2018年3月27日火曜日

国会中継を見る 02

与党のストーリーは、(1)改ざんは理財局内部で行われた。
(2)従って、最終責任は佐川前局長である。
(3)首相、財務省、首相官邸等の関与はありません。
一方、野党のストーリーは、
(1)不当な国有地の値引きは、首相夫人が関係している。
(2)だから首相夫人の名前を削除した。
(3)改ざんは、理財局だけでは出来ない。
(4)首相官邸または、政治家の関与があるのではないか?
さて、証人喚問の結論は如何に?

0 件のコメント:

コメントを投稿