2017年7月27日木曜日

日本防衛の行方

やっとI大臣が辞任するらしい。遅かったですね。
同時に民進党のリーダーR議員も代表を辞任した。
さらに、もとスピードのI議員の不倫問題も報道される。
この三人に共通するのはGOOD LOOKING?と言うのは悪い冗談。
共通のキーワードは、「勘違い」でしょう。
それにしても、日本の防衛は危機的状況です。
戦後70年の日本の平和は、アメリカが与えた日本国憲法のおかげだったのは歴史的事実である。
アメリカに従属し、沖縄を犠牲にすることで、朝鮮戦争でも、ベトナム戦争でも、直接手を汚さずにすんだ。
それどころか、朝鮮人民とベトナム人民の犠牲による戦争特需が、日本経済を成長させたんだ。
平和憲法の解釈を変えて、海外派兵した途端、戦闘に巻き込まれて右往左往してる有様。
南スーダンで陸上自衛隊が一人も死ななかったのは単なる幸運、偶然だった。
中近東とアフリカの内戦の最大の原因は、武器輸出。自衛隊派遣しても平和にならない。
北朝鮮と南シナ海にも、海上自衛隊は絶対行っちゃ駄目。我慢だ。
防衛大臣は、平和憲法を理解し、かつ戦略の専門家で、恐持ての人物がよい。
今までの中では、中谷元、石破茂、森本敏の三人がまあ、よかった。
一川、稲田の二人は最悪だが、一川大臣を鋭く追求したのが稲田氏だったのは因果なことじゃなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