2018年7月31日火曜日

高田馬場の豚カツ

高田馬場東口、芳林堂書店の入るビルの地下1階の豚カツ屋、とん久のロース定食1750円(税込)
久しぶりに来たけど、素晴らしい味です。
豚カツ5原則。すなわち、厚く柔らかな肉、しっかりしたサクサク衣、たっぷりキャベツ、豚汁と香の物、リーズナブルな値段の5つを満たしています。

芙蓉の紫の花

芙蓉(ふよう)と木槿(むくげ)って似てる。
もしかしたら、家族かも知れない。ふよう家族って言うか。

木槿の白い花

近所に木槿(むくげ)の並木道がある。他に見たことない。
The White Mukuge flower near my House is the typical Summer Flower in Japan.

2018年7月29日日曜日

文月の紫陽花

暑い文月も間も無く終わる。

ドライフラワー

酷暑のために玄関の紫陽花は、ドライフラワーになりました。

池袋の喫茶店のカレー

こちらは昨日、池袋で映画「ハンソロ」を見る前に時間があったので、喫茶店で食べたカレーライスの。食後のコーヒー付いて690円と言うコスパの良さです。
ちなみに、前のページの文化会館の精養軒のカレーライスは、多分1100円でコーヒー無し。

精養軒のカレー

最近の食生活。暑い日は、アイス、すいか、カレー、冷麺。(この単語の順番、しりとりになってることに注目!)
さて、カレーライスって、撮影が難しい。基本的に、美しくないよね?
でもカレーライスが好きです。

西洋美術館遠景

過日、西洋美術館に「ミケランジェロ、理想の身体」展を見に行った際に、向かいの文化会館2階の精養軒から撮影。
前川國男先生の傑作、東京文化会館から、その師、ル・コルビジェ先生の傑作、西洋美術館を眺める幸福。

高齢者介護の現実

写真はイメージです。
さて、父親の介護3年、しばらく空けて、母親の介護8年の老老介護。すなわち、リンカーン的に言えば、「老人の老人による老人のための介護」が続いています。
介護保険のおかげで、毎日、ヘルパーさんに来てもらいます。
しかし、デイサービスやショートステイを拒否するので、旅行には行けません。
介護の内容は、食事と排泄のお世話です。
「君たちはどう生きるか」と聞かれたら、「食べて出す」と答えます。
人類の歴史を振り返ってみれば、美味しいものをたくさん食べるために探検と研究を進めて来た歴史でした。
そして、排泄の処理を如何に衛生的にスマートに行うかを探究した歴史でした。
正岡子規の一句、死にに行く ために 飯食う こじきかな。

2018年7月26日木曜日

Kuya Monaka

U shouldn't miss Kuya Monaka when u visited at the Namiki-Dori Ave. in Ginza and u love Japanese Sweets very much.

ギュスターヴ・モロー 02

私がギュスターヴ・モローに出会ったのは、1965(または64)年の中学3年生の時だった。
開館間もない西洋美術館に一人で来たが目当ては松方コレクションだった。
だが、目にしたのはモローの幻想的作品、なんと139点の展覧会でした。
館内は人気がなく、古典派とも印象派とも無縁の、神話を題材にした作品が並び、異様なショックを受けた。
かのアンドレ・ブルトンも16歳でモロー美術館に行った時に「以後の愛し方を永久に定めた」と告白している。

ギュスターヴ・モロー 01

西洋美術館のコレクションの中でもっとも地味で、しかも最も重要、貴重な絵画が二点あります。
それは、ギュスターヴ・モローの2つの小品。
写真はその一つ、サロメ。
何しろ、モロー作品は、日本には数点しかない。西洋美術館の2点、大原美術館の1点、そして個人所有の1点。
モローの作品は、パリのモロー美術館にあり、ルーヴルにも数点しかない。
彼の弟子には、マルケ、マティス、ルオーの三人の有名画家がいて、むしろ彼らの教師として知られている。

Museum in Summer 03

松方コレクションのメインは印象派の作品だが、特にルノアールの作品の秀作が素晴らしい。

2018年7月24日火曜日

Museum in Summer 02

The Main Collection of
the Matsukata Collection is the Impressionistschool.
This picture of Lotus Pond or the Pond Lily by Claude Monet is one of the most popular one.
松方コレクションはなんと言っても印象派。
そして、もっともポピュラーなのが、クロード・モネ(1840~1926)の睡蓮。

Museum in Summer 01

先週土曜日に上野西洋美術館に行きました。
暑い日の高齢者の過ごし方として、西洋美術館の常陳(通常陳列)鑑賞は、おすすめです。
その理由は、
(1) 駅から近いから歩かなくてよい。上野駅公園口から徒歩2分だから熱中症になりません。
(2) 経済的負担ゼロ。65歳以上の高齢者は入場無料。ただし年齢の分かるものを提示して、チケットもらいます。
(3) 松方コレクションの水準がはんぱない。
基本的には、彫刻はロダン。絵画は19世紀後半から、20世紀前半の印象派と前後を中心としたコレクションだが、その後、それ以前の作品も購入され、西洋美術を俯瞰する展示を目指す。
例えばこの作品、マリー=ガブリエル・カペの「自画像」は、フランス革命の少し前、1783年頃の作品。
ロココ風の作品の中に来るべき変化、女流画家の自信が見えます。
(4) そして、写真撮影自由です。フラッシュと三脚は禁止だけどね。

