2018年1月13日土曜日

TAMASABURO at DOJO-JI 02

テレビで玉三郎の娘道成寺を見る。
道成寺(京鹿子娘道成寺)は、安珍清姫伝説、能の「道成寺」を下敷きにした舞踏だから、出の場面は能の所作。華やかな舞台も美しい。
40年前に国立劇場で梅幸の花子で見たのが最初。
10年くらい前に、玉三郎と菊の助の「二人道成寺」は素晴らしかった。
玉三郎の解説では、40年以上前、大曲の観世能楽堂に通い、それが40才過ぎて役に立ったそうだ。
なんと私も学生時代、毎月の鉄仙会に通ったが、いつも寝てた。

0 件のコメント:

コメントを投稿