2018年8月29日水曜日

ルーブル展2回目

今回の企画は、肖像、ポートレートです。
私が特に気に入ったのは、ゴヤの子ども絵、フランス革命からナポレオン時代に至る、19世紀初頭のフランスの古典派の巨匠、ダビッド、アングル、グロの有名な絵画を直に見れたことです。
(アングルはデッサンのみ)

0 件のコメント:

コメントを投稿