2016年12月3日土曜日

初日風景 02

師走の歌舞伎は忠臣蔵討ち入りと昔から決まってる。だが、通しで見る機会は少ない。
最近の記憶では、同じ国立で、三ヶ月かけて、真山青果の元禄忠臣蔵を見たのが強烈な印象に残ってる。
確か、内蔵助を、吉衛門、藤十郎、幸四郎で競演した。記憶が怪しいので後で確認します。
今月の仮名手本は、討ち入り場面のチャンバラが凄い。
最後に四十七士全員が名乗る場面は、初めて見た。

0 件のコメント:

コメントを投稿