2018年12月18日火曜日

歌舞伎座にて 04

小林古径画伯の犬

歌舞伎座にて 03

2階ロビーの日本画を鑑賞。これは伊東深水画伯の「春宵」

歌舞伎座にて 02

2階から1階ロビーの絨毯を撮影しました。

訂正です。

大変失礼しました。
この人は、多分、菊五郎?
25日に確認します。

歌舞伎座にて 01

初代、市川左団次の胸像。朝倉文夫作。
歌舞伎座にて。

クリスマスプレゼント

少し早いけど、クリスマスプレゼント貰う。

近所の花

この花、吾亦紅(われもこう)だと思っていたが、違うみたいです。

カレー市庁舎 02

さっきの記事は間違い。
1995年ではなく、1984年だった。
その後、1994年にユーロトンネル(英仏海峡トンネル)が開通した。
1989年には、ベルギーからフォルクストンにフェリーで行く。
1995年には、パリから飛行機でヒースローに行ったから、海峡トンネルは一度も使ってないんだ。

カレー市庁舎

ドーバー海峡は何回か渡った記憶がある。
多分、1995年2月に、ロンドン、ビクトリアステーションから列車でドーバーに行き、フェリーでカレーに着いたのが最初だった。
だが、すぐに列車に乗り替えたから、市内は見ていなかった。
カレー市庁舎の前はお花畑です。

カレーの市民

テレビ観てたら、カレーの市民の彫刻が出てきた!

畠山記念館の庭にて

この日は、五反田会の老人、K君と来た。
横浜の実業家、原三渓の茶道具を鑑賞する下流老人二人でした。

畠山記念館の庭 10

本館は撮影禁止だから、庭ばかり撮影してます。
庭の茶室には入れないが、本館2階の茶室で抹茶を頂きました。500円。

畠山記念館の庭 09

白金台の畠山記念館にて、黒松の巨木を見上げる。
2018年も年の瀬を迎えた。様々なことのあった一年でした。

2018年12月16日日曜日

毘沙門堂、浄楽亭

白金台、畠山記念館の茶室、毘沙門堂と浄楽亭を眺める。
左の小さいのが毘沙門堂で、三畳間の茶室に二畳の水屋がつく。
右側は、明月軒に準じた浄楽亭で、十畳の茶室に八畳の水屋がつく。
右奥には四畳半の台所もあるから、本格的懐石も可能です。

むくの巨木

今年は、明治維新150年。

畠山記念館の庭 08

石畳の向こう側は多分川が流れていたと思う。
今は、水はなくて、庭の一部になっています。

畠山記念館の庭 07

入り口から続く石畳の道。
U can walk along the stone Lane from the entrance to the main Building of Hatakeyama memorial museum.

畠山記念館の庭 06

巨木多し。

畠山記念館の庭 05

秋色濃い、本館に至る道。

畠山記念館の庭 04

明月軒の蹲の横の小さい石灯籠。

つくばい 01

沙那庵の蹲(つくばい)、銀杏の落ち葉で埋まってる。残念。

明月軒

畠山記念館の茶室、明月軒。
前に来た時は入室出来たが、この日は見るだけ。
八畳間に六畳の控え室がつく。

沙那庵

畠山記念館の茶室、沙那庵の左手です。

畠山記念館の庭 03

正門入ってすぐ左手に三つの建物と四つの茶室が並ぶ。
翠庵・明月軒、新座敷、沙那庵である。
写真は沙那庵。

畠山記念館の庭 02

畠山記念館の魅力は、庭と沢山の茶室です。

畠山記念館の庭 01

土曜日は寒いけど青空のよい天気。

畠山記念館の入り口

今日は、平成30年秋季展「原三渓生誕150年」茶と美術へのまなざし、(12月16日まで)を見に来ました。
横浜の三渓園作った人です。

Hatakeyama Museum

The Entrance of Hatakeyama Memorial Museum.
畠山記念館に来るのは2回目だが、案の定道に迷った。
そもそも、山手線で目黒に出て、三田線に乗り替えるところから怪しい。三田線と南北線と東急目黒線が同じ線路を走ってるのが納得出来ない。
そして、白金台で降りてから一番出口に行くまですごく歩いた。
さらに、地図見ているのに道間違う。
やっと着いた。

2018年12月15日土曜日

冬の平和公園

松本城の写真は多すぎてどうしていいか分かりません。また、仙台でもたく写真撮ったし、東京に帰ってからも写真撮りすぎ。
これは多分、昨日の写真。

2018年12月11日火曜日

姨捨てあたり 04

姥捨(うばすて)と書いたが、間違いでした。
正しくは、姨捨(おばすて)。読み方は両方ある?
姨捨駅のホームの看板には、「曼陀羅の里、姨捨て遙拝の地」とある。
調べてみると、冠着山(かむりきやま)の俗称が「姨捨山」なんだ。

姥捨てあたり 03

山あいの美しい風景に棚田が見えて来ました。

姥捨てあたり 02

山あいの美しい風景。
空も晴れてきた。

姥捨てあたり 01

篠ノ井線うばすて辺り。

2018年12月10日月曜日

しなのの車窓から 05

煙がすごいね!

しなのの車窓から 04

秋のしなの路にたなびく野焼きの煙。

しなのの車窓から 03

しなのの車窓から 02

しなのの車窓から

車内はがらがらだが、おばさま二人組の会話がやかましい。

しなの12号

「しなの」で信濃路を旅する。

長野駅のゆるキャラ

先週の松本ツアーの写真が沢山残ってる。
12月1日(土)の松本日帰りコース
09:10わが家出発
09:30赤羽
10:10大宮発あさま607号(9号車13-E)
11:33長野着
ゆるキャラに会う。名前は分かりません。
12:01長野発しなの12号(6号車5-D)
12:52松本着
13:00松本君に会う。
松本城見物、天守閣
16:58松本発スーパーあずさ28号(12号車10- D)
19:36新宿着
20:00池袋
20:30わが家帰宅
天候にも恵まれ素晴らしい日帰りツアーになりました。

2018年12月8日土曜日

なでしこ

わかるかな?

花キャベツ

さっき添付し忘れた。

土曜日の景色 05

ときわ台駅前の銀杏。
さて、昨日はすごく忙しかった。
まず、母の朝ごはん作って、野良猫のクロに餌やって、洗濯して、生協の注文書書いて出かけた。
本屋に注文していた本取りに行き、歌舞伎座にチケット手配に行く。
考えて見ると、これらの行動の大部分は、ネット上で出来る。
だから、ソフトバンクがシステム障害で通じなくても、そんなの関係ないんだ。
そして、夜は町内会長会と団長理事会がバッティング。
私としては、歌舞伎座夜の部の二人藤娘を幕見で見物したかった。