2017年9月30日土曜日

NIHON-BASHI WATCH 02

三越本店と新館の七階連絡通路から、北側を眺める。
奥のビルは東洋経済。右に行けば、日銀、貨幣博物館。お金の匂いがします。
左側に行けば、日本橋川。泉鏡花の小説「日本橋」の舞台、一石橋。

NIHON-BASHI WATCH 01

三越本店と新館の連絡通路(7階)から室町小路を眺める。
この通りには、名店が多い。まず、鰻の伊勢定、ミカドコーヒー、カレーのフジヤ、鮒佐、神茂、トンカツの宇田川、中華の大勝軒、そして繁乃鮨。
でも、写真はピンボケ。ガラケイのカメラの限界を感じます。
前のページの訂正。
ポスター写真の左から二つ目は、染織「春の川」。漆の「流れる」は、三つ目でしたね。
今年の受賞作品はシンプルモダンが多かった。

日本伝統工芸展に行く。

金曜、土曜と三越日本橋本店の「日本伝統工芸展」に行く。
毎年、広い会場を歩くのがつらく、一日では回り切れないんだ。
日本の伝統工芸の継承はしっかりされていると思います。
写真左から二つ目の漆塗りの箱、「流れる」は、見事な造形です。

2017年9月29日金曜日

みかんゼリーとシブスト

写真は下板橋の小さなケーキ屋さん、ラティーネのケーキ二つ。

(1)さて、「自公」(右)と「野党連合」(左)の対決と言う、分かりやすい構図は崩壊した。
民進党のリベラル派は追放される。
(2)仕掛け人は、小池百合子、民進党右派と連合の三者です。
(3)リトマス試験紙は、「憲法」「原発」「消費税」
(4)要するに、「自公」と「希望」は似た者同士。
(5)労働者階級の党、共産党は仲間外れにされ、「自公」と「希望」が権力闘争を開始する。
(6)ナイーブな国民は、深く考える事なく、「希望」に希望を託すでしょう。
(7)つまり、都民が騙された様に、国民も騙されることになる。
と言うのが、テレビと新聞読んでの結論です。
その先に来るのは、憲法改正、消費税増税、社会福祉切り捨て。
格差社会は広がり階級間の矛盾は鋭くなるでしょう。

ブルーベリムースとアイス

写真は、夏休みに黒門町の喫茶店、ボナールにて撮影したもの。
さて、暇なので、引き続き、選挙について考える。
(7)9月25日、月曜、パンダの名前と同時に、小池新党の名前が発表された。パンダは「シャンシャン」、新党は「希望の党」
そして、若狭、細野の二人はリセットされて、小池百合子が党首に。
(8)なんと言うことでしょう。「民進党」は「希望の党」に合流すると言い出した。
テレビによれば、小池、前原、連合の三者でハナシはついていた。
連合は左派リベラルを切り捨て、小池はお金と組織を手に入れる。
そして、民進党議員は当選出来る?
まさに、一石三鳥のアイデアなんだ。

エクレアふたつ

新宿ルノワールにて、新聞読みながら考える。
「政党」とは何か?
誰が、嘘をついているのか?
誰が騙されたのか?
さっきの続きを考えます。
(5)民主党あらため民進党の代表選挙で、E候補とM候補が争う。
E候補なら「野党連合」M候補なら「共産党抜き」
(6)結果は、前原代表。だが、共産党抜きの野党連合なんて、ワサビ抜きの寿司みたい。ほとんど自民党だから、争点なし。
これでは「自公連合」には勝てないと、誰もが思った。
(7)対立軸、反自民の受け皿がないと見た、K都知事は、「新党」を立ち上げる。その名前も「希望」。
(続く)

サバラン

モンマルトルのサバランを食べながらテレビ見てます。
大掛かりな詐欺が平然と進行中だから、これは見逃せない。
では、誰が誰を騙すのか、不肖、私が説明いたします。
(1)まず、A首相が、自らのスキャンダル(もりかけ問題)を隠すために、国難解散を強行。
(2)既に崩壊過程にあった民進党は、前R党首の失速、若手ホープのY議員の不倫疑惑でダメージを受ける。
(3)本当は、選挙の争点は、「平和憲法」と「格差解消」なんだけど、北朝鮮と消費税にすり替える。
(4)言い換えれば、「保守と革新」、または「左右の対決」の争点をぼかすんだね。
(5)左右対決となれば、「自公」と「野党連合」の対決と言う図式が見えるはずだった。
(つづく)

ちょっと休憩

写真は先週日曜日、大相撲千秋楽の日、銀座ルノワールにて。
九月場所は異例づくめで、一体どうなるかと思ったが、結果的には見応えあるドラマチックな展開となった。
そして、今週は政界再編の嵐となった。
「政党」とは、なんぞや?

