2018年5月26日土曜日

成田山の思い出 03

THE MEMORY OF NARITA-SAN TEMPLE IS SO SWEET. THE TASTE OF UNA-DON AT KAWA-TOYO.
団菊祭の成田屋からの連想は、川豊の鰻丼です。
木造三階立ての建物は元旅籠。その2階の大広間で賑やかにいただく鰻の旨いこと。
もし、「君達はどう生きるか」と吉野源三郎先生に聞かれたら、「美味しい鰻を食べるために生きます」と答える。
そのこころは、
(1)鰻が生き残る環境を守り、
(2)鰻を食べる経済力を維持し、
(3)鰻の日本文化を大切にし、
(4)鰻の栄養で、元気に長生きする。

0 件のコメント:

コメントを投稿