2018年3月27日火曜日

お花見中間報告

2018年のお花見は、例年より一週間早い開花、さらに早い満開が特徴である。
その原因は、2月から3月にかけての寒波。その後の急激な気温上昇だ。
今週も暖かいので、桜の散るのも早いらしい。
2018年のお花見は、川の桜をテーマに、目黒川、石神井川、神田川を巡る計画だった。
(1)24日、土曜日の目黒川は、諸般の事情で出発が遅れ、五反田から中目黒まで歩く予定が、目黒までと短縮。
(2)25日、日曜日は、花粉が多く、やはり夕方の出発となった。久しぶりの自転車がきつく、これも短縮。
(3)26日、月曜日に国立新美術館に行ったのは正解。人出がそれほど多くない。
当初、神田川に行く計画だったが、青山墓地に変更。これもよかった。
(4)明日は、神田川の桜に会いたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