2018年7月23日月曜日

HOT GINZA

土曜日に引き続き、月曜日も銀座に出没しています。しかも、空也最中を2回予約してる。
完全に認知症状の現れとしか言えません。
人生100年時代とか言うけど、まあ、90歳くらいまでは長生きしそうだ。
銀座徘徊老人が注意すべきは、熱中症と階段転落です。

秦淮春の涼麺です

さっきの記事が意味不明でしたね?
つまり、この危険な暑さの中、何故出かけなければならなかったかというと、並木通りの空也最中を予約していたからです。
その途上、例によって、思わず三笠会館に入り、当然のごとく秦淮春の冷やし中華、否、涼麺を頂きました。
このような判断ミスが起こるのは、暑さのせいでしょうか?

くうやもなか

質問にお答えします。
(1) 高級中華料理店、秦淮春(しんわいしゅん)の冷麺です。具が多くて麺が見えなかったんだね。でも食べてしまった。
(2) 写真の上のは、カラシとつゆです。
(3) 四丁目ドトールで休憩。写真は、空也の箱です。ネットで調べてね。東京で最高の最中ですが、和風スイーツの最高峰と言っても過言ではない。予約しないと手に入らない。三箱買ったから一つ差し上げます。クリス

西洋美術館の天井

仙台から来たK先輩のリクエストは、新橋演舞場の後で、展覧会を見たい。
希望は「ルーヴル美術館展」か「ミケランジェロと理想の身体」です。
どちらもNHK 「日曜美術館」で取り上げられたから混雑必至。小生は既に見たけど、もう一度見てもいい。
結局、空いていそうで歩かない西洋美術館「ミケランジェロ」にしました。
でも、小生はなんだか疲れて、常陳(高齢者無料)を見学することにした。
企画展は地下だが、常陳は、ルコルビジェの建物で見ます。
外光をうまく取り入れた2階吹き抜けの天井です。

2018年7月22日日曜日

演舞場界隈

清月堂本店前に来て、2階の喫茶に寄っていこうかなあと考えた途端に、重要事項を思い出す。
予約した空也最中を、取りに行くのを忘れていた。
そもそも、本日は、仙台から上京したKさんと、新橋演舞場斜め向かいの喫茶店で待ち合わせし、銀座を案内することになっていた。
だから、有楽町で降りて、空也に寄って、演舞場に行くコースだった。
しかし、新橋で降りて、竹葉亭に行ってしまったんです。
暑い中をうろうろしなければならない。

鰻丼撮影に失敗した

せっかく竹葉亭本店に行ったのに、鰻丼A2400円(tax192円、合計2592円)の中身を撮影出来ませんでした。
これは、撮影する瞬間に手が動いたんだ。
さて、国会では「IR法案」(Integrated Resortの略)統合型リゾート、通称カジノ法案が成立したが、依存性のリスクが論議を呼んでいる。
私の場合、完全な「うなぎ依存性」であり、過去に何回も「うなぎ断ち」を決意したにも関わらず、止められないのである。
うなぎは、栄養価も高く美味い食品だから、食べても問題はないのだが、この10年間の資源減少に伴い価格が高騰。今世紀初頭と比較すれば、多分2倍近くなっている?
だから、鰻丼を食べることによる経済的リスクが高まってるのです。
実際、2018年の1月から7月までの消費を拾ってみたら以下の通り。記録もれもあるが、判明したのだけを羅列しました。 一番安い鰻丼が中心。
1/10、三越本店地下、いづも屋、2400円+tax192円=2592円
1/19、上野池之端、亀屋一睡亭、2600円+208円=2808円
2/24、日本橋伊勢定、3100+248=3348円
3/06、亀屋、2600+208=2808円
4/25、日本橋はし本、限定ランチ、1850+148=1998円
5/28、赤坂ふきぬき、限定ランチ、税込1980円。
6/02、田原町やっこ、税込3150円。
6/29、同じくやっこ、値段同。
7/17、亀屋一睡亭、2800+224=3024円。(値上げ)
7/21、竹葉亭本店、2400+192=2592円。

2018年7月21日土曜日

再び絶滅危惧種を食す。

土用丑の日の翌日、新橋に用事あり、竹葉亭本店を連想する。
気がついたら本店椅子席にて鰻丼Aを注文していた。

池之端風景

不忍池は蓮の葉っぱで覆われていた。
The Shinobazu-Pound was covered with Lotus leaves.

