2018年4月22日日曜日

自由ヶ丘散歩 03

自由ヶ丘の熊野神社にお参りします。
柱には栗山さんの名前が沢山見える。境内には、栗山久次郎の銅像もある。
この人は、現在の自由ヶ丘、緑ヶ丘地域に相当する衾村と碑文谷村が、明治22年(1889年)に合併して出来た碑衾(ひぶすま)村の村長さんだ。
昭和二年(1927年)東急東横線が開通。当時は九品仏前駅だった。
だが、大井町線が開通して九品仏駅が出来たために、駅名変更することになる。
ネットで調べたら、最初は「衾駅」(ふすま駅)にする予定だったが、田舎くさいとの理由で、調度開校した「自由ヶ丘学園」の名前から、「自由ヶ丘」になったらしい。
確かに「衾駅」だったら今日の反映はなかったかも知れない。
名前って大事だね!

自由ヶ丘散歩 02

売り場奥は、100席余りの広いフロアで、この日は年配の婦人が目立つ。並ぶ事なく席に着き、定番のモンブラン(690円)とコーヒー(600円)を注文。
昭和の雰囲気濃いモンブランです。
昭和8年(1933年)に創業したモンブラン菓子店の看板ケーキです。

自由ヶ丘散歩 01

4月21日、五反田会の老人二人は、大岡山から大井町線で二つ目の自由ヶ丘に来た。
東急東横線と交差するから踏み切りがやたら目立つ。
駅前は、東武東上線大山駅前に少しだけ似ているが、歩行者の年代とファッションが違う。
駅前から東横線沿いに行くと細長い「自由ヶ丘デパート」にぶつかる。1階はアメ横、2階はエスニックで、シンガポールのインド人街の雰囲気。
その2階から、有名な菓子店、モンブランを発見。

2018年4月21日土曜日

東工大ウォーク 05

道路挟んだ建物。ここも東工大。
この先に精養軒が入っている。
最近は生協以外にコンビニや外食がテナントで入っている。

東工大ウォーク 04

桜並木は、今は、美しい新緑です。

東工大ウォーク 03

桜並木の桜は太く立派。花見の時には近所の人が花見に来るらしい。
私も、来年来たい。

東工大ウォーク 02

桜並木の奥に、大学本館の塔が見える。
THERE ARE MANY CHERRY TREES IN FRONT OF THE MAIN TOWER OF TOKO-DAI UNIVERSITY.

東工大ウォーク 01

都内の大学の学生食堂を回るのが好きです。
これまで、東大、早稲田、慶応の生協食堂、立教、上智、明治等を訪ねたが、東工大は初めて。だが、土曜日はなんとお休み。
さて、写真は東工大の記念館。
大岡山を出たらすぐ正門です。

大岡山駅前

土曜日は、五反田会のK君のガイドで、城北人にとっては秘境の大岡山をリサーチ。
でも、目黒駅から東横線に乗り換えたら、それは地下鉄南北線だった。
私事ですが、小生、生まれは本駒込、西ヶ原で育ち、東大前で学ぶ。(東大ではなく東大前)
だから、大岡山までは地下鉄一本で来れるのには、びっくり!
ついに、大岡山に初めて来ました。

ときわ台駅舎工事進捗報告 09

土曜日撮影。ついに塀が外れてメイン駅舎ビルが姿を現す。
素晴らしい!

2018年4月20日金曜日

TSUTSUJI BLOOMING

近所のつつじ。
この一ヶ月の母の転倒4回。救急車を呼んだのは3回。さらに病院まで搬送は2回。
旅行に行くのは難しい。

WHAT IS RA-MEN?

U CAN FINED MANY RA-MEN RESTAURANTS IN TOKYO.
THE BASIC ELEMENTS OF THIS FOOD ARE NOODLE AND SOUP.
THE MAIN TYPE OF THE NOODLE ARE THICK、 THIN and MIDDLE.
THE MAIN TYPE OF SOUP ARE SOY、MISO and SALT. PLUS TON-KOTSU and FISH.
THIS RA-MEN IS TON-KOTS OF TON-CHIN AT IKEBUKURO.

2018年4月19日木曜日

カレーは和食か?

