2018年5月21日月曜日

JAZZ in IKEBUKURO 08

今年15回目を迎える池袋ジャズ祭。
今年は天気にも恵まれて素晴らしいジャズ祭になりました。
このジャズ祭のいいとこは、
(1)参加バンドの多さと多様さ。新旧の演奏を楽しめる。
(2)池袋西口に限定した狭い空間たから、移動が簡単。
(3)野外ステージには椅子席もあるから、計画的に回れば、ゆったり鑑賞可能。
(4)アマチュアからプロまで、大学バンド、社会人バンド等、楽しみながら演奏しているのがいい。
(5)そして驚くのが、演奏レベルの高さです。
写真は、私のオススメ「あっぱく部屋」の伝統芸能、カウントベイシー土俵入り。

JAZZ in IKEBUKURO 07

池袋ジャズ祭の二日目、池袋西口駅前広場で「あっぱく部屋」の相撲ジャズを聴く。
この力士の四股名は失念したが、五人のサックス奏者のレベルは高い。
一人相撲のソロ演奏も楽しい。見事にうっちゃりされて、「ごっつあん」です!

JAZZ in IKEBUKURO 06

あっぱく部屋のいいところは、1960年代のカウント・ベイシー楽団を信奉しているところだ。
私が、学生の60年代に集めたレコードは、ベニー・グッドマン、デューク・エリントン等のスウィングジャズでした。
スウィングしなけりゃジャズじゃないよね?

JAZZ in IKEBUKURO 05

あっぱく組のいいところは、バンドを相撲部屋に見立てていること。
プレイヤーは「力士」だし、サックスのソロ演奏は「一人相撲」、このステージは「池袋場所」で、掛け声は「ごっつあんです」。

JAZZ in IKEBUKURO 04

写真は昨日、日曜日の池袋西口。ここは、西口公園と違って駅前広場のステージです。
お目当ては、わりと常連のバンド「あっぱく組」。

近所の薔薇 03

特に、赤い薔薇は難しい。光りが当たると色が飛ぶんだ。
花と女優の写真家、秋山庄太郎先生の薔薇写真はスタジオ撮影したと思います。
ところで、薔薇の歌もいろいろあるよね?
(1)小学校で習ったのは、シューベルトの「野ばら」だ。
歌詞はゲーテで、なかなか意味深長。
薔薇を折った少年はとげに刺され、薔薇は枯れてしまう。
(2)同じく小学校で習った「白薔薇の匂う夕べ」は、ドイツかスイスの歌だった。
(3)マイク眞木の「バラが咲いた」は赤いバラの歌だった。
(4)加藤登紀子の「百万本のバラ」もあったね。これは、百万本の真っ赤な薔薇で広場を埋め尽くすと言う、白髪三千丈みたいな話です。
(5)シャンソンでは、エディット・ピアフの「La Vie En Rose」、ばら色の人生。
(6)1962年の映画「酒と薔薇の日々」DAYS of WINE and ROSES の主題歌は、ヘンリー・マンシーニ作曲。アカデミー歌曲賞を受賞した。
歌は、アンディ・ウィリアムス。ジュリー・ロンドン等。ジャズのスタンダードナンバーでもある。
ここまでは名作です。
(7)その他、MAXで「ばら色の日々」、西城秀樹の「薔薇の鎖」等があるが残念ながら駄作。
(8)歌謡曲なら、前川清「薔薇のオルゴール」でしょう。ちあき哲也作詞、杉本真人作曲のいい歌です。
基本コンセプトは、シューベルトの「野ばら」と同じです。

2018年5月20日日曜日

近所の薔薇 02

薔薇の写真はむつかしい。

近所の薔薇 01

薔薇の種類はたくさんあって、名前はわからない。
これは、ご近所の薔薇の花。

FLOWER in THE PARK 03

近所の公園の花壇が花盛り。
さて、土曜日は英国のロイヤルファミリーの結婚式だった。
33歳のヘンリー王子様が、36歳バツイチのアメリカの女優、メーガン・マークルさんと、めでたく結婚式を挙げたんだ。
英国は連合王国、UNITED KINGDUM、UKだから、立憲君主制度。
政治的な権力は名目的だが、経済的にも、社会的にも王室は大変な影響力を持つ。
007だって、女王陛下の007だし。

FLOWER IN THE PARK 02

土曜日は英国、ロイヤルファミリーの結婚式だった。

FLOWER IN THE PARK 01

近所の小さな公園の花壇が花盛り。

ハヤシオムライス

オムライスって噛まないで食べられるからいいよね?