絶滅危惧種を食べる 02

上野池之端、亀屋一睡亭にて鰻丼を食す。
最近復活したカラフルどんぶりがまた白色どんぶりに戻ってる。
いつものことだけど、クラシック音楽の後は、亀屋一睡亭の鰻丼がよく似合う。

絶滅危惧種を食べる 01

写真は、昨日の土用丑の日ではなく、17日に上野池之端、亀屋にて。哲学科の友人K君と、文化会館小ホールのショパン、チェロソナタの後でランチに来たんだ。

2018年7月18日水曜日

中華街散歩 02

市場通りをさ迷う。

中華街散歩 02

先月、中華街を散歩した時の写真を並べて見ます。
すごく暑い日でしたが、何故出かけたのかわからない。
認知症状初期の徘徊と思われる。

2018年7月17日火曜日

YOKOHAMA CHINA TOWN

U can go to YOKOHAMA very easily from Ikebukuro by the Subway, Fukutoshin Line.
池袋から横浜に行くのは簡単です。
副都心線が東横線に乗り入れているから、乗り換え無しで、終点の元町駅まで行ける。
中華街はすぐです。

マンゴープリンです。

土曜日の和光アネックス。長い行列を覚悟していたが、タイミングよく数人待ち。
メロンパフェにすべきか、マンゴープリンにすべきかハムレット並みに悩んだが。マンゴープリンにしました。
「濃厚なマンゴーのプリンに、ブラッドオレンジのジュレ、ココナッツ風味のクリームやアイスクリームを合わせた期間限定メニュー」です。1620円

2018年7月16日月曜日

ちょっと休憩

野暮用済ませて喫茶店で休憩。このコーヒーゼリーとアイスクリームの飲み物はシンフォニーと言う名前。
日経の一面記事は「超情報社会危うい進歩」と言う見出しで、データエコノミーの勃興について。
あらゆるものがネットにつながる中国のIoT社会のレポートです。
当局の監視システムにもつながる独特のデータ経済圏は、ぞっとする怖さで、涼しくなること間違いなし。

Flower Bed in Summer

A Blue CooI Flower bed on the street .
狭い家の中は大変な暑さです。家にいる老人が熱中症になるのがよく分かる。
20年前の我が家の一階は、庭の池で冷やされた風が通り抜けるから、夏でもひんやりしていた。
だが、最近はクーラーを1日中かけっぱなしです。
だから外に出かけたくなるんだ。
乗り物やデパートや美術館の中は涼しいから。

池袋西口風景 04

東京芸術劇場のロビーは巨大な吹き抜け空間。
ガラス天井には巨大風鈴?実はただの垂れ幕。

池袋西口風景 03

西口で好きな建物の一つ。税務署です。
何故こんな形なのか理解出来ない。

池袋西口風景 02

無人の池袋西口風景。
豊島区は東京23区の中で唯一の限界集落と言われてるらしい?
でも、この余裕が好きです。

池袋西口風景 01

新宿、渋谷と比べると、池袋の規模は小さいし、確かに人も少ない。例えばこの写真、西口公園のすぐそばだけど、歩行者ゼロ?

BON ODORI 03

They are just starting the BON ODORI at the West Gate Park in Ikebukuro last evening.

BON ODORI 02

三連休は暑かった!猛暑を超えた「酷暑」です。
西日本の広範囲な豪雨被害は犠牲者が増え続け200人を超えた。
大相撲は三横綱が休場。更に新大関、栃ノ心が怪我で休場。
ウィンブルドンでは錦織がジョゴビッチに敗退。
ワールドカップはクロアチアを押さえたフランスが4-2で優勝。
そして、池袋では盆踊り。

BON ODORI

日曜日は池袋西口公園でコンドルズのニュー盆踊り。写真は開始直前の風景。

2018年7月15日日曜日

モーニングコーヒー 02

池袋のカフェのモーニングコーヒー。
厚切りトーストにゆで卵とサラダがついて620円。
個人的には薄切りトーストが好きです。

モーニングコーヒー

土曜日の朝のモーニングコーヒー。
コーヒーカップの中に謎の球体が映っています。
実は、天井の照明。

平和公園の夏 06

大きなくすのきは切られません!

平和公園の夏 05

50年間変わらなかった平和公園が変わる。
前期高齢者だから変化はいやだ。
2018年は、1868年の明治維新から150年。1945年の敗戦から73年。

平和公園の夏 04

緑陰の母子像

平和公園の夏 03

図書館いらない。桜や銀杏の木の方が良い。

平和公園の夏 02

ここに新しい図書館を作らるために、見事な桜や銀杏の木を移植するらしい。

平和公園の夏 01

柵で囲まれた木は、切られる予定です。

2018年7月14日土曜日

Tokiwa-dai station 03

今朝のときわ台駅の風景。
建て替えて、あえて復刻版の駅舎を再現しました。

Tokiwa-dai station 02

The small clock tower in front of the Tokiwa-dai station.
ときわ台駅前ロータリーにある時計台。
ロンドンのビッグベンに習ってリトルベンと名付けました。
トイレ洗浄のコマーシャルで、バイ菌の親子の名前が、ビッグベンとリトルベンだ。

tokiwa-dai station 01

先月半ばのときわ台駅の写真。

It will be hot today.

NHKの天気予報が好きです。中でも週末に担当する南さんの予報はいいと思います。
日本の過去最高気温は確か、40度か41度だと記憶してる。京都の38度って凄い!