2017年2月5日日曜日

さよならニュートーキョービル

長らく数寄屋橋のランドマークの一つであった、ニュートーキョービルの解体工事。
このビルには、映画館、有楽座が入っていたが、もとの有楽座は日比谷映画街にあった。現在の日比谷シャンテの当たりである。
1964年のアラビアのロレンス、70�総天然色の大画面に広がる砂漠の風景に圧倒された。
監督デビット・リーン、主演ピーター・オトゥール。他にアラブの名優オマー・シャリフも出演。
今にして思うと、この映画に描かれた時代が、今の中東情勢の混乱の始まりだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