JAZZ in IKEBUKURO 03

水の上を 転がってくる 薄暑かな

JAZZ in IKEBUKURO 02

2018年の池袋ジャズ祭は、5月19〜20日の二日間、池袋西口の9会場で行われる。
写真は西口公園のA、B会場。

IKEBUKURO JAZZ FESTA.01

毎年楽しみにしている、池袋ジャズ祭が始まった。

駅前花壇 02

NHK俳句講座よりさらに引用。
水の上(え)を 転がってくる 薄暑かな

駅前花壇 01

土曜日の駅前花壇。
思ひ出せぬ 名前の人と 会う薄暑(はくしょ)
(NHK俳句講座の入選佳作)

2018年5月19日土曜日

ちょっと休憩 02

ガラケイのカメラ機能が回復してうれしい。
さて、五月はなんだか慌ただしかったなあ。マルゴットとデイビッド夫妻のガイドがあったし、団地の修繕の会議もあった。
映画は「いぬやしき」と「レディプレイヤー」の二本見た。
来週は歌舞伎座夜の部と演舞場の「東をどり」だ。
昨夜は文化会館でピアノコンサートだった。今日は、池袋ストリートジャズ。
薔薇の花は、古河庭園には行ったけど鳩山庭園には行けなかった。
血液検査の結果、はしかの抗体があるのが分かった。
歯医者と眼医者には行けなかった。
葬式と同窓会はパスしたが、大学と中学の友人に会った。
母と私の認知症状は静かに進行している。
本は少しだけ読んだ。
テレビはなんだかつまらなくなった。特にドラマとニュースがつまらない。
昔、大滝秀二さんが何かのCMで、「お前の話しはつまらない」と叫んでいたが、その気持ちが分かる。
モナリザと豆腐屋うかいに行けたのはラッキー。
財務状況は、一旦改善の後に、かなり悪化した。
展覧会は「パディントン」展と根津美術館に行った。見逃し多数。
旅行に行きたいなあ。
そういえば、パスポートの更新に行かなくては。
2007年に、スイス、イタリア、中国に行ったのを最後に、日本から出ていません。
2016年に京都の紅葉狩り行ったのを最後に、関東地方から出ていません。
遠くの知らない町に行きたい。

2018年5月18日金曜日

SEMLA

オスロコーヒー店にて「セムラ」をいただきます。
アーモンドとクリームのブリオッシュです。

ちょっと休憩 01

新宿東口の地下街、サブナードにてちょっと休憩。
オスロコーヒーにて、キングを注文。
ここのコーヒーには、三種あり。キング、クイーンズスクエア、ロイヤルカフェオレの三種なり。
エチオピア産モカ(イルガチェフ)とグアテマラ産農園指定品のみを使用したスペシャルティーコーヒーである。(メニューより引用)

KASUTERA TABERU

さっきの写真は四角いおさらに四角いカステラだった。
これでは角が立つと考え直して、円いおさらに四角いカステラにして見ます。
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」と、漱石先生が「草枕」の出だしに書いてもう112年が経った。
(漱石は、1916年、大正5年に49歳で亡くなった。昨年は漱石生誕100年だった)。
今、21世紀の世界を見れば、意地の張り合いの、やっぱり住みにくい世の中だね。

