2018年8月26日日曜日

HIROSHIMA Love

日曜日の昼下がり、外は危険な暑さ。地球温暖化はついに人類滅亡のスパイラルに入った。
大量生産、大量消費の仕組みの中で、ついに東京は亜熱帯になる。
最近のニュースでショックなのは、プラスチックゴミの海洋汚染の凄まじさだ。
コンタクトレンズやストローまで、海に流れ、微細な(直径5mm以下)マイクロチップスになり、海と生物を汚染し続ける。まさに悪夢です。
数年前の推定値でも、世界中から海に流れ出るプラスチック量は、一年でなんと、1300万トン。とんでもない量です。
そして、原発による放射性廃棄物が、将来の人類に与える悪影響は気が遠くなる。数千年先のことなど分からない。
そして極め付きが未だに16000発ある核兵器。しかも、現在進められている研究は小型化して使い勝手のいい核兵器だって。
ギター侍風に言えば
「核兵器を小型化して使いやすくするって言うじゃなーい?でも、戦争って必ずエスカレートするんだからー、残念!」
ミッドタウンの「ヒロシマアピール展」では、ヒロシマを忘れないためのポスターが展示されているが、愚かな人類は破滅に向かってネコまっしぐら?

0 件のコメント:

コメントを投稿