2016年12月23日金曜日

年末雑感 01

2016年猿歳も間もなく去る。さるさらば。
今日は天皇誕生日。皇居の一般参賀は大人気らしい。夏に陛下が生前退位の希望を述べられたことも関係してる。
私は天皇と皇后両陛下を見て三つのことを考えた。
(1)天皇は宮沢賢二だ。雨にも負けず風にも負けず、東に震災や原発事故で苦しむ人がいれば、行って慰め、西に、洪水や台風で苦しむ人がいれば、行って励ます。糸魚川の大火にも心を痛める。
(2)天皇は太平洋戦争の傷跡を辿る慰霊の旅人だ。今年も激戦地ペリリュー島や多数の市民を巻き添えにしたフィリピンを訪ねた。
(3)天皇は、日本というブラック企業で働く非正規労働者だ。
定年が無いので、80過ぎた高齢でも隠居出来ない。海外出張や国内出張もしょっちゅう。休日手当もプライバシーもない。
厚生省は電通に強制捜査に入ったが、宮内庁にも行った方がいい。天皇働きすぎ。

0 件のコメント:

コメントを投稿