2018年1月31日水曜日

スーパーブルーブラッドムーン

ガラケイではどうしても撮影出来ないので、千なり屋の餡なしどらやき、6枚200円を使い、特殊撮影で表現した、スーパーブルーブラッドムーンです。

月食の夜空

睦月の晦、夜空を見上げると、SUPER BLUE BLOOD MOON が見えた!
無謀にもガラケイで見上げた夜空の写真。
真っ暗だけど、肉眼では見えた。

SUKIYA BASHI CROSS

東急プラザからの眺め。不二家ビルは看板修理中。
高いところから下を見るのは楽しい。

ソニービル跡地

銀座東急からの眺め。ソニービルの解体が進む。

SNOW IN AOMORI

THE MEMORY OF WINTER AOMORI IN JANUARY IN 2012.
THE TRAIN OF AOI-MORI、BLUE FOREST TRAIN.

THE BIG DOG YEAR

THE BIG DOG OF AOMORI MUSEUM.
IT IS THE DOG YEAR、2018、THIS YEAR.
写真は2012年6月に、青森に日帰り旅行した時に撮影した巨大な青森犬。
ガラケイの社長が満杯になったので削除してる中で発見しました。
今年は犬歳だから、再掲します。
この日は、三内丸山遺跡も見学した。6月だから出来た日帰り旅行だ。
冬だと雪が凄くて動けません。

2018年1月29日月曜日

ちょっと休憩

日曜日の昼下がり、和光アネックス2階のティールームで寛ぐ。
この日、イタリア人社長と香港系アメリカンと江戸っ子の小生の会話は、英語。
だが、二人の流暢な会話について行けない。
適当に相槌うってたら、怪訝な顔された。
そういえば、日本の会議とかもよく理解出来なくて適当なコメントしてたっけ。
思えば一知半解、勘違いの人生でした。

和光の抹茶パフェ

和光アネックスって男性一人では入りにくい。年配のマダムがメインの客層なんだ。
学生時代に英語学科のクラスに入ったらほとんどが女子学生ですごく落ち着かなかった。
さて、この日は知り合いと一緒だから、躊躇せず抹茶パフェを注文した。
毎年冬の限定パフェで、和風な味わい。
その美しい完成度は芸術と言ってよい。

THE VIEW FROM WAKO

後輩の転職祝いで銀座に来た。社長のおごりで和光の喫茶、アネックスに来たが例によって順番待ち。
窓から尾張町交差点を眺める。

マルクスのコンポート

資本主義のグローバル化で国家を越えた金融資本がしたい放題。
21世紀に入って再びカール・マルクスが注目されていると思ったら、銀座四丁目にビストロマルクスがオープンした。
銀座の中心、ギンザプレイスの7階から、格差社会の現実を見据えて、ワインを飲みながら日本の将来を憂う。
そう言えば、保守の論客、西部邁さんが21日に自死し、26日には保守護憲の野中広務さんが92才で亡くなった。
写真は、マルクス主義風梨のコンポート。
梨の下部構造の上にアイスクリームの上部構造が乗り、その上のチョコレートは、タックスヘブンを象徴してる。

2018年1月28日日曜日

ルノアールにて

銀座ルノアール三丁目店にてミックスサンドイッチをいただきます。
東京の大雪、草津の噴火と意外な事が起きているが、栃の心の平幕優勝もびっくりした。

さよなら白いばら 03

昨年末に忘年会の計画があったのに行かなかったのが悔やまれる。
白いばらの予算は、早く行って、8時からのショーを見て、9時前に帰れば1万円位に出来た。
指名せず、注文を控えると言う野暮な手段だが、財政難だから仕方ない。
不況の中で、7丁目の方も大変苦労したようだが、3丁目の「白いばら」は、建物の老朽化が原因か?または、低価格路線とホステス人件費の矛盾か?
挨拶の最後の言葉、「皆様の心に白いばらがそっと咲き続けて行きますように」が身に染む。
「白ばら」はナチスに対する抵抗運動の象徴でもあった。
間もなく平成も終わり、昭和は遠く成りにけり。

さよなら白いばら 02

GOOD BY WHITE ROSE.
さて壁の挨拶の続きを読む。
「(中略)一歩足を踏み入れれば、ほっとする昭和の内装、生バンド演奏、きらびやかなダンスショー、毎日楽しい会話が始まりました。
創業から歩んだ87年間の歴史に、今幕を下ろさせていただきます。皆様の心に白いばらがそっと咲き続けて行きますことを願って」。