2017年9月28日木曜日

九月の花 02

近所の公園の花。名前知らない。
そして、今、わが家の財政は、米国や日本と同じく、債務超過で、月末を乗り切れるかビミョー。
というわけで、水曜日は遠出はやめて、家で、テレビをたくさん見ました。
(1)「アウトレイジ」第一作。仁義無き暴力団の抗争は、どっかで見たような?
プーチン親分配下のアサド組と、反政府組の抗争に、アイエス一家が参入。さらに、トランプ親分のイラク会や、クルド団、イラン一家が参加。泥沼のシリア内戦か?
(2)夕方は「ドクターX」再放送。米倉涼子が格好よ過ぎる。
強い女が流行っています。
(3)夜は、BSで昔の映画二本、ヘプバーンの「ローマの休日」と、イーストウッドの「トゥルークライム」
ちょっとテレビ見すぎと反省!

2017年9月27日水曜日

九月の花 02

近所で見かけたサルビアの花。
さて、最近はショックなことが多い。
(1)まず、相撲世界では、怪我人続出。横綱四人の内、三人が休場したのが前ぶれだった。
(2)トランプと金正恩の口喧嘩がエスカレート。偶発的な戦争の危険が怖い。
(3)そして、日本の政治状況の混乱。
小池百合子は、パンドラの箱を開けた。
(4)国家的な「オレオレ詐欺」が着々と進む。「都民ファースト」は、「小池ファースト」だったのか。
(5)騙された私が馬鹿だった。
根拠なき希望は、やがて失望になる。

九月の花 01

この一週間はいろんなことがあった。
(1)水曜日、メキシコ大地震。
(2)木曜日、国連でトランプ演説。
(3)金曜日、核兵器禁止条約署名50カ国になる。
(4)土曜日、菊名のアトリエ訪問。
(5)日曜日、大相撲は、ひとり横綱の日馬富士が逆転優勝。豪栄道は弱気だった。
(6)トランプと金正恩の言い争いはエスカレート。
(7)上野のパンダの名前、香香(シヤンシヤン)に決まる。
(8)月曜日、百合子の「希望の党」旗揚げ。リセットしてアウフヘーベン。
(9)続いて、安倍首相会見。10月28日、大義なき冒頭解散を表明。
(10)ドイツ総選挙、右翼政党が初議席。
(11)火曜日、小池新党に乗り換え議員続出。
(12)水曜日、民進党解凍?

九月の展覧会

芸術の秋。見たい展覧会がいっぱい。
しかし、資金不足のために、なかなか行けない。
そんな下流老人を救うのは(1)無料の画廊である。
写真は銀座ネクサスホール、レイモン・デパルドン写真展(無料)。
1964年から2016年に至る約50年間の東京の表情を切り取った。
さらに、(2)無料チケットが老人を救う。
先輩に貰った「芸大コレクション」は、二期に分けて東京芸術大学の貴重なコレクションを公開。
キャッチコピーは「パンドラの箱が開いた」。
そういえば、パンドラの箱からは、あらゆる災いが出て来るが、最後に「希望」が残った。
その「希望」を冠した政党が生まれたが、ちょっと怪しい。
(3)松屋の「リサ・ラーソン展」の招待券も貰った。北欧の陶芸家、ラーソンの作品を歴史的に俯瞰出来る楽しい展覧会でした。
また、(4)原美術館の「田原桂一・光合成」は、チケットは自分で買ったが、友人がカフェをおごってくれた。
もつべきは、気前のよい友人である。

2017年9月26日火曜日

川上屋の栗きんとん

この栗きんとんは、岐阜県中津川の川上屋のもの。
先日、生協で買った恵那の清月堂と比べてみた。
どちらも美味。
秋のお菓子はやっぱり栗だね!

