2019年1月26日土曜日

Reading and Thinking

土曜日の日経を読むと、まず一面では、(1) 年金開始75才も選択肢、(2) 外国人労働者最多146万人、(3) 国民経済計算90項目修正、の三つの記事に注目。
う~ん、人生100年時代になり、60才から年金を40年払うのは無理だから、75まで働くと言うわけか?
それでも労働力不足なので、外国人労働者が増えて派遣を越えた。
しかし、国の基幹統計が間違えていたことが判明。
景気判断や成長見通しの判断が不正確になりそうだ。
次に中面「総合面」を見る。
(4) 「野党第一会派へ深まる溝」(5) 「東京都の予算案7.4兆円」(6) 「沖縄県民投票全市町村で」などに注目。
英国は、保守党と労働党、米国は民主党と共和党の二大政党だが、日本は野党乱立でわけ分かんないね。
東京の予算案はオリンピックの支出が原因だが、先行き思いやられる。
沖縄の県民投票は、「辺野古移設」の是非を問うものだが、YES, NO,の他に「どちらでもない」の三択にした。
次に、「スポーツ面」を見る。
(7) まず、テニスの全豪オープンで、大阪なおみとペトラ・クビトバが決勝戦。
(8) 大相撲初場所で、昨夜、横綱白鵬がまさかの三連敗。
人生も日本も人類も、何が起こるか分からない。

0 件のコメント:

コメントを投稿