2018年2月9日金曜日

SAYONARA NICHI-GEKI

有楽町日劇跡にマリオンが建てられたのはいつの頃だろうか?
その中に「日劇」の名前だけを留めていた「東宝シネマズ日劇」がついに閉館。
有楽町から日劇の名前が消えた。
先月末から行われた「さよなら日劇映画祭」も二月七日に終わり、一階掲示板も空白となる。
2018年に入り、ソニービルの解体、キャバレー白いバラの閉店、と時代の変化を感じる。
高校生時代は、日比谷映画街で70mm大作を見て、日劇地下にあったATG系列の「日劇分割」で、ポーランドやロシアの前衛映画や、日本の独立プロの作品を見た。
パサジェルカ、灰とダイアモンド、尼僧ヨアンナ、ローラーとバイオリン等。
また、チャプリンの独裁者や街の灯、黒木和雄の飛べない沈黙。
懐かしいなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