AUTUMN SWEETS

N先生を偲ぶ会で、お土産に頂いた中津川の栗きんとん。
心細いぞ木曽路の旅は
笠に木の葉が舞いかかる
イーゼルを担いで山に分け入る先生の姿が目に浮かぶ。

2017年9月24日日曜日

アトリエにて 03

先生の遺作展は大勢の生徒が集まり盛会でした。
美術の先生だから、作品で故人を偲ぶことが出来る。
今年春に、哲学のK先生の墓参りに行った時は、抽象的な話しだけだった。
それもいいけどね。

アトリエにて 02

N先生の風景画を鑑賞する。
右はパリ、モンマルトルの街から見た、丘の上のサクレクール寺院。
透明な明るいタッチの作品です。
隣は港風景。

アトリエにて 01

美術部のN先生のアトリエにて。
この日は生徒や関係者が集まり、先生の遺作を鑑賞した。
デッサン、人物、風景画等、先生の作品を見ている内に、夏休みの合宿を思い出した。

ときわ台駅前ターミナル

あらためてときわ台駅前ターミナルを観察する。
青い瓦に、クリーム色の石壁の古い駅舎。
その左右は工事中。
駅前広場には、ヒマラヤ杉と欅の大木が聳える。
ふと時間を見ると、池袋発55分の急行電車に間に合わないことに気付いた。

駅前マック

5年ぶり?のマックにて、二代目月見マフィンをいただきます。
駅前ターミナルには、天祖神社の提灯が並ぶ。
この日は、八月に亡くなった恩師のN先生を偲ぶ会に、菊名に行く予定。
菊名って行ったことないのでキンドルで調べたら、池袋から乗り換えなしで、34分で行ける。
すっかり余裕で、マックにてくつろぐ。

2017年9月23日土曜日

UENO UNDER WORLD 02

アメ横ビルの中をさ迷い、いつしか無人の白い通路に至る。
アメ横は奥深いのう。

UENO UNDER WORLD 01

上野駅と御徒町の間のガード下、アメ横を歩く。

ちょっと休憩

上野駅構内の食堂、ブラッスリ・レカンにて珈琲でくつろぐ。
そもそも、この日は、節約のために、東京一番安い床屋、カットワールド、700円に行くために上野に来たんだ。
それなのにランチで、2400円使ってしまったら、意味ない。
でも、こういうことってよくある。
今、人生を振り返ると、いつも財布は軽かった。

UENO STATION RESTAURANT 03

このレストラン、かつての上野駅の貴賓室を使った食堂だ。
最初、入口にあったメニュー、カツカレー850円?を見て入ったら、それは、入口脇のカフェのものだった。
やむを得ず、一番安いランチコースにしたんだけれど、デザートは別料金。
でも、ケーキ盛り合わせにコーヒー500円だからいいか。
考えたら、レカンは銀座ミキモト地下の高級店で、いつも通り過ぎるだけだった。

UENO STATION RESTAURANT 02

メインは魚にした。
名前は覚えられなかった。味は普通だが、ソースが旨い。

UENO STATION RESTAURANT 01

上野駅構内のレストラン、レカンにてランチを注文。
まず、冷たいジャガ芋スープが出て来る。
パンが旨い。

2017年9月22日金曜日

上野駅の彫刻

上野駅中央口の彫刻、朝倉文夫先生の「知情意」は三人の女神で表現されています。
前に、西洋の三美神は「真善美」と書いたが、間違いでした。
三美神は、諸説あるが、パリスの審判の場合では、ヘラ(権力)、アテナ(戦争)、アフロディテ(美)の三人。
ボッティチェッリーの春プリマベーラの中では、愛(ユーノー)、慎み(ミネルバ)、美(ウェヌス)を現す。
なかなか紛らわしい。

STATION STATUE 02

昭和33年(1958年)10月10日、上野駅開設75周年を記念して、同じく75歳の朝倉文夫先生が贈呈した彫刻、知情意の像。
西洋では、三美神と言えば、真善美だ。
歌謡曲なら、中三トリオ、桜田淳子、森昌子、山口百恵だよね。

STATION STATUE 01

上野駅中央口の彫刻、朝倉文夫先生の翼。

AN-MITSU of USAGI-YA

写真は、上野広小路うさぎ屋の餡蜜どんぶりだが、デカすぎ。
やはり、みはしのクリーム餡蜜がベストだけど、混雑がひどいのは困ったものだ。
浅草梅園や新宿伊勢丹地下のとらやも混むけれど、被災地の配給じゃないんだから。
価格帯は650円がよい。湯島のミツバチは安くてよろしい。巣鴨エリアもリーズナブル。

