2018年5月24日木曜日

KABUKIZA in RAIN

昨日の水曜日は久しぶりに歌舞伎座に行く。団菊祭五月公演の夜の部、弁天娘女男の白波(べんてんむすめめおのしらなみ)、鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)、そして喜撰(きせん)の華やかな三本立て。
ちなみに昼の部は、成田山開基1080年、二世市川団十郎生誕330年と銘打ち、鳴神です。
昼が成田屋、夜が音羽屋で、団菊である。
昼の安いチケットは取れなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