2018年5月17日木曜日

カステラ食べる

いただきものの松島のカステラを母と食べる。
飲み物は当然、コーヒー牛乳です。

わが家の薔薇 02

わが家のトイレ前の少し残念な薔薇の花。
さて、今日は、6月に来日予定の海外ゲストのガイドコースの下見しました。
丸ノ内のアスコットホテルに宿泊予定なので、先日、訪問したが、丸の内線だと、大手町駅構内で迷った。
今日は三田線で行ったら簡単でした。
それにしても大手町の高層ビル群はすごい。マンハッタンみたいだ。
ビルの地下には、サラリーマン向けの食堂が充実してる。
希望のコースは、根津美術館と伝統工芸青山スクエア。
千代田線で表参道に行き、根津美術館まで歩く。
次に巡回バスで赤坂見附に行く途中で、適当なところで下車すればよい。

わが家の薔薇 01

ご近所の美しい薔薇と比べると、わが家の薔薇はやや見劣りするが、でも勝手に元気に咲いています。

CAFE at AOYAMA

TAKING A CUP OF COFFEE AT THE DOUTOR CAFE IN AOYAMA.
JUST AFTER HAVING A LUNCH AT TORI-MARU.
青山のドトールは広々として眺めもよい。
たまたま入ったレストランの辛口カレーが旨かった。
美味しいカレー(800円)の後の一杯の珈琲(220円)、とても満足。
しかし、こんな私にも悩みはある。
夏が近付くにつれて、最近の悩み。
(1)アリンコが室内に入って来る。
(2)そろそろ蚊の季節。二匹退治しました。
(3)庭の梅の木にアブラムシ大発生。
(4)ベランダに深夜、動物が来てるらしい。タヌキか?
(5)ジンマシンが悪化。ハウスダストが原因か?

ROSE at MINAMI AOYAMA

いつの間にかカメラ機能が回復しました。
写真は、ガイドの下見に来た南青山のばら。
壁のべにがら色がすごい。

2018年5月16日水曜日

皐月の徒然(つれづれ)

写真は根津カフェのスイーツ。爽やかな季節になりました。
だが、個人的には、小学校時代の友人二人の訃報に接して淋しい。
そして、国際情勢、社会面、スポーツ、芸能でも、残念なニュースが多過ぎる。
(1)聖地エルサレムの暴動。ユダヤとパレスチナの争い。
(2)イスラム教シーア派とスンニ派の対立。
(3)南北朝鮮の接近の陰で、拉致問題の棚上げ。
(4)ハワイ島の噴火。日本各地の火山の活発化。それなのに原発再稼働の愚策。
(5)新潟や千葉の恐ろしい事件。社会面が恐すぎる。
(6)未だに解決しない「もりかけ」事件。
(7)財務省を始めとする、セクハラ、パワハラの報道も辛い。
(8)TOKIOの事件もつらい。せめて、スポーツ界は爽やかと思ったら。
(9)アメフトのタックル傷害事件が発生。イチロー引退や松阪の故障。稀世里の七場所休場。レスリングのパワハラもあったねー。
(10)唯一、大谷翔平の活躍が救いである。
新元号は「翔平」にしたい。

2018年5月15日火曜日

再び鰻について

カリフォルニアからのゲストと共に、赤坂のふきぬき(富貴貫)にてランチ鰻重(1900円)を食べたのが、5月9日だった。
そして、5月13日、銀座松屋の宮川本廛にて、鰻重(3900円)をいただく。
写真は2016年7月30日のもの。
ここから分かるのは、もはや小生の行動パターンが、画一的になっている事実だ。
ガラケイに保存された写真の行為を繰り返している。
だが、その変わらない営みに大きな変化が忍び寄る。
すなわち、
(1)気候変動による海流の変化。
(2)さらに、乱獲による日本鰻の激減。
(3)鰻丼または、鰻重の価格高騰。
(4)絶滅危惧に指定された日本鰻の将来は、風前の灯となりました。
2018年の土用丑の日は一体どうなるのか?