さよなら白いばら 01

白いばらの青い壁には日本地図がかかり、ホステスさんの出身地が一目瞭然でした。
東京が圧倒的に多いけど、ほぼ全県を網羅。
さて、「閉店のごあいさつ」が張り出してあるので読みます。
「創業昭和6年より87年間、この中で店名を現在の白いばらに改め、正統派のキャバレーとして営業を続けてまいりました。
この度、頑張って来ました店舗建物は、常に改修を手掛けたものの、その役目を終え、お店をたたまざるを得ない判断に至りました」。

THE LOST GINZA 03

昭和の風情を残して貴重な存在だったキャバレー「白いばら」が、2018年1月10日に閉店したニュースはショックでした。
日劇、SONYビル、白いばらの三つの跡地をたどりました。

THE LOST GINZA 02

1960年代に、有楽町数寄屋橋交差点に出来たSONYビルは、向かいの数寄屋橋交番、不二家ビルと並ぶランドマークだった。
一つのフロアを段差をつけた四フロアに分け、楽しい空間が連続する建築でした。
昨年、2017年春に閉館。
現在、解体作業が進行中である。
エルメスビルの、硝子瓶底で出来た、ツルピカビルがよく見える。
SONYビル壁面には、よく、巨大広告が出現したが、沢尻エリカの広告が鮮烈だった。
地下のマキシマムドパリが突然閉店したのは2015年6月30日だった。
6階のあるでん亭のパスタは安くてうまかった。

2018年1月27日土曜日

THE LOST GINZA 01

1945年の銀座空襲、敗戦から再出発した銀座は、その後、いくつものランドマークを作って来た。
日劇は、そごうデパートと共に有楽町のシンボルだったが、マリオンに立て替えられた。
日劇の名前は映画館の名前に残るのみだったが、ついに2018年に消える。

VIEW from TRAIN

電車の窓から外見るのは楽しい。
これは山手線の最後尾から目白か高田馬場当たりを眺めた写真です。

COLD DAY 02

IN TOKYO WE HAD SNOW ON MONDAY.
WE HAVE NO SNOW SINCE THEN、 IT HAS BEEN FINE BUT COLD THIS WEEK.
MOST OF THE SNOW HAS MELT BUT STILL REMAIN IN THE SHADOW.
THE LEAVES ARE FROSEN.

COLD DAY 01

今週は寒波のために、雪は降るし、毎日氷点下の寒さです。
我が家の窓のつららは、初めて見た。
IT HAS BEEN VERY COLD IN TOKYO THIS WEEK.
I HAVE SEEN THE FROZEN WINDOWS OF MY HOUSE AT FIRST TIME.

2018年1月24日水曜日

区役所巡り

今日は、台東区役所に行きました。
これまでに6ヶ所の区役所を訪問したが、それぞれ特徴があって面白かった。
(1)板橋区は出張所に行く。本庁は高速道路そばで緑が少ない。
(2)杉並区は、丸の内線南阿佐ヶ谷駅そば。帰りに商店街を通ってJRの阿佐ヶ谷に出た。
(3)大田区役所は蒲田駅そば。帰りは池上線で五反田に出る。
(4)北区役所には大塚から都電荒川線で行く。音無川と王子神社を見学。建物は1番古い。懐かしい感じ。
(5)文京区役所、建物は1番立派。後楽園駅そば。
(6)台東区役所、ここも新しい。カウンターが一直線でわかりやすい。上野駅入谷口から直ぐ。

2018年1月23日火曜日

WHITE and BLUE

雪は夜の方が美しいよね。朝になって泥と混じった道の雪は、枕草紙でも「にくし」と言ってる。
でも、青空と白雪の対比は鮮やかでよし。

雪の庭

雪に埋もれる狭い庭。今年の梅は咲くだろうか?

MORNING SNOW 04

THE SNOW ON THE TREE IN BACK YARD.