写真は銀座ドンピエールのチョモランマカレー。チキンカツにちょっと辛いカレー。
さて、5月にアメリカからゲストが来る。
例によって和食の計画を立てますが、カレーは和食か?と悩んでます。
日本人の好物ランキングは、(1)カレーライス、(2)ラーメン、(3)寿司、(4)ハンバーグらしい。
私自身も、この四つは大好きです。
個人的ランキングは、(1)鰻丼、(2)江戸前寿司、(3)カレーライス、(4)蕎麦、(5)天ぷら、(6)トンカツ、(7)ラーメン、(8)オムライス、(9)ナポリタン、(10)フレンチトースト。
半分は、いわゆる「和食」の概念と異なるんだね。
「カツカレー」を奨めるべきか否か?

SHINJUKU VIEW 05

更に右側に目をやれば、NTTのタワー。エンパイアステートビルによく似ている。

SHINJUKU VIEW 04

新宿高島屋から国立競技場建設現場を眺める。
さんざんケチの付いた競技場だが、結局、最初の案はキャンセル。屋根無しとなった。
(1)屋根がないと、暑いし、雨が降る。
(2)最近の日本の夏は異常に暑く、局地的集中豪雨も多い。
(3)前の競技場と同じなら、意味ない工事だ。
(4)結論は、国立競技場の建設は税金の無駄使い。前の競技場の改修でよかった。
(5)しかも建物の周囲は樹木で覆うから夏は蚊が発生。
(6)建設会社社員の過労死自殺もあった。
(7)そもそも、高温多湿の日本の暑い夏にオリンピック開催するのが間違い。

左側の新宿御苑、それに続く神宮外苑の美しい緑の中に、オリンピック精神を見失ったオリンピックスタジアムが建設される。

ちょっと休憩

高島屋14階の京都料理みせんで遅いランチを頂く。
デザートの甘味。
湯葉尽くしのライトな食事です。
さて、四月上旬を振り返ると結構忙しかった。
(1)展覧会は四つ。松屋銀座の「与勇輝人形展」、芸大美術館の「東西美人画の名作」、「長谷川さんの個展」、国立新美術館の「示現会展」
(2)芝居は一つ。歌舞伎座夜の部「絵本合邦辻」片岡仁左衛門演じ納め。
(3)天ぷら研究会は二つ。浅草「大黒屋」、淡路町「天兵」、
(4)寄り合いは二つ。新宿美濃吉にて老人会、団地の理事会。
(5)読書も二つ。宮下奈都「羊と鋼の森」、孫崎享「日米開戦の正体」
(6)病院は一つ。コレステロール検査。
(7)辞任した人は二人。新潟県Y知事と財務省F事務次官。
(8)活躍したのは、エンジェルス、大谷翔平。将棋の藤井聡太六段。

YUBA DISH

JAPANESE YUBA DISH.
湯葉づくしの花籠膳。

SHINJUKU VIEW 03

新宿御苑の北側、正門から新宿御苑前の景色が見える。
曇天で、ガラケイの撮影だからこんな写真ですが、実際は素晴らしい眺めなんだ。
もし、晴天でスマホで撮影したら、もっと綺麗な写真が撮れたでしょう。

SHINJUKU VIEW 02

THE VIEW OF GREEN OF SHINJUKU GYOEN GARDEN FROM THE RESTAURANT OF TAKASHIMAYA DEPARTMENT STORE.

SHINJUKU VIEW 01

高島屋タイムズスクエア14階からの眺め。新宿御苑の緑の向こうに建設中のオリンピックスタジアムが見える。

2018年4月17日火曜日

ORCHARD GOLD CUP

コーヒーを飲み干すと現れる果物の模様。
まさに「黄金の果実」ですね。

CAFE BON 03

新宿東口のばいせん珈琲凡にて、ブレンドコーヒーを頂く。
この黄色いカップは、英国イングランドのエインズレイ(AYNSLEY)
作品名は、オーチャードゴールド(ORCHARD GOLD)
直訳すれば「黄金の果実」、昔貴族の間で流行った作風です。
(お店で貰った説明カードより)

2018年4月16日月曜日

CAFE BON 02

多数ある珈琲カップの中からマダムが選んだのは、黄色いボーンチャイナ。
繁華街を徘徊する年金生活者に相応しいとの見立てか?
そういえば、金曜日に支給された年金が気持ち少ないんだけど。
中国に業務委託した際の入力ミスじゃないよね?
間違えるなら多めにしてね!