2018年5月13日日曜日

JAPANESE GARDEN

これは、木曜日にマルゴットとデイビッドと行った、東京タワー下の豆腐やうかいの日本庭園。
でも、写真は、2016年10月に、パオラとマリオに招待された時のもの。
初夏も初秋も景色は変わらない。そして自費では来ないのも同じである。
さて、東京観光のポイントは、新旧の組み合わせにある。
お台場の人工的風景、西新宿の高層ビル、六本木のアートトライアングル等は新しい。
浅草、上野、巣鴨、谷中、根津、千駄木等は古い。
そして自然にも触れ合いたい場合は、都立公園がよろしい。
小石川後楽園、六義園、浜離宮、古河庭園等が喜ばれます。
でも、根津美術館の庭や、この写真の小さな庭もなかなかよい。
狭いから歩かなくていいんだ。

2018年5月12日土曜日

HOLIDAY in TOKYO

I HAVE JUST ACCEPTED TWO AMERICAN GUESTS FROM CALIFORNIA THIS WEEK. FROM MONDAY TO THURSDAY I GUIDED OR TOOK LUNCH TOGETHER.
I AM FREE ON FRIDAY BECAUSE IT IS THEIR SHOPPING DAY.
IT IS A BIG PLEASURE 4 ME TO ESCORT FOREIGN GUESTS IN MY TOWN.
MONDAY、 WE MET AT THE LOBBY OF PENINSURA HOTEL AND HAD A TEMPURA DINNER AT TSURUYA IN THE HOTEL.
TUESDAY、 AFTER WATCHING THE EXERSIZE OF SUMO WRESTLERS AT RYOGOKU、 LUNCH AT MONNA LISA RESTAURANT AT MARUNOUCHI.
WEDNESDAY、 AFTER LUNCH AT AN EEL、UNAGI-YA AT AKASAKA、WE GO TO NEZU MUSEUM.
WE TRIED MATCHA、CASUAL TEA CEREMONY AT THE TEA HOUSE IN THE GARDEN、 WHERE THE IRIS FLOWER IN FULL BLOOMING.
DINNER IS TEPPAN-YAKI AT THE SEKISHIN-TEI AT THE GARDEN OF NEW OTANI.
TURSDAY、 LUNCH AT THE TOFU-YA UKAI JUST UNDER THE TOKYO TOWER.THERE IS A SMALL BEAUTIFUL JAPANESE GARDEN.
I AM VERY HAPPY TO BE ABLE TO HAVE SUCH A NICE LUNCH WITH THE GUESTS.

2018年5月6日日曜日

TOUR PLAN IN MAY

WHICH MONTH IS THE BEST TO VISIT AT TOKYO?
WE HAVE THREE BEST SEASONS FOR SIGHT SEEING IN JAPAN.
SPRING FOR SAKURA、 AUTUMN FOR MOMIJI、RED LEAVES and EARLY SUMMER FOR IRIS.
WE HAVE THREE TYPES OF IRIS、KAKITSUBATA、AYAME and HANA-SHOBU.
IN MAY WE MUST VISIT AT THE NEZU MUSEUM.
U CAN SEE THE KAKITSUBATA IRIS NOT ONLY IN THE MUSEUM GARDEN BUT ALSO IN THE EXHIBITION OF OGATA KORIN'S PAINT.WHICH IS THE NATIONAL TREASURE.
THEN IN JUNE、 U MUST VISIT AT THE INNER GARDEN OF MEIJI-JINGU SHRINE.
U SHOULDN'T MISS.
I TOOK THIS PHOTO LAST YEAR. 9th MAY、2017.

2018年5月5日土曜日

人間の進歩って何?