MORNING SNOW 03

ベランダの水がめは凍り、雪に埋もれている。

MORNING SNOW 02

厳寒の候、玄関の雪。

MORNING SNOW 01

火曜日の朝、昨夜と同じ場所を撮影してみた。

NIGHT SNOW 02

昨晩6時頃?何とかラッシュアワーの前に帰宅できました。
昨日は、映画も見たし、いろんなことが出来た。
今日も用事がたくさんあるんだ。

NIGHT SNOW 01

玄関に積もった雪。

板橋の雪 02

バスを降りたら雪国だった。

板橋の雪 01

2018年1月22日は、数年ぶりの大雪となった。
都内では、わずか5cmの雪でも交通が遅れます。
バスを降りたら滑りそうになった。

AKABANE in SNOW

赤羽は北区だから帰宅(きたく)困難者も多い。バス停には長蛇の列。タクシー乗り場も同様だ。
そもそも、不要不急の用事なら外出を控えるように、テレビでも言っていた。
だが、「出かけるな」と言われると出かけたくなる困った(歪んだ)性格のために、映画「パディントン22」を見に行った。
映画は、ペルーからの移民である熊のパディントンが、様々な差別と困難に立ち向かう感動的な作品だったが、雪のために観客は数人。
そして新宿で山手線のホームに行ったら、満員と遅延。
直ぐに湘南新宿ラインに移動したのは適切な判断でした。
認知症は進行しているが、判断力は残ってる。

SHINJUKU in SNOW 02

西口の京王百貨店に行く。昨日、お金がなくて買えなかった、T教授お勧めの、福井の水羊羹が目的だ。

SHINJUKU in SNOW 01

新宿西口からコクーンビルを眺める。日曜日と打って変わる雪景色です。

2018年1月22日月曜日

日比谷交差点の雪、訂正

さっきのこの写真の説明に間違いがあったので、訂正します。
(1)写真は、本日午後、映画の後に撮影。
(2)左側は日比谷公園と書いたが、皇居の間違いでした。
(3)この後、丸の内線で新宿に向かいました。池袋に帰るべきだった。

ごぼうはむサンドイッチ

新宿駅西口、メトロ食堂街の高野にて、ごぼうサンドとイチゴパフェのセットをいただきました。
コレステロール値が高いから、パフェは危険だが、薬飲んでるし、ハーフだから大丈夫。
ごぼうも健康的だし。

高野のイチゴパフェ

これは、昨日、新宿駅西口の高野で食べたイチゴパフェ(ハーフ)です。
このメトロ食堂街は仕事帰りによく立ち寄ったが、高野はいつも行列だった。
だが、日曜日にT教授と行ったらたまたま空いていたので、サンドイッチとパフェとコーヒーのセットを注文した。1200円くらいだから、パフェ一つより安い。

HIBIYA in SNOW 04

雪の日比谷公園ってなかなか珍しい。
向こうは皇居、右は第一生命本社方向。かつて占領軍の総指令部があった。
日比谷公園内に入れば、良い雪景色が撮れるが、流石に断念した。

HIBIYA in SNOW 03

雪の日比谷交差点。左側は日比谷公園。
226事件みたい?

HIBIYA in SNOW 02

パディントンの映画は、日比谷スカラ座だった。広い館内に観客は数人。ゆったりと映画を楽しめた。
パディントン駅には少し思い出もある。
ところで、スカラ座ってイタリアのミラノ座にあるよね。
新宿歌舞伎町にはミラノ座って言う立派な映画館があった。中学生の私は、混乱した記憶がある。
写真は、宝塚向かいの、日比谷シャンテ。リニューアルオープンしたが、一階のカフェシャポーは閉店した。
地下の寿司清は、少し移動してオープン。カウンターが短くなった。

HIBIYA in SNOW 01

今日は日比谷に映画、パディントン2を見に来た。
映画が済んで外に出ると、予報通り、雪でした。
写真は、新しい高層ビル、日比谷ミッドタウン前。

2018年1月21日日曜日

銀座の消防車

晴海通りで消防車に遭遇する。

AFTERNOON WAKO

土曜日夕方の和光ビル。日産ショールーム2階からの眺めです。

MY FAIR LADY 05

銀座四丁目の日産ショールームにて。これは昨年末の写真。

MY FAIR LADY 03

イライザが花を売っていた、ロンドンのコベントガーデンには、1980年のクリスマスに初めて行った。再開発されて商業施設が並ぶ観光地に変貌していたが、建物自体は昔のまま。
その後、1985年、1989年、1995年、2003年等にも訪問したが、すごく懐かしい。
ところで、女性を自分好みの「マイフェアレディ」に変貌させると言う話しは、かなり女性蔑視なような気もするが、映画では、1990年のジュリア・ロバーツ主演、「プリティウーマン」が思い出される。
リチャード・ギアの大富豪が、コールガールのジュリアを社交界に連れて行く話しだ。
実際、マイフェアレディを下敷きにしてるらしい。
また、1958年のヒッチコックの「めまい」では、ジェイムズ・スチュアートがキム・ノバクを改造する。
最近のハリウッドのセクハラ騒動もむべなるかな。
カトリーヌ・ドヌーブ女史の発言も興味深い。