CAFE BON 01

土曜日の昼下がり、新宿東口の珈琲凡にてショートケーキを頂く。
長い木のカウンターの一番奥から二番目の席だから、ポットがたくさん並んでる。
その後、満席になると、ポットは消えていくんだ。
珈琲はポットで二杯分だから、一杯約600円。かなり粘れる。

東口の喫茶店にて

西口で、330円のキツネ蕎麦食べて満ち足りた気分になった私は、ガード下の旧甲州街道を通り、東口に出た。
そして10年ぶりに、喫茶凡(ぼん)に入ってみた。
「ばい煎珈琲凡」は、一杯千円と言う価格がトラウマになってたが、この時には、余り気にせず地下に下りて行った。
壁一面のコーヒーカップは記憶通りだ。

JAPANESE SOBA NOODLE 02

同じ写真で失礼します。
(1)まず、写真に定価が書いてあるが、その右端が天たまそばで420円でした。訂正します。
(2)さて、かめやは世界的に有名で、小生も昔から外国人ゲストを連れて行ったが、雨の夜が最高のシチュエーションだ。つまり、ブレードランナーの冒頭シーンである。
(3)さて、最近つくづく思うのは、外国人には、せいろ(もり、ざる)は無理だ。よく、蕎麦猪口に蕎麦を詰め込み、頬張って食べてるケースがある。見兼ねて注意したが、理解して貰えなかった。
(4)その点、温かい蕎麦は問題ない。
(5)そして、外国人を連れて行く先は、立ち食いまたはチェーン店の方がよい。
更級、薮、砂場ではなく、この亀やを始め、富士そば、駅蕎麦がよろしい。

2018年4月15日日曜日

JAPANE SOBA NOODLE

KITSUNE(FOX)SOBA at KAMEYA、330 YEN.
当ブログ、4月5日の記事で、銀座よもだそばについて述べたついでに、うまい蕎麦屋を五つ上げたが、うっかりして、新宿西口思い出横丁のかめやを忘れてた。
さて、土曜日の午後はかめやのきつねそば330円からスタートした。
この店の名物は有名な天たまそば350円(現在は450円?)だけど、食が細くなっているのでキツネにしました。

ときわ台駅舎工事進捗報告 08

土曜日撮影。
中央の塔と左翼(向かって右)の屋根は綺麗なブルーの瓦屋根。
でも左側がわからない。シンメトリーの駅舎を期待してます。

MAIKO UNDER WISTARIA

女流画家の最後の作品。花と舞妓は人気のモチーフです。
前の記事で、哺乳瓶は、哺乳類の間違い。
人は何故絵を描くのか?
(1)見たこと、印象を他人に伝えたい。
(2)自分の好きなもの美しいものを身近に置きたい。
(3)何かに感動した時、それを表現したい。
つまり印象と表現、所有の欲求が芸術の源泉なんだ。
音楽、文学、美術の表現手段は違うが、その源泉、表現の欲求は共通してます。

2018年4月14日土曜日

北海道風景

示現会の展覧会より。北海道の古い洋館。
美しい作品です。
絵画のテーマは、人物、動物、静物、風景に分けられるが、風景画は、更に、
(1)大自然、山、川、湖、街、村、海に分かれる。花鳥風月、雪月花と言う分け方もあるね。
(2)人物画は、裸婦、着衣、肖像、歴史、神話等に分かれる。
(3)動物は、鳥、哺乳瓶、魚、虫に分かれる。

展覧会の絵

六本木の国立新美術館にて、示現会の展覧会を見る。
油絵の具象絵画が中心です。大変な数の作品は、写実的な作品が多い。

つつじ咲く 02

桜も綺麗だけど、つつじも綺麗だよね!

つつじ咲く 01

昨日、13日の金曜日は、国立新美術館に示現展を見に行く。
知り合いの奥様が出品していてチケット貰ったんだ。
美術館の前のつつじが綺麗に咲いていました。

にらの花咲く 02

我が家の庭の植物相は年々変化する。
最近元気なのは、この白にらです。
さて、今朝、米英仏の三ヶ国は、シリアを限定攻撃した。
アサド政権が化学兵器を使用したからです。

にらの花咲く

リラの花ではなく、にらです。
近所の小道で撮影。

2018年4月13日金曜日

芝居がはねて 03

残酷劇と言えば、シェークスピアの悲劇では、リチャード三世でしょう。マクベス、ハムレットも陰惨な殺人事件だ。
喜劇もあるからバランス取れるんだね。
エリザベス朝演劇は残酷劇が多い。
2003年にロンドン、グローブ座で見た芝居はやたら殺人シーンが出てきてうんざりした。
だが、演劇は実世界の反映だから、つまり、これは我々の世界が残酷だからと言うことで、まあ仕方ない。