(1)昨日は古河庭園の薔薇を見て来た。プリンセスミチ子、プリンスオブウエールズ等も見頃だったが、黄色いインカの花が気に入りました。
でもカメラ壊れたので撮影出来ない。
昔の写真使います。
(2)さて、おとつい、テレビで人類の発生の番組を見た。最初は省略。
180万年前にホモエレクトス、30万年前にヨーロッパのネアンデルタール人、そして20万年前に、ご先祖ホモサピエンス登場。
(3)古代文明は、ナイル、メソポタミア、インダス、黄河(中国)の四大文明が有名だが、紀元3000年から2000年くらいに遡る。
だから今から5〜6000年位前の話だ。
(4)そしてギリシアの哲学者や中国の諸子百家がいろんなことを考えた。
(5)確実なのは、科学、技術の進歩発展だ。古代の哲学者が思考だけで説明しようとした自然科学は、大きく発展した。
(6)特に、17世紀の産業革命以降の人類の進歩はすごい。特に、生産、消費、通信、移動、医療、兵器の発展がすごい。
(7)そして、増えすぎた人類は、地球環境を汚染し、破壊し、資源を枯渇し、滅亡に向かいつつある。
(8)核兵器、原子力は地球を確実に汚染し、破壊出来るんだ。
(9)そして、長生きしても働き続けなければ暮らせないし、老後が心配。
(10)結論は、人類は確かに進歩したが、もっと賢くならないと滅亡しちゃうと言うことかな?

2018年5月3日木曜日

憲法記念日に考える

1947年5月3日に施行された「日本国憲法」は、今年70年目を迎える。
その前は「大日本帝国憲法」(1890年施行)で57年続いた。
(1)一番大きな違いは、主権は誰か?と言う点。
「帝国憲法」が、天皇主権で国民は臣民だったのに対して、
「日本国憲法」では、天皇は象徴とされ、国民主権となった。
(2)次に大きな違いは、戦争と平和に関する考え方だ。
「帝国憲法」は、富国強兵の考え方から、海外に進出するのが前提。統帥権は独立して天皇が持つが、実は陸軍、海軍が、天皇の許可を得る形式で、戦争に突き進んだ。
誰も止められなかった。
「日本国憲法」は、マッカーサーが、日本が軍事的に復活しないように「戦争放棄」を明言した。
(3)さらに、民主的な内容にした。「基本的人権」の明記です。
これらは、現代では自明の常識だが、フランスやアメリカや英国と違って、人民が自らの手で勝ち取ることは出来なかった。
マッカーサー執務室の隣の部屋で、当時、世界でもっとも民主的なグループによって与えられたんだよね。
ちょっと残念。でも、いいものはいい。
日本人は「婦人参政権」もなかったんだ。

ROSE GARDEN

いよいよ薔薇の季節になりました。写真撮れないので昨年の近所の薔薇です。
古河庭園や鳩山会館の薔薇は見頃だが、連休中は混雑が予想されます。
薔薇は見たいが、人込みは嫌だ。

ガラケイ壊れた

ガラケイの撮影が出来なくなりました。
うーん、もう新しい写真は撮れない。ちょっと淋しい。

アカシアのキャベカレー

四月は映画を見逃したから、五月はたくさん見たい。
久しぶりに新宿東口の新宿ピカデリー「いぬやしき」を見る。
少し時間があるので、アカシアで昼食をとる。名物のロールキャベツは正直そんなに美味しいと思わないが、何しろ10年振り位なので、カレーとの組み合わせ「キャベカレー」を注文した。950円。
懐かしい味ではある。

TOKIWADAI STATION

新しい改札口が出来た。仮の改札口の機械を移動するのも間近。

2018年5月2日水曜日

四月の展覧会

四月末は連続で三つの展覧会を見た。
27日、新宿、損保ジャパン日本興亜美術館で、「イギリス風景画の巨匠ターナー、風景の詩(うた)」展。
28日、丸ノ内、三菱一号館美術館、「ルドン、秘密の花園」展。
30日、渋谷、東急本店BUNKAMURAザミユージアム「生誕60周年記念、くまのパディントン展」。と言う具合です。
他にも見たい、行きたい展覧会がいっぱいです。
とりあえず根津美術館には行きたいが、連休中は避けるのが賢明。

ちょっと休憩

パディントンの展覧会を見た後、近くの喫茶店シャルマンで休憩。
昔ながらの喫茶店で、なんと今時喫煙自由。
アメリカ人らしきグループが大声で騒ぐ。日本人の英語の発音をばかにした冗談で盛り上がる。
以前来た時とは大分様子が違うね。
さて、渋谷は、様々な顔を持つ街だ。
例えば、この喫茶シャルマンの裏手は、松濤の屋敷街。
山手通りを越えれば東京大学教養学部だ。
一方、道路の向かい側は円山町のラブホテル街で独特の雰囲気。
道玄坂まで出て坂を下れば、今や世界的観光名所になったスクランブル交差点。
さらに、ほぼ半永久的に工事が続く渋谷ステーションである。
坂も人間も多くて疲れる町である。

