。
(むしろ、戦争特需で経済成長したんだ)
(3)しかし、米国経済の赤字のために、日本に役割を果たすことを強要し始める。
特に、ソ連崩壊による冷戦の集結とグローバリゼーションの始まりにより、日米同盟の目的が変わる。
(4)そして、国際貢献の名の元に、徐々に、PKO、後方支援の名目で日本を引き込み出したのが90年代から21世紀の現在までなんだ。
(5)だが、あくまで日本は米軍指揮下で動くことになっていた。これは戦後一貫していた。
(6)それが今、変わろうとしてる。アメリカは手を引く?
日本の道は二つ。核保有も視野に入れた、軍事的自立か、アジア諸国との集団 安全保障か?
(7)安全保障の上からは、平和憲法を維持して、他国の戦争に巻き込まれない様にする戦略が一番だ。
沖縄の基地問題も厚木の騒音も解決するチャンスではないかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