2017年9月21日木曜日

上野の甘味

THE SWEETS AT UENO.
写真はうさぎ屋カフェの「フレンチドラヤキ」だが、要するに、温めて、ハチミツかけただけ。
コストパフォーマンスから言えば、巣鴨千成最中のあんこ無しドラヤキ五枚200円の勝ち。
さて、上野、湯島、広小路の甘味を俯瞰して見よう。
やはり老舗の「みはし」、「ミツバチ」、「鶴瀬」が御三家でしょうね。
洋菓子なら、風月堂、リヨン、喫茶ボナールだが、リヨンは数年前に突然閉店。風月堂は工事中です。
和風のお菓子なら、春日通り沿いに、カリントウの花月、最中の壺屋、煎餅とアラレの竹仙が御三家です。
ただし、上野と言うより、もう本郷に近いけれど。

上野の鰻

本日は、上野の東京文化会館小ホールにて、恒例の500円コンサート。ビタリ・ユシマノフ君の素晴らしいバリトンを堪能したので、上野東照宮傍の、伊豆栄梅川亭にて鰻丼を奮発。
吸物、香物付き税込み2700円也。
さて、上野の鰻屋を俯瞰してみよう。
やはり目立つのは、池之端本店始め、梅川亭、湯島店の三店を展開する伊豆栄。
次に、池之端の名店、亀屋一睡亭。
そして秋葉原近い、神田川と久保田。
いずれ劣らぬ名店である。

2017年9月20日水曜日

HIGAN-BANA on THE BANK

私鉄沿線の土手にはいろんな花が咲く。
今、この辺りには、おしろい花とヒガンバナが咲いてます。

TRAIN RUNNING ON THE BANK

土手の上を走る東上線。その土手には、彼岸花が咲いています。

TRAIN RUNNING

東武東上線、中板橋とときわ台の間を疾走する東上線新車輛の勇姿。
電車は新しいが、線路や駅はほぼ50年前と同じである。
1965年の早春、私が受験した高校は、東上線沿線のK、西武池袋線のM、西武新宿線のW、井の頭線のK高校であった。
井の頭線以外には全て合格したのだが、結局、一番近いM学園高校を選んだ。
今、冷静に考えれば、東上線のK附属高校にしておけば、人生変わっていた。
だが、当時の東上線の床が木製だったことが、耐えられなかった。
考えが足りなかったんだね。

東上線のガード下通路

首都圏の私鉄は郊外では高架線になり、ごみごみした街を眼下にして走るが、23区内には踏切も多い。
私の好きな踏切は、(1)井の頭線の神泉駅踏切、(2)小田急線の代々木踏切、(3)西武池袋線目白四丁目踏切、(4)東武東上線下板橋駅踏切等だが、ガード下と言うのは少ない。
この写真は、東武東上線が環状7号を跨ぐ場所に2カ所あるうちの1つです。
なお、山手線の場合は、踏切は、駒込と田端の間に一箇所しかないが、ガード下は、有楽町、秋葉原、上野等いろんなのがある。

GINZA SKY

右はエルメスの硝子ビル、左は解体工事中のソニービル。
その隙間に見える秋晴れの空。
さて、エイリアンコベナントは、世評は高いみたいだが、小生にとっては、かなり落ち込む作品だった。
シリーズものって、第一作、第二作品まではいいが、それ以降はくどくなるケースが多いよね。
エイリアンシリーズの歴史を振り返って見よう。リプリーの宇宙飛行に必ず同行するアンドロイドが重要な役割を果たす。
(1)1979年、エイリアン(ALIEN)
リドリー・スコット監督の衝撃的第一作。
特に映像美術が素晴らしく、シガニー・ウィーバーのリプリーは当たり役となる。
(アンドロイドはアッシュ)
(2)1986年、エイリアン2
ジェームズ・キャメロン監督。再びエイリアン星に戻ったリプリーは全滅した植民基地で唯一生き残った少女を救出。派手な戦闘シーンの続くSFアクション映画となった。
(アンドロイドはビショップ)
(3)1992年、エイリアン3
デビッド・フィンチャー監督。(説明略)
(4)1998年、エイリアン4
ジャンピエール・ジュネ監督。(説明略)
シガニー・ウィーバーは第四作品までヒロインを続けた。
(5)2003年、エイリアン完全版(ディレクターカット)
(6)2012年、プロメテウス。
リドリー・スコット監督。
(7)2017年、エイリアン・コベナント
リドリー・スコット監督。
アンドロイドは二人出て来て非常に紛らわしい。

