2019年3月29日金曜日

昭和と平成を比べてみる

(1)昭和は、前半が「軍国主義と太平洋戦争」、後半が 「復興と高度経済成長」と言う対照的な時代に引き裂かれていた。
昭和時代は「戦争」から「平和」または、「御国のために」から「家族のために」と大きく変化した。
(2)平成は、成長が行き詰まり、目標を見失った時代だった。
ソ連崩壊と天安門事件で、社会主義の理想が消滅し、バブル経済の破綻で、成長モデルを見失った資本主義は混迷した。
(3) 停滞した社会は淀み、一億総中流の社会は、格差社会に変質していった。
偽りの30年と言ったら厳し過ぎるだろうか?
(4)戦争は無かったが、自殺者は年間三万人に上った。大きな災害が相次ぎ、極めつけは福島原発のメルトダウン。環境破壊は世界的に進行中です。

0 件のコメント:

コメントを投稿