芝居がはねて 02

劇場前の看板には芝居の名場面が。
四世鶴屋南北(1755〜1829)は、多くの傑作を送り出した。
東海道四ツ谷怪談、かみかけて三五大切、天竺徳兵衛異国噺、隅田川花御所染など見ているが、特に好きなのは、「桜姫東文章」と「浮世柄比翼稲妻」かなあ。
衣装、舞台の美しい芝居が好きだ。
今月の「絵本合邦ヶ辻」のような残酷劇は苦手だ。

芝居がはねて 01

歌舞伎座四月公演夜の部は、鶴屋南北の「絵本合邦ヶ辻」(辻の字は違う)の通しです。
見た記憶があるので調べたら、2011年3月の国立劇場公演の最中に3.11東北大震災で中止。
翌年、2012年4月の再演を見ている。
大学之助、立場の太平次の二役を仁左衛門。うんざりお松を時蔵が続けて演じている。
冒頭から殺人シーンで始まり、敵討ちの相手を次から次に返り討ちにする極悪非道な大学之助。
江戸時代のアウトレイジみたいな作品で、後味悪い。
だが、仁左衛門の当たり役だし、今回で演じ納めだから大人気。
芝居が撥ねて観客が興奮しながら感想を述べながら、ぞろぞろと銀座の街に出て行く。
ロンドンのウエストエンド、NYのブロードウェイ、世界の劇場街で毎晩繰り広げられる光景です。
この雰囲気がいいですなあ。

歌舞伎座の絵 03

これは小林古径の作品。タイトルは多分「二匹の犬」?
全ての作品は硝子で保護されているから、写真は反射して上手く撮れない。
この辺で止めます。

歌舞伎座の絵 02

上村松園の作品だと思います。タイトル忘れた。

歌舞伎座の絵 01

歌舞伎座2階の壁面には日本画の名画が多数展示されています。
これは安田ゆき彦画伯の多分「白村上の戦い」。自信ないけど。

KABUKIZA WALK 04

2階から1階ロビーの絨毯を眺める。
すでにベルが鳴ったから人影まばら。

KABUKIZA WALK 03

実際に座ったのは例によって3階3等A上手寄りだけど、花道も見えるし、舞台全体を俯瞰出来るよい席です。
ただし役者の顔は見えない。

KABUKIZA WALK 02

2階桟敷席。一度座りたい。

KABUKIZA WALK 01

THE ENTRANCE OF THE THEATER.
THE COLOUR CONTRAST OF THE BLUE CURTAIN AND THE RED LANTURN IS SO COOL.
昨日の歌舞伎座の写真を整理します。
英語のスペル、自信ありません。ガラケイではスペルチェックしてくれない。
漢字も英語も間違える。

2018年4月12日木曜日

歌舞伎座全景

第二次大戦中の1945年に、アメリカの空襲により、焼け落ちた歌舞伎座が再建されたのが1950年前後。
それから60年後の2010年、奇しくも小生の定年退職の年に、再建工事に入った。
それから三年、2013年4月に、ほぼ先代の建物を復元する形でオープンしたんだ。
私の生きた時間と重ね合わして感慨深い劇場です。

久しぶりの歌舞伎座

体力と経済的理由から、今年、歌舞伎座に来たのは今日が初めて。
国立劇場も三月に行ったきりだから、私としては珍しいかもね。
狭い座席に長時間座っているのは苦痛だし、ストーリーが最後まで理解出来ないんだ。
だが、四月夜の部は「絵本合邦ヶ辻」と聞いては行かずばなるまい。
しかも、片岡仁左衛門演じ納めです。

GOLDEN TAIL 05

少し離れると全貌が見えてくる。
昔、水戸黄門の「葵の印籠」、今は「首相案件」。

GOLDEN TAIL 04

青空を背景に巨大な尻尾が見えます。
その全貌は見えないけれど、何か巨大な動物を暗示します。

GOLDEN TAIL 03

この間の公文書隠し、書き換え(改竄)、から見えて来たのは、わりと単純なからくり。
(1)K学園はA首相(PM)の友人が便宜を図って貰った。
(2)M学園は、A夫人が関与していたので特例で便宜図る。
(3)「働き方改革」のデータはいんちき。残業代払わず長時間労働が「改革」とは?
(4)南スーダン日報に続き、イラク日報も隠してた?都合悪いのは隠そう。