2017年9月19日火曜日

HIBIYA SKY

日比谷映画街の一画に聳える超高層ビル。
間もなく完成する日比谷ヒルズ?
この日、日劇マリオンで、エイリアン・コベナントの切符を買った私は、時間があったので、日比谷シャンテ地下の寿司清でランチしようとしたのだが、なんと改装中。
うーん、何処に行くべきか?

2017年9月18日月曜日

U-RAKU-CHO WALK

有楽町のガード下は様々な顔を持つ。駅の西側の外れ。
晴海通り沿いのガード下は、有楽コンコースの看板がかかる。

台風一過

大型の台風18号は、日本を縦断した。
わが家の被害は、雨樋が外れたくらい。

TYPHOON HAS GONE

台風18号は関東を通過した。

2017年9月16日土曜日

原美術館のテラス

これは昨年4月の写真だけど、原美術館の水はボトルで出される。
ちょっとシャンパンみたいな気分でいいね。
今年は、中学、高校、大学の、いつも会ってる友人じゃない、久しぶりの友人達に会えた。
すると、関連して、忘れていた友人達を思い出した。
みんなどうしているのかなあ?

原美術館のランチ 02

原美術館にて、三人の老人が会食。サラダを一皿とって分け合う。
デザートは、三人で別々のものを注文して、シェアしたんだけど、撮影忘れた。
ちなみに、チーズケーキ、ごまのムース、抹茶シホンケーキでした。

原美術館のランチ 01

五反田で、ドクターA君と一緒に、約50年振りに高校の旧友、K君に会う。
実に懐かしい。
御殿山の原美術館のレストランでランチをとりながら話しは尽きない。
写真は、本日のパスタだけど、少々ピンボケ。

白いヒガンバナ

お向かいから白いヒガンバナを頂きました。

THE CAFE AT HAPPY ROAD

ハッピーロードの中にある喫茶店、コロラドで、ハムサンドを頂きます。
自転車は近くのスーパーの駐輪場に留めた。

大山商店街アーケード

東武東上線大山駅の南口から川越街道につながるハッピーロード。

ホーレンソーカレー

東武練馬駅近くのネパール人のカレー屋、ミトミトカレーのホーレンソーカレー。

TRAIN OF TOJO-LINE

東武東上線、東武練馬駅そばの喫茶店、マザーリーフのテラスから踏切を通る電車を撮影した。
そういえば、最近は電車の火事が続いた。
小田急線の参宮橋付近での火事は、屋根が燃えた。やねー。
神田駅では安物の充電器が発火。なんだかんだ言っても安全第一だよね。

2017年9月15日金曜日

ちょっと休憩

最近、無駄に動き回っているように見えるが、健康のためには意味のある行動であることをご理解頂きたい。
写真は東武練馬駅近くのマザーリーフにて。
さて、9月15日朝、再び北朝鮮のミサイルが北海道を越えて飛ぶ。
北のミサイルは日米を「狙い撃ち」して、「もう、どうにも止まらない」山本リンダ状態なんだ。
テレビでは多くの専門家、識者がいろんなこと話しているが、どうなるのか?
第二次世界大戦前夜、英国はナチスドイツと話し合いを進めたが、それは裏切られた。
日米開戦前夜、ぎりぎりの外交が続いたが、日本帝國海軍は真珠湾を奇襲した。
2017年の現在、情況は似ているが、大きな違いは、核兵器とサイバー攻撃の被害が破壊的なことなんだ。
取り返しのつかない事態は避けたい。

東武練馬散歩 02

この日のコースは、ときわ台から東武東上線の線路の東側を北上。
上板橋から東武練馬に至る。特に見るべきものはないが、郊外では見られない小さな踏切多数あり。
また、電車と並行して走るので、電車と踏切好きな人にはお勧めです。
途中、環八との交差点では巨大な謎の建築物がある。
イオンに着いたら自転車を預ける。2時間まで無料。
東武練馬駅は小さな駅で、踏切を渡り西側に出る。すぐに、旧川越街道の北一商店街に出る。
帰りはこの道を走って上板橋に至る。