2017年9月7日木曜日

駐車場入口

数々の歴史が堆積した上野公園。
江戸時代には寛永寺の敷地で、今の噴水広場が本殿だった。幕末の彰義隊と薩摩長州軍との戦争で、本殿は焼け落ちる。
関東大震災では下町から焼け出された人々が避難して来た。
その中に、浅草から逃げて来た祖母もいた。
1945年3月10日の東京大空襲の時も避難民で溢れた。
地下道は親を無くした戦災孤児で溢れた。
その地下の異世界に繋がる入口である。

0 件のコメント:

コメントを投稿