2018年4月13日金曜日

芝居がはねて 03

残酷劇と言えば、シェークスピアの悲劇では、リチャード三世でしょう。マクベス、ハムレットも陰惨な殺人事件だ。
喜劇もあるからバランス取れるんだね。
エリザベス朝演劇は残酷劇が多い。
2003年にロンドン、グローブ座で見た芝居はやたら殺人シーンが出てきてうんざりした。
だが、演劇は実世界の反映だから、つまり、これは我々の世界が残酷だからと言うことで、まあ仕方ない。

0 件のコメント:

コメントを投稿