2017年12月28日木曜日

GINZA HAIKAI 02

銀座ソニー通りの風景。
長く数寄屋橋のランドマークであったSONYビルが解体工事中である。
銀座は、1945年、太平洋戦争の空襲で焼け野原になってから70年以上にわたり変化し続けて来た。
大きな変化は、
(1)1949年から川と運河の埋め立て、1952年三十間堀川埋め立て完成。
(2)1950年歌舞伎座再建。
(3)1966年SONYビル完成。阪急百貨店開店。
(4)1967年都電廃止。
(5)1971年コアビル開店。
(以下省略)
この様に見ていくと、阪急が東急プラザになり、ソニービルが解体され、松坂屋がギンザシックスに代わると言う事態は、70年代の銀座が消えたということだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