2017年8月22日火曜日

らんぶる地下2階 01

ガラケイの中に、2012年11月17日のらんぶる地下2階の写真を見つけた。
喫茶店の中には、誰もいなくて私一人。
地下一階からの階段は舞台の様です。
この景色は、1968年頃と同じ。先日見た高島屋の沢田教一写真展を思い出す。
1965年ベトナム戦争に米軍に同行取材した沢田が撮影した写真「安全への逃避」は翌年のピュリッア賞を受賞。
100年以上に渡るベトナムの独立運動は、複雑過ぎる歴史だった。
1960年代には、フランス植民地主義を引き継ぐ米帝国主義と、その傀儡政権が、北ベトナムの共産党政権と民族解放戦線と戦う戦争になり、1964年のトンキン湾事件でアメリカは本格的に巻き込まれて行く。
1965年にはリンドン・ジョンソン大統領による北爆が始まり、東京大空襲を思い出すナパーム爆弾で多数の市民が死んだ。
1968年頃には世界的にベトナム反戦運動が巻き起こり、日本でも小田実のベ平連運動が盛んになった。
新宿は、そんな雰囲気で充満していたんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