2019年3月29日金曜日

平成30年を振り返る

平成元年、1989年の秋、私はヨーロッパを放浪していた。11月のその日、マドリッドでベルリンの壁が崩れたニュースを聞いた。
冷戦が終わり、グローバル化した世界は平和になると確信した。
だが、現実は、地域紛争の激化。特に中東紛争は深刻な災いをもたらした。
2001年9月11日、私もかつて観光で上った世界貿易センタービルに旅客機2機が突入した。
2011年3月11日、東北大震災が発生。津浪が東北から関東の沿岸を襲い、福島の原発が爆発した。
私は、キューバ旅行に行く用意をしてまさに家を出発するところだった。
地球温暖化に伴う気候変動は進み、北極やスイスの氷河が溶けている。
日本の夏は40度に達して台風も大きくなり、豪雨被害や地滑りも深刻です。
2020年のオリンピックのリスクは実に大きい。

0 件のコメント:

コメントを投稿