2018年5月18日金曜日

KASUTERA TABERU

さっきの写真は四角いおさらに四角いカステラだった。
これでは角が立つと考え直して、円いおさらに四角いカステラにして見ます。
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」と、漱石先生が「草枕」の出だしに書いてもう112年が経った。
(漱石は、1916年、大正5年に49歳で亡くなった。昨年は漱石生誕100年だった)。
今、21世紀の世界を見れば、意地の張り合いの、やっぱり住みにくい世の中だね。

0 件のコメント:

コメントを投稿