MEET THE BEAR FROM LONDON

1958年に、マイケル・ボンド(1926〜2017)が生み出したパディントンの展覧会に行きました。
熊のキャラクターとしては、金太郎の熊に始まり、熊のプーさん、ベルリンの紋章、熊本のくまもん等が思い着くが、パディントンが1番だ。
パディントン駅はもちろん何回も行ったし、ポートベロ−の蚤の市も行った。
映画も1、2ともに見てます。

2018年5月1日火曜日

AFTERNOON AT BUNKA-MURA

1960年代には「文化人」と言うカテゴリーがあった。知識人とか教養人みたいな感じ。
最近は「文化人」って少し気恥ずかしい。「専門家」ならいいか?
だから「文化村」ってネーミングは凄いと思う。
この日、「熊のパディントン展」に来た。
新宿西口のチケットショップで、350円の株主優待券を買ったからだ。

文化村の午後

渋谷交差点の喧騒から坂道を東急本店に登り、更に文化村のエリアに入ると、確かに文化的?
この日はギター演奏の傍で、ヨーロッパの小物販売していた。

訂正ひとつ

年代間違えた。
昭和が終わり、平成が始まったのは、1989年でした。
だから、1989年は、平成元年で、昭和64年だった。
この元号と西暦って難しいよね。
昭和に、25年足すと西暦になる。これは簡単。
平成から12引くと西暦だ。例えば、平成30年から12引くと18年だ。
出来たら、2020年が平成の最後で、新しい元号は2021年から始まると計算しやすい。
新しい元号に20足すと西暦になるから計算しやすい。
ところで新元号だが、「知平」はどうか?
「無知の知」に「平凡の平」または「平和の平」と言う謙虚で奥床しい元号です。
「無知の知」はソクラテスの言葉。科学技術の飛躍的発展の中でも、宇宙や自然に対する畏れを持ちたい。
そして、戦争のない平和な社会で「平凡」に生きる価値を見出だしたい。
頭文字もCだし。
KEIO、MEIJI、TAISHO、SHOWA、CHIHEI
うーん、いいね!

引退について考える。

2017年8月に伊達公子、2018年9月に安室奈美恵が引退。
そしてちょうど一年後の2019年5月1日に天皇が引退、もとい退位して平成は終わる。
そういえば、1889年に昭和が終わり平成が始まった時にも、昭和の歌姫、美空ひばりが亡くなった。
大きな違いは、今回は、引退と言う点です。
引退は自らの意思で辞めることだけど、辞任とか解任は辞めさせられるんだね。
思いつくままに並べると、昨年2017年は、文部科学省事務次官の前川喜平、横綱日馬富士。
今年は、佐川国税庁長官、レスリング協会の栄和人強化本部長、福田財務省事務次官。
さらにサッカーのハリル・ホジッチ監督と続いた。(敬称略)
ドラマですね!

SHIBUYA WALK 03

坂上の東急本店向かいのH&M壁面には、安室奈美恵の巨大看板が。
引退を表明したスターが服飾メーカーとタイアップして稼ぐわけか。

SHIBUYA WALK 02

WALKではなく、RIDEでした。
この写真もバスからセンター街を撮影。

SHIBUYA WALK 01

渋谷東急文化村の展覧会に行くために、駅からシャトルバスに乗る。
渋谷交差点をバスから撮影しました。

FLOWER CLOCK HOUSE

ときわ台駅前ロータリーの時計台?
と言うには低すぎるけど。

TOKIWA-DAI STATION

THE MAIN HOUSE OF THE TOKIWA-DAI STATION IS RENEWED AS THE SAME OLD FASHON STYLE.
AT THE END OF APRIL.